Vダッシュガンダム

適宜修正お願いします。
ヴィクトリーガンダム時の武装解説についてはヴィクトリーガンダム
コンボ、戦術等はヴィクトリーガンダム(考察)
正式名称:LM312V04+SD-VB03A VICTORY DASH GUNDAM パイロット:ウッソ・エヴィン
コスト:2000  耐久力:580  変形:×  換装:△
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・スマートガン 7 80 シールドは展開しない。やや太く誘導は並
射撃CS オーバーハング・キャノン【照射】 - 168 前作覚醒中CS
サブ射撃 オーバーハング・キャノン 2 100 ZZ系のサブに近い
特殊射撃 オーバーハングパック 射出 - 134 ヴィクトリーガンダムに移行
特殊格闘 ゾロアット 呼出 1 60 マーベット機がBRを1発撃つ スタン属性
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 左斬り上げ→右薙ぎ→右蹴り飛ばし NNN 173 新規格闘
前格闘 蹴りつけ→蹴飛ばし 前N 134 VGと共通モーション
横格闘 回転斬り→斬り飛ばし 横N 128 VGと共通モーション
後格闘 踏みつけ 80 VGと共通モーション
BD格闘 八つ手ビーム・サーベル突き→薙ぎ払い BD中前N 152 八つ手ビーム・サーベルの新規格闘
バーストアタック 名称 入力 威力 F&E/S 備考
オーバーハング・キャノン【最大出力】 3ボタン同時押し /
パーツアタック 後+3ボタン同時押し /


【更新履歴】新着1件

16/03/20 ヴィクトリーから分割し、新規作成

解説&攻略

ヴィクトリーガンダムに大型ビーム砲「オーバーハングキャノン」2門とブースターを複合したユニットのオーバーハングパックを装備した火力向上形態。
拾い物の物干し竿ことビーム・スマートガンと大型の八つ手ビーム・サーベルも装備している。

前作までは覚醒中限定換装、というよりグラフィック変更とCSが追加されるだけだったが、今作では時限換装になった。
これに伴い射撃武装がほぼ一新され、格闘モーションも一部変更されるなど大改革が行われた。
しかし時限強化としてはやや性能が物足りず、VG時のようなメイン→サブ落下やメイン連動盾が使えなくなるという欠点がある。
ストライクのI.W.S.P.と同じく、「射撃能力を高めた一形態」程度に考えておくのが無難だろう。

とはいえダメージ取りは以前の形態よりもこちらのほうが上となっており、弾が引っ掛けやすくなっている。
押し付ける力は1500時代より大幅に下がったものの、それでもまだまだ有力なダメージソース。
何よりこの形態を経由することでVG形態のメインが回復し、再換装するとVダッシュ時の弾も全部回復する(アシストは双方例外)。




射撃武器

全般的に2000コストとしては優秀な武装を持つ。
反面、連動シールドや落下ルートの消失によりVガン固有の強みがなくなっているのが欠点。
しかし元々無限弾を持っているためか、武装の回転率としてはそれほど悪くない。
というか使い切ってまた換装すればメイン・サブ弾は復活する。
要するに「換装中にどうぞ弾切れを気にせず使ってください」という感じで運用出来るのが強み。
このあたりは(換装の回転率以外は)ガンダムMk-IIスーパーガンダムの関係性に近い。

通常時だとやや苦がある弾数管理をあまり気にしなくて良いというのがダッシュ時最大の強み。
性能的には2000コスとしては上の方なので、換装が終わる前に撃ち切る勢いで大胆な運用を心がけたい。
換装が終われば通常時のメインも回復しているため、温存を意識した消極的な攻めはやめておこう。
ただしブースト管理には注意し、調子に乗って下手な硬直は晒さないように。

【メイン射撃】ビーム・スマートガン

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2][補正率:-30%]
劇中で物干竿と呼ばれていた武装。やや太めのBRで威力も高め。サブ、特射、特格へキャンセル可能。
弾のひっかけやすさは上がっているが、VG時と違ってビームシールドは展開しないので接射する時のリスクが上がっている。
弾の太さで勘違いしやすいが、誘導は普通。

シールドに頼った攻撃は出来ない一方、2000コストとしては押し付けやすいメインにはなっている。

ちなみに、Ex-Sガンダムのメイン射撃と同じ名称だが、実際設定上、同系列の武装である。
また、よく見ると攻撃直後に、銃口付近で電気が流れているような光るエフェクトが見える。

【射撃CS】オーバーハング・キャノン【照射】

[チャージ時間:2.5秒][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:-2%×10]
「来なければ撃たないって言ったろ!」
前作の覚醒中CSで使用出来た照射ビーム。1hit18ダメージ。
覚醒しなくても使えるようになったからか、異常に速かった発生はなりを潜め、一瞬溜めが入るようになった。
とはいえ、妙に強烈な銃口補正や弾速は健在なので迂闊な着地や上昇を喰える性能はある。
特に10/27のアップデートで弾速が上昇しており、相手の着地や硬直を狙って刺しやすくなった。
チャージが非常に長くなってしまったので、約15秒間という換装時間の中ではなかなか狙えるタイミングはないのが痛い。
しかしヴィクトリーの中でも一瞬でダメージを持っていけるのはこれなので、セカインなども利用して上手く機会を見計らいたい。

【サブ射撃】オーバーハング・キャノン

[常時リロード][リロード:4秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:5↑(2.5↑×2)][補正率:-20%×2]
オーバーハングキャノンからダウン属性のビームを2本撃つ。
(FA-)ZZのサブの誘導や当たり判定を落とした劣化版に近い性能だが、キャンセル補正がかからないのでメインからのダウン取りなどに重宝する。
両方ヒットで強制ダウンで片方ヒットでは赤ダウン、2本のビームがずれて当たると90ダメージ。
覚醒時も強制ダウンするかどうかは未検証。
通常時と違ってキャンセル落下が出来ない反面、サブコマンドはこれしか存在しないので、レバー入れによる暴発が起きないのは嬉しいところ。
S覚醒時はここからメインで落下できると厚い弾幕を形成しつつ比較的低リスクで落下できる。
10/27のアップデートによって慣性がより乗るようになった。

【特殊射撃】オーバーハングパック射出

[弾数無限][属性:実弾+爆風][半回転ダウン][ダウン値:2.0/0.5][補正率:-20%/-10%]
「こんな事も出来るんだ…!」
オーバーハングパックを射出、VG形態に移行する。
換装ゲージがどれだけ残っていても射出した時点で0になる。
高威力で補正もかなり緩いので、換装時間が残り少なくなったら積極的に使っていった方がいいだろう。
他のパーツ射出同様、キャンセル補正はかからない模様。
VGのNサブ・レバー入れサブにキャンセル可能。Nサブなら落下に移行できる。

【特殊格闘】ゾロアット 呼出

[撃ちきりリロード][リロード:4秒/1発][属性:ビーム/アシスト][弱スタン][ダウン値:1][補正率:-20%]
「マーベットさん、撃って!」
通常時と同じ性能。弾数はVG形態と共有だが、リロードが短いのでそこまで気にならない。
弱スタンなのでCSをぶち当てるには物足りない性能。
既に当たることを予測してCSのボタンを離せば距離次第なら間に合うことも。
基本的にはキャンセルなどを活かしたダウン・硬直取り要員。S覚醒時はサブ同様落下テクにも。

格闘

N・BD格が新規モーション。

【通常格闘】左斬り上げ→右薙ぎ→右蹴り飛ばし

VG時とは違うモーションの3段格闘。左手のサーベルで2回斬り、最終段で蹴り飛ばす。
通常時とは違い出し切りからも前ステか横ステで格闘での追撃が可能。(横ステからの横格闘だけは伸びが足りないが)
サブや特射での追撃はバクステで安定する。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左斬り上げ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 右薙ぎ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 右蹴り飛ばし 173(53%) 80(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【前格闘】蹴りつけ→蹴飛ばし

VGと同じモーションだがダメージが上昇。

【横格闘】回転斬り→斬り飛ばし

VGと同じモーションだがダメージが上昇。

【後格闘】踏みつけ

VGと同じモーションだがダメージが上昇。

【BD格闘】八つ手ビーム・サーベル突き→薙ぎ払い

八つ手ビーム・サーベルを使った新規格闘。PVでやっていた多段hitの突き→薙ぎ払いの2段。
V'の格闘の中では一番伸び・突進速度共に優秀だが、2段目が真横に近い向きに吹き飛ばすため追撃が困難。
前BDからもう1度BD格で拾おうとすると初段が1ヒットになることがあるが、そもそも届かないことも多くタイミングが非常にシビア。
10/27のアップデートで気持ち食いつきが良くなった。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き 80(79%) 28(-7%)×3 1.8 0.6×3 強よろけ?
┗2段目 薙ぎ払い 152(64%) 90(-15%) 2.8 1.0 横回転ダウン

バーストアタック

オーバーハング・キャノン【最大出力】/パーツアタック

どちらも通常時と変わらない。

レバーN:オーバーハング・キャノン【最大出力】

レバー後以外の覚醒技。
使用後は換装ゲージが100になるため、ダッシュ形態を維持したい場合には使っていきたい。

レバー後:パーツアタック

レバー後覚醒技。ダッシュ形態を特別維持したくない時はこっちを…という感覚で使えるものではない。

外部リンク