ガンダムAGE-1タイタス

正式名称:AGE-1T GUNDAM AGE-1 TITUS パイロット:フリット・アスノ
コスト:2000  耐久力:580  変形:×  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
ガンダムAGE-1 ノーマル タイタス スパロー

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 岩投擲【小】 3 60[70] 3連射可能
格闘CS リミッター解除 100 - 1出撃1回限りの時限強化
サブ射撃 岩投擲【大】 2 80[90] 射撃ガード付
特殊射撃 ノーマル/スパローに換装 - - 左でスパロー。Nでノーマル
特殊格闘 デスペラード 呼出 2 74 地走だが高誘導
格闘 名称 入力 威力[格闘CS中] 備考
通常格闘 格闘コンボ NNNN 221[251] テンポがいい4段
派生 掴み→パイルドライバー N→特格
NN→特格
NNN→特格
187[192]
214[227]
244[260]
今作は通常時でも出せる
前格闘 ムーンサルトニープレス 90[110] 赤ロックだと飛び上がる
横格闘 右パンチ→右裏拳 横N 159[185] 発生判定ともに良好
派生 掴み→パイルドライバー 横→特格 187[192] 今作は通常時でも出る
後格闘 急降下パンチ 120[138] ズサキャン可能
BD格闘 ビームラリアット BD中前 119[140] 打ち上げ
バーストアタック 名称 入力 威力 F/E/S 備考
ランブバースト 3ボタン同時押し 281/268/273 3形態による換装攻撃


【更新履歴】新着1件

16/03/18 新規作成

解説&攻略

ガンダムAGE-1がタイタスウェアに換装した形態。
重量級の見た目通りの爆発力のある近接火力特化形態。
生タイタスの機動力の水準はノーマルと基本的に同じだが、上昇性能が低く、赤ロックも極めて短い。
ただし、時限強化中の機動力は本機体最速。

見た目に反して、意外にも射撃武装は悪くない。
岩投げ、アシスト共に目を見張る性能があり、格闘を絡めると火力が高いのが強み。
後格の通称床ドンによるズサキャンは、接地から行動可能になるまでの時間が早く、回避力も高い。
反面、機体スペックの特徴から高度を取りながら移動するとブースト効率が悪く、足が止まる武装しかないのに近距離でしか武装が機能しないと、癖が非常に強い。
また、回避力が高いとはいえ、前述の通り上昇性能が低いため、距離を取る性能も三形態中最低。

しかし、格闘CSでリミッター解除をするとタイタスの姿は一変する。
この状態のタイタスはかなり速く、格闘性能の強化と合わせてプレッシャーは非常に高い。
安定性は無いが、覚醒と合わせると射撃始動でも300前後を持っていける爆発力は本形態の明確な強み。

換装コンボで火力を上げる、優秀な各武装を換装からの立ち回りに組み込むなどをして、少しでも相手にプレッシャーを与えていきたい。




射撃武器

見た目はどれも貧弱だが、実は射撃武装としてはそこそこの性能を誇る。
判定は弱めだが良好な回転率で回せる各種岩と、地走限定とはいえ回転率のわりによく曲がるアシストを持っている。
ノーマルよりも射撃戦能力は劣るとはいえ、たまに混ぜていくと、見た目に合わない微妙な食いつきの良さに驚くこと請け合いである。
ただし、どれも足が止まるという欠点があることはお忘れなく。

【メイン射撃】岩投擲【小】

[撃ちきりリロード][リロード:3秒/3発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2][補正率:-20%]
「くっそぉぉっー!」
小さめの岩を投げる。ヒットでよろけ。3発ヒットで強制ダウン。
挙動は赤枠のCSに近く、銃口補正、弾速、誘導は良好。
リロードが早い一方、打ち切りリロードなので中途半端に残さずさっさと使い切っていきたい。
各種特射へキャンセル可能。

最大3連投も可能で、その場合は両手を使って次々と放り投げる。だが、長く足を止めるため足掻き以外では多様は避けたい。
サブで締めるためにも基本はBDキャンしての「岩ズンダ」を狙っていきたい。

【格闘CS】リミッター解除

[チャージ時間:2秒][属性:換装]
「やっつける!」
磁気旋光システムのリミッターを解除し、赤ロック距離、機動力、格闘の伸び、特格以外の全武装の威力が強化され、ブーストの燃費も向上。
今作では耐久減少が無くなった代わりに1出撃につき1回限りとなった。持続は18秒。
覚醒と組み合わせて火力を捻り出したいところ。

なお発動中に換装(覚醒技含む)をすると問答無用でゲージがゼロになり、使いきった扱いになる。
うっかり換装しないように注意したいが、タイタスの足回りの関係から換装せざるを得ない場面も出てくる。
勿体無さはあるが、これにこだわり過ぎて逆に余計なダメージを受けるのも考えもの。
18秒間を無駄にしないためにも、戦況をしっかり把握し発動タイミングを見極めよう。
また、タイタスの自衛力は三形態の中で一番高いので追われた場合はむしろこれで勝負に出るほうが安全である。

【サブ射撃】岩投擲【大】

[撃ちきりリロード][リロード:6秒/2発][属性:実弾][膝つきよろけ][ダウン値:2][補正率:-25%]
「こういう戦い方だって!」
大き目の岩を投げる。ヒットで膝つきよろけ。同様の武装を持つドアンザクと違い、メインからのキャンセルルートが無い点には注意。
誘導は微妙で、大きな当たり判定で当てるタイプの射撃。
発生自体が遅めなため、安定しないが、岩の判定で射撃を打ち消すことができる。
近距離で相手の射撃を読んでのカウンターや緑ロックで撒いての事故狙いという用途が多い。
各種特射へキャンセル可能。

【特殊射撃】ノーマル/スパローに換装

「ガンダム!換装モードへ移行!」
Gウェアを換装する。
形態 入力 キャンセル先
ノーマル N,前,後 メイン,サブ
タイタス メイン,後格
スパロー メイン,特格
前作までの換装ゲージ溜めポーズは各形態での換装空撃ちで見ることができる。
タイタスは脇を絞めて両肘を腰に付け、足がやや内股気味なポーズ。

【特殊格闘】デスペラード 呼出

[撃ちきりリロード][リロード:12秒/2発][属性:アシスト/格闘][強よろけ][ダウン値:0.1×10][補正率:-3%×10]
「俺達の生活を邪魔するな!」
『強いられているんだ!』で有名なイワーク・ブライアの駆る作業用メカ「デスペラード」を呼び出す。イワークさんのボイス有り。
一言で言えば超強化版アッグガイ。地面を全力で走っていき、接触でヒートスコップの一突き。多段ヒットの格闘属性で、1hit8ダメ。
頭一つ抜けた、というほどでもないが移動速度は見た目によらず非常に速く、誘導もかなり強烈となっている。
警戒されていないと吸い寄せられていくように刺さるが、この系統の常でステップ一発で無効化され、地走タイプなので空中の敵には無力。
しかし闇討ちで当てられれば相手はこちらにロックを向けることを強いることが出来る。
またスパローのウルフさんと異なりヒットまで誘導がかかる(ウルフは至近で攻撃モーションに入り誘導が途切れる)ので移動する相手を捉えやすい。

中距離戦~近接でのセットプレイなど多用途に使える。さらに強よろけなので追撃しやすい。
地走限定アシストで見れば五指に入ると言って良い性能で、コスト帯を考えれば地走なれども破格の性能を持つ。
極めつけとして回転率も普通くらいで、ウルフさんと同様突撃アシストながら吐いた時点でリロードが始まる。
こういった美味しい仕様から下手に温存を意識しすぎる必要がなく、タイタスで立ち回るならイワークさんには好き勝手暴れてもらおう。

至れり尽くせりな仕様ではあるが、自由換装の代償か本作では弾数が1発減ってしまった。
とはいえ換装ありきなことを考えれば妥当なところと言えるか。

格闘

あまり動かないものが多い。N格のモーションがやや長いせいでスローな印象を受けるが、総合的には普通。
横格のような二段で手早く、追撃やコンボパターンの広さに頼れる択もある。
判定はスパローよりはマシというくらいだがく発生は良好で、振り合いでは意外な強さを見せる。
格闘CSのリミッター解除と絡めると伸びも含めてかなりの性能になる。
一方、生時の火力は実を言うと取り立てて高いわけではないが、それでも3形態の中では平均火力が最も高い。
これに加えて火力が大幅に強化されるリミッター解除を加味すれば、コスト離れした火力を出すことも可能。
覚醒を合わせて使いたいのもそうだが、格闘中の換装コンボ(タイタスコン)としても利用していきたい。

【通常格闘】右パンチ→膝蹴り→オルテガハンマー→ショルダータックル

「パワーで押し込む!」
4段格闘。最終段は多段ヒットのショルダータックル。前作と比べモーションが早くなった。
発生はわりと良い。近接時、リミッター解除時なら強気に振っても割合頼れることも。
最終段以外から特格派生可能。生時は3段目までのダメが低いので出し切らないなら特格派生推奨。
換装にキャンセル可能。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 右パンチ 75[80](80%) 75[80](-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣特格派生 後述
┗2段目 膝蹴り 123[136](65%) 60[70](-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣特格派生 後述
 ┗3段目 オルテガハンマー 169[185](53%) 70[75](-12%) 2.3 0.3 よろけ
  ┣特格派生 後述
  ┗4段目 ショルダータックル 221[251](41%) 34[44](-4%)×3 3.2 0.3×3 ダウン

【前格闘】ムーンサルトニープレス

飛び上がりからの1段。至近距離だと飛ばずにその場で攻撃。命中すれば相手もろとも落下する。
動作はもっさりしており、スパローの後格のような跳ね返りモーションも無い。
追撃の望めない単発高威力系なので、コンボの締めが主な運用か。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 ムーンサルトニープレス 90[110](%) 90[110](-%) 1.7 1.7 ダウン

【横格闘】左パンチ→右裏拳

タイタスの中では手早く終わる2段格闘。 伸びは見た目通りだが発生はそこそこで、ギリギリ虹合戦には持ち込める。
初段から特格派生可能。通常時でも出し切り即右ステで格闘を繋げられる。
今作では2段目が大幅に弱体化したため、良カット耐性の出し切り・火力の特格派生とを使い分ける必要がある。
換装にキャンセル可能。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左パンチ 75[80](80%) 75[80](-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣特格派生 後述
┗2段目 右裏拳 159[185](50%) 40[50](-10%)×3 2.6 0.3×3 特殊ダウン

【格闘特格派生】パイルドライバー

N・横格の最終段以外から派生。タイタスの重要な火力パーツ。しかし実は原作でこんなことはしていない。
前作では解除時にしか出せなかったが本作では常時使える。
掴んで回転しながら地面に叩きつけでバウンドダウン。
忍者の後派生よりもかなり緩慢な動作、かつ叩きつけのダメージが入るタイミングが遅めなので注意。
出し切りから換装にキャンセル可能。
キャンセルは相手が打ち上がった後にしないと優しく寝かせるだけになる。

格闘
特格派生
動作 累計威力
(累計補正率,累計ダウン値)
単発威力
(単発補正率)
単発ダウン値 属性
N・横 NN NNN
1段目 掴み 91[96](80%,1.7) 136[149](65%,2.0) 180[209](53%,2.3) 20[20](-0%) 0 掴み
2段目 叩きつけ 187(55%,2.7)
[192(60%,2.7)]
214(40%,3.0)
[227(45%,3.0)]
244(28%,3.3)
[260(33%,3.3)]
120(-25%)
[120(-20%)]
1.0 バウンドダウン

【後格闘】急降下パンチ

「勝たなきゃいけないんだ!」
通称「床ドン」。極限ゼノンの後格に似た技だが、こちらのほうが回避択としての性能はずっと上。
急降下して地面を殴り、自機の全方位に衝撃波を発生させる。接地判定ありで、硬直時間は短め。
よくある他機体の接地格闘とは異なり上昇動作が無くすぐ降下するため、降下中の被弾のリスクが少ない。
また、他のピョン格と違い赤・緑ロックに左右されず使えるのも特徴で、Fバースト時は射撃キャンセルからの仕切り直しにも有効。
そして接地後即虹ステする事でズサキャンも可能と、落下格闘技としては地味づくしながらも良性能である。
衝撃波は自衛に有効であり、狙えばミサイル1発くらいなら消せる。迂闊に生格を狙ってきている相手を返り討ちにすることも可能で、追撃も比較的容易。
ただし前身しないことから、スパローのピョン格と違い追いの展開には当然向かない。

アップデートで換装からのキャンセルルートが追加され、ブースト効率も向上。
とりあえず着地のために換装してこれで降りるという接地テクがより容易となった。
このタイタスの回避テクをしっかり身に着けているか否かで擬似タイ力も変わるため、会得したいところ。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 パンチ 60[70](85%) 60[70](-15%) 1.0 1.0 よろけ
┗2段目 衝撃波 120[138](65%) 70[80](-20%) 2.0 1.0 ダウン

【BD格闘】ビームラリアット

「ビームラリアットオォォォォォォ!!」
タイタスを象徴するビームラリアット。多段ヒットで打ち上げダウン。
タイタスの格闘の中でも非常に伸びが良く扱いやすい攻撃。後ステで各種追撃が可能。
判定出っ放しではないので相手の格闘とかち合うと負ける場合が多い。
伸びだけは非常に良いので基本は闇討ちで狙うのがベター。
頼りになるとは言えないが、タイタスで自己主張したいなら隙を見てこれを差し込んでいくと良い。
覚醒前の追い込みには特に使いやすい。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 ビームラリアット 119[140](65%) 27[32](-7%)×5 2.0 0.4×5 打ち上げダウン

バーストアタック

ランブバースト

「これが母さんの…ガンダムの力だああああああ!」
他の形態と同じ。スパローで斬り抜け→タイタスでかち上げ→ノーマルでライフル精密射撃の流れで攻撃。
ただしタイタスの場合、「格闘CS使用中に発動すると、当たろうが外そうが強化が切れる」という致命的な欠点がある。
上記の理由のため強化時には封印安定。生時でもブッパ以外はコンボの締めに使って20~25ダメ底上げする位しか使い道はない。

極限技 動作 累計威力 F/E/S
(累計補正率)
単発威力 F/E/S
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 81/75/75(80%) 75(-20%) 0 0 スタン
2段目 掴み 116/107/107(70%) 40(-10%) 0 0 掴み
3段目 かち上げ 162/149/149(60%) 60(-10%) 0 0 ダウン
4段目 ドッズライフル 281/268/273(%) 27(-5%)×n 9? 0.36×n 特殊ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
メイン×3 144[168]
メイン≫NNNN 219[244]
メイン≫NNN>前 218[242]
サブ始動
サブ≫メイン→メイン 158[182]
サブ≫サブ≫メイン 172[193]
サブ≫NNNN 224[252]
サブ≫N特格派生>前 241[266]
サブ≫BD格>前 201[234]
特格始動
特格≫サブ≫サブ 166[178]
特格≫NNN特格派生 215 非強制ダウン
特格≫NNN特格派生>前 224[236] 高火力
N格始動
NNN>NNNN 256[281]
NNN>NNN特格派生 256[280]
NNN特格派生→右特射→メイン 261[284] オバヒ完走コンボ
NNN特格派生→右特射→後格>サブ 272[296] ↑の高火力版
NNNN>サブ 254[288]
NNNN≫BD格 261[297]
NNNN>N特格派生 283[315] 要高度
前格始動
???
横格始動
横>横N 195[219] 追撃可
横N>横N 221[255] 主力。早く終わる
横N>横特格派生 239[267] ↑のダメージ向上版だが、カット耐性が微劣化
横特格派生>横特格派生 278[296] 高火力
横特格派生≫BD格>前 263[296] ↑のカット耐性向上版
横特格派生>NN特格派生 278[303] N、横始動のデスコン
後格始動
???
BD格始動
BD格>NNNN 232[267]
BD格>NNN特格派生 242[273]
BD格>横N>前 224[263]
BD格>横特格派生>前 249[283]
覚醒時 S/E/F
NNNN>NNN>覚醒技 293/293/327
[328/328/351]
E,S覚醒でのデスコン
NNN特格派生>NN特格派生 285/285/310
[316/316/341]
NNN特格派生>覚醒技 293/293/323
[315/315/346]
横N>横N>覚醒技 242/242/274
[276/276/313]
横特格派生>横特格派生>覚醒技 299/299/335
[324/324/350]
初段がN格でも同値
BD格>覚醒技 244/243/264
[265/264/286]
F覚醒時
サブ→NNNN≫BD格 260[284]
サブ→N特格派生>N特格派生 266[294] 射撃始動でこの火力
NNNN>NNNN 306[349] 追撃可
NNNN≫BD格≫BD格 293[342]
横N>横N>横 250[289] 攻め継続
横特格派生>横特格派生>横 311[340] 高火力攻め継続
BD格>NNNN≫BD格 267[309]
BD格≫BD格≫BD格≫BD格 240[287]

戦術

AGE-1の火力担当形態。「格闘の火力はあるが動きが遅い」という格闘機の中では今までにないヘビー級MS。
射撃はすべて足が止まる上にキャンセルルートに乏しい。
相方を片追いされると不意打ちのイワークさん、ビームラリアットやサブの大きさと弾速を生かしたカットぐらいしか止める手段がない。
また武装は全て足が止まり慣性も乗らず、キャンセル先が換装しかないため、敵を追う、射撃での追い回しを裁くという事に関してかなり厳しい。
一方で格闘機を迎撃するということに関しては3形態の中でも最も優秀で、比較的低リスクで追い返せるうえ痛いしっぺ返しを食らわせることも可能である。

この形態よりも、スパローの方があらゆる意味で戦いやすいのは言うまでもない。
こうなるとタイタスは使う必要がないように思えてしまうが、後格ズサキャン一回分のブーストがあるときの回避性能は目を見張るものがある。
特格のイワークさんも地走系だが、誘導がコスト2000としては破格的なレベルで、キャンセルルートと短い赤ロックゆえの使い辛さを除けば総じて素晴らしい性能である。
他形態からの換装ルートが増えたことで、タイタスが苦手とする距離詰めを他形態に任せやすくなり、逆に他形態からの換装キャンセルからタイタスの後格を活かせる場面も増えている。
ノーマル・スパローが低火力である以上、この形態を使いこなして相方不安を減らせるようにしなくては勝利は覚束ない。

覚醒+格闘CSの爆発力は2000コストの中でも高く、相手はこちらを警戒せずにはいられない。
AGEを使って覚醒するなら基本はリミッター解除状態×Fバーストのタイミングを伺おう。
というかスパローで覚醒するとFバーストだとしてもダメージ不足が顕著で、肝心な場面で倒し切れないことが非常に多い。
覚醒をするなら強化状態のタイタスの性能を存分に活かしたい。

ただし武装の性質上リターンを得るためには生格を強いられているのが辛いところ。
だが、今作は自由換装のお蔭で前でズサキャンとイワークさん呼び出しを繰り返しロックを集めることが出来る。
逆にズサを取れないと諦めさせ体力調整やスパロー闇討ちの前準備をするなど自分や相方が動きやすいようにするといった使い方もある。
使いづらいからといって、タイタスを腐らせるのはこの機体を使ううえではあってはならない。
タイタス単独で目を向けさせるのがキツければ他形態で存在感を出してから、こっちにロックが向いたらタイタスに切り替えるでもいい。
自ら追うのは苦手でも、迎え撃つことに関しては得意なので、ブースト有利を作りやすいところを活かしたい。

外部リンク