ブランチバトルコース Eルート


Eルート(エクストリーム)

原作を意識したBOSSステージが続く表ルートと、高難度なステージが揃うEXルートに分けられる。
このルートのBOSSステージには通常より強化されたプレイアブル機体が出現する。
現時点で確認されている特性は以下の通り。
(1)ダウン値限界20(一般的なダウン値2のBR10発で強制ダウン)
(2)リロードなどといった武装の使用制限はおそらくナシ
(3)標準的なボスと同様、耐久値減少で永久覚醒(ボス同様覚醒抜け無し)。覚醒技の発動は覚醒中何度でも可能
(4)被弾ボイスが聞こえる。
(5)機体ごとに異なるチューンアップあり。
(6)マキブまでの機体をベースにしている為かマキブON仕様ではない。(1-Eのガンダムがガンキャノンを呼び出さない、BD格が旧BD格だったりするなど)

ステージ1-E BOSS ア・バオア・クー宙域 ターゲット:ガンダム(アムロ)
パートナー:ジオング
敵機構成:ジム+アトラスガンダム(イオ)→(全滅)→ガンダム(アムロ)+ザクII(ドアン)→(一定時間後)→ジム→(一定時間後)→ゲルググ(ガトー機)
解説:「1st」の機体だが陣営は統一されていない。2017/11/03よりアトラスお披露目。
   難易度設定1からのスタートだが敵はなかなか手強い。EX面攻略くらいの心構えで。
   ボスは通常よりダウンさせ辛いが、逆手にとって2機で集中攻撃したりS覚醒でメイン射撃を当てつづけると効率よく削れる。
   Eルートボス唯一の2000コスでこの先のボスより耐久値は低く、まともにやり合えば時間切れの心配はないだろう。
   ドアン撃破後の増援はすぐには出てこない。稼ぎたい場合はボスを落とさないよう僚機に回避指示で。
   アムロの前格(突き)はhit数が増えており、覚醒前はこれだけで強制ダウンまで持っていかれる。

ステージ1-E EX TARGET ヘリオポリス ターゲット:ランダム
パートナー:AGE-2
敵機構成:ランダムA+ランダムB→ランダムC(名有り)→(全滅)→ランダムA(名有り)+ランダムB(名有り)+ランダムD(名有り)
解説:パイロットが強化人間のMSがランダムで出現する。そのためか、僚機は「スーパーパイロット」のAGE-2。
ランダムで出現する機体は以下の通り(現在確認済みのもの)
  • ザクIII改
  • キュベレイMk-II(プル)
  • キュベレイMk-II(プルツー)
  • フォビドゥン
  • ガイア
  • アリオス
  • ハルート
  • クシャトリヤ
  • シナンジュ
  • バンシィ
※他機情報求む

ステージ2-E BOSS コロニーレーザー ターゲット:Zガンダム(カミーユ)
パートナー:メッサーラ
敵機構成1:バウンドドック(ジェリド)+アッシマー×2→(全機撃破?)→Zガンダム(カミーユ)→(10秒経過)→百式(クワトロ)→ガンダムMk-II(エマ)
敵機構成2:バウンドドック(ジェリド)+アッシマー×2→(全機撃破?)→Zガンダム(カミーユ)+リック・ディアス()+リック・ディアス()
解説:「Z」ステージ。2017/01/06よりバウンドドックお披露目。また僚機も変わった。
   お披露目以降の敵機構成は2パターンあるがどのように倒すと分かれるのかは未確認(要検証)
   ボスのカミーユは弾切れしないハイメガと覚醒中のアーマーに注意したい。
   覚醒技は無限に使える上に当たった場合は400近く持って行かれるので注意。

ステージ2-E EX NORMAL アフリカ・タワー
パートナー:ガンダム
敵機構成:パーフェクトガンダム(四郎)+Ex-S→Ex-S→Ex-S→クアンタフルセイバー(刹那)→ホットスクランブル(メイジン)→ガンダムMk-II(白)(CPU機)+ギラ・ドーガ
解説:2017/03/10よりホットスクランブルお披露目。また僚機も変わった。なおEx-Sは体力低めに設定(BR1~2発程度)。

ステージ3-E BOSS エンジェル・ハイロゥ ターゲット:V2ガンダム(ウッソ)
パートナー:ゴトラタン
敵機構成1:ヴィクトリー(ウッソ)+ガンイージ(ジュンコ)→(ジュンコから先に撃破?)→Vヘキサ(マーベット)+V2ガンダム(ウッソ)
敵機構成2:ヴィクトリー(ウッソ)+ガンイージ(ジュンコ)→(ウッソから先に撃破?)→ジャベリン×2→ジャベリン→ガンブラスター+V2ガンダム(ウッソ)
解説:「V」リガ・ミリティアのMS部隊。Eルート第一の難関。
   ここのV2は『ボスは基本旧仕様』というのが分かりやすく、本作追加のバスター形態には換装しない仕様。
   任意の時限換装という点は通常機と同じで、大半をV2ABでいる時もあれば、稀にだが一度もV2ABにならない場合もある。
   Eルート補正が通常攻撃にも出始め、ABメインは200ダメ弱、サブの一斉射撃は弾数無限の超性能武装になっており、覚醒時の威力は300を超える。
   そのため、明らかに勝てる状況でも極端な話サブに2回当たれば落とされ負けが見えてくる。決して油断しない様に。
   一定時間後にノーマルに戻るのは変わらないので再装着される前にダメージを稼ごう。
   覚醒時は今まで(ステージ1、2)よりも積極的に覚醒技を使ってくる。SA付乱舞系でこちらも威力300超えなので、むやみに格闘を振らないこと。
   もうひとつ、相方ゴトラタン動きにも注意を払っておきたい。
   サブ誤射を避けるためゴトラの真正面にはなるべく立たないように。更に言うなら要所でもない限り回避指示も一考。
   とはいえ格闘発生の速さとサブ範囲により突撃指示だけでV2を圧倒しうるので、コストが余っていれば頼りにしよう。

ステージ3-E EX NORMAL マスドライバー基地
パートナー:デュエルAS
敵機構成:アレックス+デスサイズヘル(EW)→(全滅)→X1改(キンケドゥ)+ケルディム(ロックオン)→デスサイズヘル(EW)(デュオ)→アレックス(クリス)→アカツキ(CPU機)
解説:チョバムにクロークにマント等、ゲージ制防御系武装持ちが集まっているステージ。
   安易に突っ込まず、防御を剥がしてから確実に倒そう。こちらもシーン補正が若干ながら掛かっているため、下手に攻撃すると痛い目に合う。

ステージ3-E BONUS BONUS 廃棄コロニー(地球周辺) ターゲット:サンドロック改
パートナー:ライジングガンダム
敵機構成:サンドロック改+ユニコーン+バンシィ・ノルン
解説:Eボーナス。3000コス2機は装甲が薄いのでどんどん落とせる。
   ただしユニコーン、バンシィともにメイン手動リロードなので敵の攻撃頻度はかなり高い(そもそもリロードする前に墜とすことも多い)。
   特にバンシィの方はキャンセルルートフル活用で猛連射してくるため結構手強い。
   サンドロックの格闘にも要注意。
   スコアを稼ぐなら、味方を囮にすると良い。
   アップデートにより僚機がヘビーアームズ改(EW)からライジングに変更されている。
   生存力は元より微妙だったのでコストが軽い分悪くは無いといった所。

ステージ3-E EX BONUS BONUS ラ・グラミス ターゲット:ドレットノート
パートナー:クシャトリヤ
敵機構成:ドレットノート+OOガンダム+ガンダムハルート
解説:上と同じく取り巻きが紙耐久の3000×2。2-D、2-E_EXの構成変更により突入が少し難しくなった。
   機体はそのままだが遮蔽物の多いステージに変更、分断からの各個撃破が狙いやすくなったか。
   表BONUSに比べて明らかにCPUのルーチンが良くなっているのは以前と変わらず。
   補正も恐ろしく、射撃はズンダを喰らうだけで250、格闘コンボは350近くのダメージを叩き出してくる。
   特にマルートのサブは威力、範囲共に脅威の一言。マルート放置は蒸発の元。
   その辺りに注意を払っていればちょくちょく足が止まる相手なので、流れを掴めばかなり稼げる。
   乱戦になりやすく、スコアを稼ぐとしてもそれなりの難易度なので、苦手な人は表ボーナスに行くよう撃墜数を調整したほうが稼ぎやすい。
   相方のクシャトリヤはDのアヴァランチに比べると非常に動きがよく、分散命令だといつの間にかドレノを落とすことも。
   高スコアを叩き出したいならある程度頃合いを見計らって回避に変えておこう。

ステージ4-E BOSS ニュータイプ研究所 ターゲット:ガンダムDX(ガロード&ティファ)
パートナー:ガンダムヴァサーゴ・CB
敵機構成1:ガンダムX(ガロード&ティファ)+ガンダムX DV(ジャミル)→(ガロード撃破)→ガンダムDX(ガロード&ティファ)+Gビット→(ジャミル撃破)→ガンダムX DV(ジャミル)
敵機構成2:ガンダムX(ガロード&ティファ)+ガンダムX DV(ジャミル)→(ジャミル撃破)→Gビット→(ガロード撃破)→ガンダムDX(ガロード&ティファ)→(ボス出現後5秒経過)→ガンダムX DV(ジャミル)
解説:「X」のフリーデンチーム。Eルート第二の難関。
   最初の前座2機はルーチンこそ良くないものの、ハモニカ砲やサテライトキャノンなど強力な武装を持っており、気を抜いていると落とされるので注意。
   問題は覚醒DXのツインサテライトキャノン。
   弾切れ無しな上、本家同様強烈な銃口補正を誇り、距離によっては横BDでも食いついてくる時がある。
   しかし、逆に撃たせてかわせば絶好の攻撃チャンスなので、中距離で余裕を持って戦おう。
   2回目のジャミルを倒せば後はガロードのみなので楽になる。
   最初にガロードを墜とすと敵が3機になるので撃破順とダメージ調整に気を使っておこう。

ステージ4-E EX NORMAL トーチカ基地
パートナー:ヅダ
敵機構成:ザクA(名有り)+ザクB×2→(2機撃破)→ザクC(名有り)+ザクD(名有り)→(一定時間経過)→ハイザック→ハイザック→ハイザック×2
解説:ザク系MSがランダムで出現するステージ。そのためか相方はザク嫌いのデュバル。
   低コスト機が多いが常時3機なのでなかなか歯ごたえのある難度、ザクだからと言って舐めてはいけない。
   難易度は敵機によりけりだが、ドアンザク、ザクIII改、ジョニーザクの格闘、ガナーザクの射撃はかなり痛いので出てきたら要注意。
   4機撃墜もしくはハイザック1機を含む5機撃墜と少ない撃破コストで終わり、2vs3を捌けるならサクッとクリアできる。
   ランダムで出現するザクは以下の通り。この中から4種が選ばれる。

  • シャア専用ザクII
  • ザクII(ドアン)
  • ザクIII改
  • ザク頭Zガンダム
  • Gザクウォーリア
  • ザクII改
  • 高機動型ザクII(ジョニー)
  • 高機動型ザクII(マツナガ)

ステージ5-E BOSS メサイア ターゲット:デスティニーガンダム(シン)
パートナー:∞ジャスティス
敵機構成:デスティニー(シン)+レジェンド(レイ)+インパルス(ルナマリア)→(ルナマリア撃破)→Gザクウォーリア(ルナマリア)
解説:「SEED DESTINY」の後期ミネルバ隊。
   前作から特に変更点は見られない。相方のアスランがよく働く点も同様だが、SEED発動(被ダメ増加)による事故の危険性が増えた事は留意しよう。
   前作よりレジェンドの射撃性能が向上しているため、できれば先に墜としてからシンに挑みたい。

ステージ5-E EX TARGET ランタオ島 ターゲット:バエル(マクギリス)
パートナー:デュナメス
敵機構成:シャイニング(ドモン)→試作2号機(ガトー)+シャイニング→(全滅)→エピオン(ミリアルド)+試作2号機×2→(全滅)→バエル(マクギリス)+エピオン×2(以降無限湧き)
解説:格闘機祭り。2018年6月8日からバエルお披露目ステージに。
   名無しは、体力こそBONUSのそれクラスの低さだが、補正が掛かっており、最後の無限エピオンは威力だけなら名有りと同等。
   格闘機オンリー面なので射撃機や万能機を使っているとそこまで苦労はしないのだが、格闘機の場合は地獄のステージと化す。
   まず基本として、名無し相手には2vs1が鉄板。
   例えば最初のシャイニング、前座と侮るなかれ通常時でも格闘コンボは軽く300を超え、場合によっては350オーバー。こんな補正が掛かった機体が大量に出現してくる。
   体力○○もあるから大丈夫なんてことはこのステージでは通用せず、体力MAXから格闘コンボ2回で蒸発する事もある。
   また、敵が4セット出現するので、筐体設定によっては制限時間にも注意が必要。
   格闘機で無ければ、基本的に名無しを瞬殺して名有りをデュナとダブルロックしていくのがいい。
   ターゲットのバエルには中距離以遠で横槍を入れられる心配が少ないので、
   時間に余裕があれば無限に出てくるエピオンを狩り続けてBONUS面をも遥かに上回るスコアとGPを得ることも可能。
   しかし、気を抜いていたらいつの間にか負けた…なんて事はこのステージでは珍しくないので注意。やばいと感じたらさっさとバエルを落とそう。

ステージ6-E BOSS REBIRTH ターゲット:エクストリームII Vs.(レオス)
パートナー:シルバースモー
敵機構成:3000A(名有り)+3000B(名有り)→(全滅)→エクストリームII Vs.(レオス)+エクセリア(セシア)
解説:前座の3000はゴッド・ストフリ・ダブルオーの中から2機がランダムで選ばれる。
   エクセリアはゲロビは撃つわ、レオスにシルビを送るわで非常に鬱陶しいので、優先的に撃破しよう。
   ただしレオスはレオスでゲロビや覚醒技を積極的に使ってくるので、2vs1になったとしても油断は厳禁。

ステージ6-E EX NORMAL トロヤステーション
パートナー:Vガンダムヘキサ
敵機構成1:サバーニャ(ロックオン)+Ex-S(Unknown)→(Ex-Sから撃破し全滅)→ジン・ミサイル×3→(全滅)→FA・ZZガンダム(ジュドー)+ヴァサーゴCB(シャギア)
敵機構成2:サバーニャ(ロックオン)+Ex-S(Unknown)→(サバーニャから撃破し全滅)→ザメル×3→(全滅)→FA・ZZガンダム(ジュドー)+ヴァサーゴCB(シャギア)
解説:射撃機祭り。ステージと僚機が変更された。
   途中の構成変化はモブ機の違いだけだが、ルーチン・補正ともにAルートのプレイアブルくらいなら上回りかねない代物なので気をぬかないように。

ステージ7-E BOSS マニューピチ ターゲット:∀ガンダム(ロラン)
パートナー:ザクII(ドアン搭乗)
敵機構成:ザクII改×2→シルバースモー→シルバースモー(ポゥ)→ゴールドスモー(ハリー)→∀ガンダム(ロラン)
解説:「∀」の主人公組。
   黒歴史と呼ぶに相応しい鬼ステージ。相方が低コス格闘機のドアンザクなので、働きにムラがあり尚且つ落ちやすい。
   3000射撃機ならいっそドアンを特攻させ0落ちを狙うのも手だが、ターゲットの∀は攻撃力・耐久力・回避力いずれも尋常じゃない。
   ロック距離も無限に近い長さになっているのか特射のBR連射はどこにいても誘導してくる上、これだけで250近く持っていかれる。

ステージ7-E EX TARGET サイド7 ターゲット:ランダム
パートナー:ブルーディスティニー1号機
敵機構成:ランダムA+ランダムB→(全滅)→ランダムA(名有り)+ランダムB(名有り)→(全滅)→ランダムC(名有り)+ランダムD(名有り)→ランダムC→(一定時間経過)→ランダムC
解説:ニュータイプランダムかつ2500以上の高コスト限定。大型アプデ前より大きな変更は無し。
   開幕2体は耐久低め、ターゲット出現時点でも2対2なので被弾さえしなければボス戦の表よりは戦いやすい。
   ここでの事故要因は闇討ちによる味方蒸発。集中指示でゲロビ持ち放置なんかしてるとワンチャンで吹き飛ぶので注意。
   味方BD1の活躍はほぼ敵機との相性次第、有利な相手だと結構粘るが不利な相手だと瞬殺される。
   格闘戦はできるので突撃指示にしておくと生存率高め。

ステージ8-E FINAL EXTREME EXTERMINATION ターゲット:エクストリームガンダムMk-II(トリム)
パートナー:トールギスIII
敵機構成:エクストリームMk-II(トリム)+デュエルAS+高機動型ザクII(ライデン機)
解説:Dに比べボスの火力補正はさらに強化、加えてここから取り巻きがプレイアブル機になる。
   戦闘開始したらボスの射撃を警戒しつつ取り巻きのジョニザクとデュエルを真っ先に片付けよう。
   ジョニザクは闇討ちに秀でているし、デュエルに至ってはパージアタックを喰らったら負け確に大きく近づいてしまう。
   これさえ片付けてしまえば全てAXEの対処に回せる。
   と言っても近づいたらスパアマでゴリ押しされるので、なるべく遠距離で戦うこと。
   ケルメインの様な狙撃技があるが、わかっていても避けられないのであまり気にしなくてもいい。それよりもゲロビとアシストを警戒すべし。
   CPUを回避にしておくと自機に対して残像ダッシュを多用するので驚くほど攻撃が当たらなくなる。囮なりなんなりCPUをうまく扱おう。

ステージ9-E FINAL-EX EXTREME TRANSCEND ターゲット:エクストリームガンダムDp(セシア&トリム)
パートナー:サンドロック改
敵機構成:エクストリームDp(セシア&トリム)→(30秒後)→エクストリームガンダム type-レオス(レオス)×2(フェースはランダム)
解説:セシアとの激闘、ここに再び。
   最初は単機なのでレオス2機の到着前に少しでも多く削って行きたいところ。
   サンドロックはギスと違って積極的に働いてくれるのでダメージを稼ぎやすい。ゼロシステムによる生存力の高さも嬉しい。