VSコンクエスト

VS.コンクエストとは

モードの概要

  • 今作にて導入された対CPU戦の新モード。
  • 各プレイヤーはA-union、B-unionといった「union」という勢力に自動的に割り振られ、マップの制圧に参戦する。
  • 総合的な勝敗は、「シーズン」と呼ばれる一定期間の間にどのunionがマップ内のマスをより多く制圧していたか、で判定される。
  • このモードの独自要素として、全国のプレイヤーの分身との共闘や対戦、機体の強化エディット、VSコンクエストでのみ得られる報酬…などがある。

その他

  • カードがなくてもVS.コンクエストはプレイできる。ただし所属unionは毎回ランダム、貢献ポイントや報酬は獲得できず、機体エディットも利用できない。
  • 1クレジットのプレイで最大7回の戦闘をすることができる。規定回数勝利するか敗北時はゲームオーバーとなる。
    筐体の設定で5~8回と変更できるので店舗で異なる場合アリ。
  • コンクエストプレイ中に、指定のカード使用不可時間(コンクエスト及びカードを使ったプレイができなくなる)に達すると戦闘後に中断、
    プレイ数が残っていても強制的にVSコンクエストから弾き出され、トレーニングorブランチからの選び直しとなる。


VS.コンクエストでのルール

対MS戦のルールとコスト関連(レイドボス関連は、レイドボスの項を参照)

  • 対人戦と同じく先に相手コストを0にすると勝利。
  • プレイヤー機と同様、両チームのCPU機体もコストオーバーのルールが適用される。
  • プレイヤー機と相手CPU機体のコストは設定どおりのコスト。
  • CPU僚機のコストは設定コストの半分。半分なのでコストオーバーの影響は小さい。
  • 総コストは対人戦同様、6000vs6000が基本。
  • 難易度の高いマスでは敵側の総コストがアップする。もちろんコストオーバーの影響は小さくなりやすい。
    上昇するコストは以下を参照。
+...
マスのレベル 上昇するコスト
1 上昇なし
2 上昇なし
3 +500
4 +500
5 +1000
6 +1500
7 +1500

対MS戦のルール(例外)

  • 戦艦基地のマスと周辺のマス
    • 制圧しているunion側にコスト4000の戦艦が登場する。
    • プレイヤー側のunion勢力下で登場する戦艦は撃墜されても自軍戦力ゲージは減少しない。また誤射も発生しない。
    • 戦艦の配置位置は敵・味方に関わらず戦闘エリア外の角。自チームの正面や背後にいる場合など数パターンある。
    • 前作ブランチと比較して耐久値が大きく向上。射撃の射程や弾数に難アリな機体だと戦艦を放置しMSを狙ったほうが早く終わる場合がほとんど。
    • 登場する戦艦は毎回異なり攻撃手段やバリエーションは各戦艦ごとに異なる。
      • 戦艦基地でホワイトベース、アーガマ、ラー・カイラム、アークエンジェルの4パターンを確認。
      • 廃棄コロニーでは戦艦基地に出現する4隻に加え、サラミス、ムサイ、ビグ・ラング、エターナル、プトレマイオス2の出現を確認。
      • 現時点でアドラステアの出現は未確認。

  • 補給基地のマスと周辺のマス
    • 制圧しているunion側にコスト500のCPU専用機体が2機登場する。
    • 出現機体はステージ毎に数パターンからランダム。
    • 撃破すると25~30秒程で再び登場する。
    • プレイヤー側のunion勢力下で登場するCPU機は撃墜されても自軍戦力ゲージが減少しない。
    • CPU機の耐久値は非常に低いがルーチンはかなり良く積極的に攻撃に参加する。

マップ関連

  • ゲーム開始時のスタート地点は「自軍の総司令部」か「自軍が制圧している通信基地」のいずれかを選択する。
  • 所属unionのマスであれば2マス移動ができる。
  • 敵unionのマスへは、所属unionが制圧しているマスと隣接しているマスにのみ侵入できる。
  • プレイ中に戦役マップが更新され、現在位置のマスが敵unionに囲まれた場合は、出撃マスを再選択する。
+...
マスの種類 出撃地点として選択 戦闘ステージ マスの説明
総司令部エリア 固定 敵勢力に制圧されない。
マスの難易度が低い。
基地エリア 制圧時のみ○ 固定 ライブモニターなどでは「通信基地」と呼ばれる。
制圧に成功すると、状況にかかわらず隣接するマスもまとめて制圧できる。
制圧状況が拮抗すると、白煙→黒煙とマスの見た目が変化。
制圧効果がかかるエリア × マスごとで異なる 基地エリアに隣接するマス。見た目はノーマルエリアに白い線。
制圧状況が拮抗すると、ヒビ割れ(小)→ヒビ割れ(大)とマスの見た目が変化。
ノーマルエリア × マスごとで異なる 制圧状況が拮抗すると、ヒビ割れ(小)→ヒビ割れ(大)とマスの見た目が変化。
ロックエリア × なし シーズン開始当初は侵入できず、中盤以降で解放される。
戦艦基地 制圧時のみ○ 固定 基地及びその周囲のマスで戦闘をすると制圧しているunion側に戦艦が登場する。
補給基地 制圧時のみ○ 固定 基地及びその周囲のマスで戦闘をすると制圧しているunion側にCPU専用機体が2機追加される。

僚機

  • CPU僚機は1戦闘ごとに変更される。
  • 小隊に所属している場合、CPU僚機を設定することができる。(詳しくは小隊の項にて)


報酬と貢献ポイント

報酬の概要

  • 公式には大きく分けて「シーズン報酬」と「コンクエ個人報酬」の2種類がある。
  • 主な違いは報酬の内容、報酬の入手方法、報酬を受け取ることができる期間。
  • どちらもシーズンごとに用意(一新)される。
  • 「シーズン報酬」はシーズン終了後に一定数のプレミアムGチケットとの交換のみで入手可能。以前とは違い貢献ポイントは必須ではない
  • 「コンクエ個人報酬」はシーズン中に一定の貢献ポイントを貯めると入手可能。
  • シーズンが移行する(報酬受け取り期間を過ぎ、別のシーズンが始まる)と、前までのシーズンのプレミアムGチケットと貢献ポイントは一切使用出来ない。
    • シーズン報酬(=プレミアムGチケット引換アイテム)は新機体先行プレイ権(6枚)、ゲージデザイン(3枚)、エンブレムアイコン(1枚)、GP(1枚)。

仕様など

  • 貢献ポイント
    • コンクエ個人報酬および所属unionの最終順位による報酬の獲得にはこれを一定値まで貯める必要がある。
    • VS.コンクエストモードをプレイすると貯まっていく。
    • 報酬を獲得しても消費することはない。
    • 「次シーズンが始まる」「別unionの小隊に所属」のどちらかで0に戻る。
  • プレミアムGチケット
    • コンクエ個人報酬、所属unionの最終順位による報酬、チャレンジミッションの達成報酬のいずれかで入手可能。
    • そのシーズンにはそのシーズンのプレミアムGチケットのみが使用可能。シーズンを越えた持ち越し等はできない。
  • 所属unionの最終順位による報酬
    • 所属unionの最終順位に応じてプレミアムGチケットが入手可能。枚数は1位5枚、2位3枚、3位1枚、4位0枚と変化する。
    • この報酬を入手するには貢献ポイントが1500以上必要となる。
  • チャレンジミッションの達成報酬
    • シーズン中に開催されるチャレンジミッションを達成すれば、プレミアムGチケット3枚をシーズン中1度だけ入手可能。
    • チャレンジミッションの達成及びそれによるプレミアムGチケットの入手は貢献ポイントに関係なく可能。
    • チャレンジミッションが複数開催され、それらを達成した場合、3枚ずつシーズン中1度だけ入手可能。

報酬の種類など

+...
シーズン
報酬
コンクエ個人
報酬
報酬の例 ・新機体先行プレイ権
・ゲージデザイン
・エンブレムアイコン
・親密度ブーストチケット
・プレミアムGチケット
・GPブーストチケット
・コンクエLv限界突破
・GP
受け取り
タイミング
シーズン終了~規定の受け取り期間終了まで シーズン開始~シーズン終了まで
注意点 入手に貢献ポイントが必須な訳ではない 所属unionを移動して貢献ポイントをリセットしても、
1度獲得した報酬は再獲得できない。


モード独自の仕様

プレイヤーの分身

  • 敵や味方に全国のプレイヤーの分身が登場する。
  • プレイヤー名、エンブレム、機体エディットなどの要素が反映されている。
  • 分身には学習機能があり、プレイヤーがよく取る行動がルーチンに反映される。
  • 編集された通信メッセージも使用する。ただしメッセージ内容と分身のルーチンに関係はない。(「下がります」と言っても前に出る、など)
  • 分身は最後にコンクエストか対戦でプレイした機体が選ばれる。メイン機体・お気に入り機体の設定は影響なし。
    • ブランチやトレーニングを乱入されずにクリアorゲームオーバーとなった場合、分身の変更・更新はない。
    • 分身の更新は装備しているスキルも含まれる。


マスの難易度

  • 自軍本拠地から離れたマス、チェーンボーナス発生時…といった場合にマスの難易度が上昇する。
  • 難易度を上げたくない場合は、総司令部やその付近のマスを選んだり、毎回違うマスで戦うといい。
  • 難易度が高いと…。
    • 敵チーム総コストが上昇する。
    • 敵パイロットの階級があがる。
    • VS.コンクエストLVの高い機体(エディット強化された機体)が登場しやすくなる。
    • 勝利時の獲得GPと貢献ポイントに「レベルボーナス補正」がかかる。

チェーンボーナス

  • チェーンボーナスは、戦って勝利→同じマスを選択、で発生する。さらに勝利し同じマスで戦えば段階が上昇していく。
  • 最大で4段階まで上昇。段階に応じてマスの難易度も上昇する。
  • 発生時は獲得できる貢献ポイントにチェーンボーナス補正がかかる。この補正はGPにはかからない。
  • ボーナス消滅条件は「別のマスで戦闘する」「チェーン発生中のマスにレイドボスが出現」「敗北時」の3つの内、いずれか1つを満たした時。
  • 7回勝利後にコンティニューした場合、ボーナスは継続。
  • 倍率は以下の通り。
+...
チェーン段階 上昇倍率
1 107%
2 117%
3 130%
4 150%

EXチェーンボーナス

  • 第6シーズンから実装された新要素。
  • 敵unionのマスや、自unionのヒビ割れマスで発生する。
  • 通常のチェーンボーナスよりも倍率が高いのが特徴。倍率は以下の通り。
+...
チェーン段階 上昇倍率
1 157%
2 180%
3 200%
4 210%

機体の強化

概要

  • モバイルサイトでGPを消費することで機体を強化することができる。
  • 大きく分けて「機体エディット」と「スキル」の2種類。
  • この強化はVS.コンクエストモードでのみ有効。

機体エディットについて

  • エディット項目は全部で5つ。
  • 項目ひとつにつき1~100段階まで上昇させることができる。
  • 5項目合わせて250段階が限界。すべての項目を100段階にすることはできない。
  • エディットは1項目ずつリセットすることができるが、リセット時に今までに消費したGPは戻らない。
  • エディットした機体はゲーム開始時の機体セレクト画面で歯車のマークが表示される。

エディットできる項目

  • 公式モバイルサイトでの説明は以下のとおり。
    • 耐久値…耐久値がアップします。
    • 格闘・攻…格闘攻撃力がアップします。
    • 射撃・攻…射撃攻撃力がアップします。
    • ブースト…ブーストゲージの消費量が減ります。
    • EXゲージ…EXゲージが貯まりやすくなります。

エディット時の必要GP

  • 「耐久値」「射撃・攻」「格闘・攻」
+...
段階 必要GP 必要GP(累計)
初期状態 0 0
1 150 150
2 150 300
3 150 450
4 150 600
5 150 750
6 150 900
7 150 1050
8 150 1200
9 150 1350
10 150 1500
11 200 1700
12 200 1900
13 200 2100
14 200 2300
15 200 2500
16 200 2700
17 200 2900
18 200 3100
19 200 3300
20 200 3500
21 250 3750
22 250 4000
23 250 4250
24 250 4500
25 250 4750
26 250 5000
27 250 5250
28 250 5500
29 250 5750
30 250 6000
31 300 6300
32 300 6600
33 300 6900
34 300 7200
35 300 7500
36 300 7800
37 300 8100
38 300 8400
39 300 8700
40 300 9000
41 350 9350
42 350 9700
43 350 10050
44 350 10400
45 350 10750
46 350 11100
47 350 11450
48 350 11800
49 350 12150
50 350 12500
51 400 12900
52 400 13300
53 400 13700
54 400 14100
55 400 14500
56 400 14900
57 400 15300
58 400 15700
59 400 16100
60 400 16500
61 450 16950
62 450 17400
63 450 17850
64 450 18300
65 450 18750
66 450 19200
67 450 19650
68 450 20100
69 450 20550
70 450 21000
71 500 21500
72 500 22000
73 500 22500
74 500 23000
75 500 23500
76 500 24000
77 500 24500
78 500 25000
79 500 25500
80 500 26000
81 550 26550
82 550 27100
83 550 27650
84 550 28200
85 550 28750
86 550 29300
87 550 29850
88 550 30400
89 550 30950
90 550 31500
91 600 32100
92 600 32700
93 600 33300
94 600 33900
95 600 34500
96 600 35100
97 600 35700
98 600 36300
99 600 36900
100 600 37500

  • 「ブースト」「EXゲージ」
+...
段階 必要GP 必要GP(累計)
初期状態 0 0
1 250 250
2 250 500
3 250 750
4 250 1000
5 250 1250
6 250 1500
7 250 1750
8 250 2000
9 250 2250
10 250 2500
11 300 2800
12 300 3100
13 300 3400
14 300 3700
15 300 4000
16 300 4300
17 300 4600
18 300 4900
19 300 5200
20 300 5500
21 350 5850
22 350 6200
23 350 6550
24 350 6900
25 350 7250
26 350 7600
27 350 7950
28 350 8300
29 350 8650
30 350 9000
31 400 9400
32 400 9800
33 400 10200
34 400 10600
35 400 11000
36 400 11400
37 400 11800
38 400 12200
39 400 12600
40 400 13000
41 450 13450
42 450 13900
43 450 14350
44 450 14800
45 450 15250
46 450 15700
47 450 16150
48 450 16600
49 450 17050
50 450 17500
51 500 18000
52 500 18500
53 500 19000
54 500 19500
55 500 20000
56 500 20500
57 500 21000
58 500 21500
59 500 22000
60 500 22500
61 550 23050
62 550 23600
63 550 24150
64 550 24700
65 550 25250
66 550 25800
67 550 26350
68 550 26900
69 550 27450
70 550 28000
71 600 28600
72 600 29200
73 600 29800
74 600 30400
75 600 31000
76 600 31600
77 600 32200
78 600 32800
79 600 33400
80 600 34000
81 650 34650
82 650 35300
83 650 35950
84 650 36600
85 650 37250
86 650 37900
87 650 38550
88 650 39200
89 650 39850
90 650 40500
91 700 41200
92 700 41900
93 700 42600
94 700 43300
95 700 44000
96 700 44700
97 700 45400
98 700 46100
99 700 46800
100 700 47500

コンクエLv限界突破について

  • コンクエ個人報酬の「コンクエLv限界突破」を使用した機体は1回ごとに+25段階追加でエディットできる。
  • 1機体につき2回まで使える。5項目合わせて最大300段階までエディットできるようになる。
  • 1項目100段階まで、は変わらない。

詳細な上昇値

  • 耐久値
    • 上昇値 = 機体本来の耐久値 × 機体のコスト帯固有値 × 強化段階
    • 上昇値の小数点以下は切り捨て。
    • コスト帯固有値…以下の数値を代入する。
      コスト3000…0.2%
      コスト2500…0.3%
      コスト2000…0.3%
      コスト1500…0.4%
  • 格闘・攻
    • 詳細値不明、要検証。
  • 射撃・攻
    • 詳細値不明、要検証。
  • ブースト
    • 詳細値不明、要検証。
  • EXゲージ
    • 詳細値不明、要検証。


スキルについて

  • 入手してから、装備することで機体を強化することができる。
  • 効果の小さめなノーマルスキルと、効果の大きめなプレミアムスキルがある。
  • 機体エディットと違い、スキルには「装備してから24時間」という効果時間がある。24時間経過後は自動で消滅。
    プレイ中に24時間経過した場合は、ゲームオーバーになるまで効果が継続する。
  • ノーマルスキル装備中に別のノーマルスキルを装備すると、以前のスキルは消滅し、新たなスキルが24時間使える。これはプレミアムスキルも同様。
  • CPU機体もスキルを装備してくる場合がある。
  • 装備されているスキルは戦闘前のvs画面に表示される。

ノーマルスキルとプレミアムスキル

  • ノーマルスキル
    • モバイルサイトでGPを消費して入手する。
  • プレミアムスキル
    • レイド討伐ガシャで入手できる。ただしガシャではGPなどスキル以外が出る場合もある。
    • チケット獲得条件は、「小隊に所属している」「自分orメンバーが撃墜したレイドボスと1回以上戦闘した」の2つを満たすこと。
    • レイド討伐ガシャチケットは、モバイルサイトの、トップページ→小隊情報、から受け取ることができる。
    • 受け取り期限は討伐したレイドボスの出現期日から28日後まで。受け取ったチケットは次シーズンに持ち越しできる。
  • ノーマルとプレミアムの同時装備
    • ノーマルスキル1つと、プレミアムスキル1つ、合計2つを同時に装備できる。どちらも効果が発揮される。
    • 同じ効果のスキルを2つ装備すると、効果はより大きくなる。

スキルリスト

+...
カテゴリ ノーマル
orプレミアム
スキル名 単価
(GP)
スキル性能
ブースト ノーマル ブースト性能+(小) 600 ブーストゲージの消費量を通常の85%にする。
ブースト性能+(中) 900 ブーストゲージの消費量を通常の70%にする。
プレミアム ブースト性能+(大) - ブーストゲージの消費量を通常の55%にする。
防御 ノーマル ビーム防御(小) 500 ビーム攻撃のダメージを10%軽減する。
実弾防御(小) 350 実弾攻撃のダメージを10%軽減する。
格闘防御(小) 500 格闘攻撃のダメージを10%軽減する。
プレミアム ビーム防御(大) - ビーム攻撃のダメージを30%軽減する。
実弾防御(大) - 実弾攻撃のダメージを30%軽減する。
格闘防御(大) - 格闘攻撃のダメージを30%軽減する。
ビーム&実弾防御 - ビーム攻撃と実弾攻撃のダメージを20%軽減する。
ビーム&格闘防御 - ビーム攻撃と格闘攻撃のダメージを20%軽減する。
実弾&格闘防御 - 実弾攻撃と格闘攻撃のダメージを20%軽減する。
耐久値 ノーマル 耐久値+(小) 750 耐久値が60アップする。
耐久値+(中) 1500 耐久値が120アップする。
耐久値リペア(小) 1000 耐久値が1秒ごとに1回復する。(ただし時間経過と共にオーバードライブゲージが少しずつ減少する)
プレミアム 耐久値+(大) - 耐久値が180アップする
耐久値リペア(大) - 耐久値が1秒ごとに3回復する。(ただし時間経過と共にオーバードライブゲージが少しずつ減少する)
コスト関連 ノーマル カウンターアタック(小) 500 自軍コストが自機または僚機が撃破されたら0になる時、攻撃力と防御力が1.1倍になる。
カウンターアタック(中) 750 自軍コストが自機または僚機が撃破されたら0になる時、攻撃力と防御力が1.2倍になる。
プレミアム カウンターアタック(大) - 自軍コストが自機または僚機が撃破されたら0になる時、攻撃力と防御力が1.3倍になる。
覚醒
ドライブ
ノーマル EXゲージ+(小) 750 EXゲージが通常より少し貯まりやすくなる。
EXバースト延長(小) 600 EXバーストの発動時間が少し延びる。(持続時間が約1.2倍となり全覚で18秒→22秒になる)
EXオーバードライブ延長(小) 350 オーバードライブの発動時間が少し延びる。(持続時間が通常の1.5倍となり約15~18秒継続する)
プレミアム EXゲージ+(大) - EXゲージが通常より大幅に貯まりやすくなる。       
EXバースト延長(大) - EXバーストの発動時間が大幅に伸びる。(持続時間が約1.5倍となり全覚で18秒→27秒になる)      
EXオーバードライブ延長(大) - オーバードライブ発動時間が大幅に伸びる。(持続時間が通常の2.5倍となり約25~30秒継続する)
対レイドボス ノーマル レイドボスキラー(小) 1500 レイドボス戦のみ自機の攻撃力が1.5倍になる。
レイドボスキラー(中) 2000 レイドボス戦のみ自機の攻撃力が1.75倍になる。
プレミアム レイドボスキラー(大) - レイドボス戦のみ自機の攻撃力が2倍になる。
レイドボスキラー&ビーム防御 - レイドボス戦のみ自機の攻撃力が1.75倍になる&ビーム攻撃のダメージを20%軽減する。
レイドボスキラー&実弾防御 - レイドボス戦のみ自機の攻撃力が1.75倍になる&実弾攻撃のダメージを20%軽減する。
レイドボスキラー&格闘防御 - レイドボス戦のみ自機の攻撃力が1.75倍になる&格闘攻撃のダメージを20%軽減する。
  • (補足)耐久値+のスキルはコストオーバーの影響を受けない。「コスオバ時の耐久+スキルによる上昇値」での再出撃となる。



レイドボス

概要

  • 通常のMS戦とは違い、巨大MS・MA戦がVS.コンクエストにも実装された。
  • 基本的にはブランチバトルと同様の巨大MS・MA戦だが、差異もある。

マップでの登場と消滅

  • VS.コンクエストをプレイ中、どこかのマスに現れる場合がある。
  • 出現条件は不明。全然出現しない場合や、1クレジット内で連続して出現する場合もある。
  • 残り戦闘数では移動しきれないマスに現れた場合は戦闘できない。次のクレジットで近いところから出撃すれば挑戦できる。
  • 出現後に戦役マップ更新が入り、ボスのマスへ侵入できなくなる場合がある。
    戦うには次回以降のマップ更新を待つ必要がある。
  • マップからいなくなる条件は「自分で撃墜して勝利する」「同じ小隊のメンバーが撃墜して勝利する」「既定の撤退時間になる」のいずれかを満たした時。

レイドボスとの戦闘

  • ボスのいるマスまで移動すると戦闘できる。マスのステージは無視され、レイドボス専用ステージで戦う。
  • 自チーム2機vsボス、で戦う。ボス側には前座や僚機が登場しない。
  • 1戦闘の制限時間は120秒。筐体設定にかかわらず固定。
  • 勝利条件は「ボスを撃墜する」「タイムアップになる」のどちらか。
  • 敗北条件は「自軍のコストが0になる」のみ。

勝利時と敗北時

  • 撃墜勝利時
    • マップからボスが消滅し、戦ったエリアの制圧率が大きく上昇する。
    • 獲得貢献ポイントは、500(第6シーズンから200)×ボス固有の倍率。エクストリーム系はさらに1.5倍の補正がかかる。
    • 獲得GPは通常のMS戦と比べて多め。
    • 小隊所属時はモバイルサイトで「レイド討伐ガシャチケット」を受け取ることができる。
  • タイムアップ勝利時
    • 撃墜勝利時と同じく、獲得GPは通常のMS戦と比べて多め。
    • 獲得貢献ポイントは、10×ボス固有の倍率。エクストリーム系はさらに1.5倍の補正がかかる。
    • レイドボスの残耐久値を引き継いだ状態で、再挑戦ができる。
  • 敗北時
    • ゲームオーバーとなる。
    • タイムアップ時と同様、レイドボスの残耐久値を引き継いだ状態で、再挑戦ができる。

レイドボス小ネタ

  • 通信基地のマスなど、出撃地点として選べるマスには出現しない。
  • 撃墜勝利後、次に同じボスが登場するとLVが1上がっている。
    LVが上がるごとにボスの攻撃が激しくなったり、耐久値(防御力?)がアップし撃破しづらくなっていく。
  • ボスのLVの上限は30。
  • エクストリームガンダムはステージが「EXTREME UNIVERSE」固定。
  • エクストリームガンダムリフェイザーはステージが「EXTREME FATALITY」固定。
  • ストライクフリーダムMと∞ジャスティスMはミーティア形態のみでの戦闘。分離してMS形態にはならない。

特別イベント「コンクエレイド祭」

  • イベント期間中、レイドボス出現に関する変更点。
    • 出現率アップ。
    • マップ上に最大で2機まで同時に出現する。
  • 期間限定「レイド祭ガシャ」
    • 過去のコンクエシーズン報酬のアイテムや、新規ゲージデザインやエンブレムアイコンが入手できる。
    • ガシャ1回あたりレイド討伐チケットが3枚必要。
  • 第10シーズンにて初開催。


出現したレイドボスのリスト

+...
シーズン名 出現した機体 備考など
第4シーズン ザクレロ デストロイガンダム ヴェイガンギア・シド
第5シーズン クイン・マンサ ディビニダド ストライクフリーダムM
第6シーズン シャンブロ ラフレシア エクストリームTp
第7シーズン アプサラスII デンドロビウム レグナント
第8シーズン ジオング(完成機) サイコガンダムMk-II(プルツー) エクストリームCp
第9シーズン ビグ・ザム サイコガンダムMk-II(ロザミア) ∞ジャスティスM
第10シーズン
コンクエレイド祭
サイコガンダムMk-II(プルツー) ディビニダド - 12月12日~12月18日
ビグ・ザム デストロイガンダム - 12月19日~12月25日
アプサラスII リフェイザー・タキオン - 12月26日~01月01日
レグナント リフェイザー・タキオン - 01月02日~01月08日
ヴェイガンギア・シド リフェイザー・タキオン - 01月09日~01月14日
第11シーズン ザクレロ サイコガンダムMk-II(ロザミア) GNアーマーTYPE-D
第12シーズン レグナント ヴェイガンギア・シド エクストリームIp
第1回短期決戦シーズン デンドロビウム ディビニダド リフェイザー・タキオン
第2回短期決戦シーズン アプサラスII サイコガンダムMk-II(プルツー) クイン・マンサ
第13シーズン ビグ・ザム デストロイガンダム ∞ジャスティスM
第14シーズン ザクレロ ビグ・ザム ジオング(完成機)
第15シーズン サイコガンダムMk-II(ロザミア) クィン・マンサ レグナント
第16シーズン
コンクエレイド祭
∞ジャスティスM ストライクフリーダムM - 07月10日~07月16日
サイコガンダムMk-II(プルツー) リフェイザー・カルネージ - 07月17日~07月23日
デンドロビウム GNアーマーTYPE-D - 07月24日~07月30日
ヴェイガンギア・シド リフェイザー・イグニス - 07月31日~08月06日
ディビニダド デストロイガンダム - 08月07日~08月10日
第3回短期決戦シーズン ラフレシア ディビニダド デストロイガンダム
第4回短期決戦シーズン シャンブロ ∞ジャスティスM GNアーマーTYPE-D
第17シーズン クィン・マンサ レグナント ヴェイガンギア・シド
第5回短期決戦シーズン ジオング(完成機) デンドロビウム サイコガンダムMk-II(ロザミア)
第18シーズン サイコガンダムMk-II(プルツー) ∞ジャスティスM アプサラスII



小隊

概要

  • モバイルサイトに登録しているプレイヤー同士で小隊を組むことができる。
  • 同じ小隊メンバーとレイドボス討伐や、小隊メンバーのゴーストと出撃ができる。
  • 1つの小隊に所属できるのは最大で6名。

所属と脱退

  • 所属
    • どの小隊にも所属していないことが前提。
    • 方法その1・自分で小隊を作る→所属完了
    • 方法その2・すでにある小隊から勧誘を受ける→承諾する→所属完了
    • 方法その3・すでにある小隊に所属申請をする→承諾される→所属完了
    • 上記2の方法で、自分のいるunionと別unionの小隊に所属することもできる。
      所属時に自分のunionも小隊のunionに変更となり、いままで稼いだ貢献ポイントがクリアされる。
  • 脱退
    • 方法その1・モバイルサイトで脱退の手続きをする。
    • 方法その2・小隊の隊長から除隊(強制脱退)される。この場合はシーズン終了時に脱退扱いとなる。

僚機設定

  • モバイルサイトで小隊メンバーを僚機設定すると、メンバーのゴーストとVS.コンクエストに出撃できる。
  • ゴーストで呼び出されたメンバーは、出撃シーン数×5GP、が入手できる。
  • ゴーストは最後にプレイした機体が対象。
  • 僚機にしたい小隊メンバーがVS.コンクエストを未プレイの場合、僚機に選ぶことができない。

小隊とレイドボス戦

  • タイムアップや敗北した場合、レイドボスの残耐久値を引き継いだ状態で、小隊メンバーが戦うことができる。
  • レイドボス撃破時は、戦闘に参加した小隊メンバーが「レイドボス討伐ガシャチケット」を入手できる。

主なメリット

  • 小隊所属時にレイドボスを倒せば「レイドボス討伐ガシャチケット」が入手できる。
    レイドボス戦をするなら自分1人だけの小隊でもいいので作っておくといい。
  • 小隊単位での貢献ポイントランキングに参加できる。ただしランキング入賞によるメリットは特にない。
  • 貢献ポイントはリセットされるものの、別のunionに移ることに利用できる。


VS.コンクエストでの主な戦術や報酬狙いについて

慣れていない機体の練習に使う

  • 自軍本拠地や本拠地付近のマスは難易度が非常に低いので、慣れていない機体の練習に使える。
  • チェーンボーナスが発生しないよう毎回マスを変えれば難易度も上がらない。
  • バージョンアップで最大戦闘数が7に増加。これでもブランチの最大数には及ばないがかなり改善された。
    (通常で7戦だが、筐体で5戦~8戦と設定可能なので店によって異なる場合がある)

コストオーバーを狙う

  • 3000コスト2回撃墜や、低コスト機→高コスト機→COした高コスト機、と撃墜するとあっという間に勝利できる。
  • 耐久値が強化された低コスト機が登場した場合は、高コスト機を連続して狙ったほうが早く済むこともある。
  • 戦艦基地や補給基地での場合、増援や戦艦を叩いておくと後の戦闘が有利なったりやコストオーバーの影響が大きくなりやすい。
    状況に応じて撃破する優先順位をつけると良い。

報酬狙いの貢献ポイント貯め

  • 獲得できる貢献ポイントに上昇補正がかかるので、チェーンボーナスを利用すると効率がいい。
  • コンティニューをするとチェーンボーナスは継続となる。順番待ちがいないなら利用するといい。
  • 店舗によってはコンティニューできない設定の場合もある。

レイドボス戦を狙ったGP稼ぎ

  • 利点
    • 獲得できるGPが高く、また戦闘時間も短めのため効率よく稼げる。
    • ボスのLV、エディット、スキルなど条件次第で1戦で4ケタ稼ぐことも充分可能。
    • イベント「コンクエレイド祭」開催中は出現率アップのため、プレイ回数次第でかなりの稼ぎが期待できる。
  • 欠点
    • レイドボスの出現が安定しない。そのためチケットやスキルを使用してもイマイチ稼げない場合がある。
    • 効率を追求するほど機体を選ぶ。やはり格闘機や射撃が苦手な万能機では難しい。
  • 稼ぐにあたって
    • アタックボーナスを高めて獲得GPを増やすため、機体エディットでは射撃やEXゲージを優先的に強化する。
    • スキルの「レイドボスキラー」を装備する。できればノーマルとプレミアム両方で装備したい。
    • GPブーストチケットを使用しておく。



これまでのシーズン


バージョンアップ履歴

バージョンアップ
年月日
内容 備考
2014年03月06日 マキシブースト稼働と同時にプレシーズン開始。
2014年04月22日 CPU僚機が1戦闘ごとに変更されるようになった。 告知なしのverアップ。これ以前はゲームオーバーまで僚機が固定だった。
2014年06月13日 第4シーズン開始と同時にレイドボス、小隊、スキルが実装。
1クレジットでプレイできる最大シーン数の調整。(筐体で5戦~8戦から設定可能になった)
これ以前は5戦で固定だった。
2014年07月11日 第5シーズン開始と同時に小隊所属方法に変更。
別unionの小隊に所属申請が出せなくなった。
2014年08月12日 第6シーズン開始と同時にEXチェーンボーナスが実装。
2014年08月22日 レイドボスのバランス調整。
・ラフレシア…攻撃頻度下げ。
・シャンブロ…攻撃頻度下げ。耐久値下げ。
・エクストリームTp…攻撃頻度下げ。
2014年08月26日 マップ移動時、カーソルを合わせたマスの制圧率が数値でも表示されるようになった。
現プレイの獲得貢献ポイントが表示されるようになった。
2014年09月10日 機体エディットのリセットが1項目ずつできるようになった。 これ以前のリセットは「全項目リセット」のみだった。
2014年09月12日 第7シーズン開始と同時に…
・新たなマス「戦艦基地」「補給基地」が実装。
・新たな報酬カテゴリ「コンクエ個人報酬」が実装。
2014年12月12日 第10シーズン中、特別イベント「コンクエレイド祭」を開催。
2015年07月10日 第16シーズン中、特別イベント「コンクエレイド祭」を開催。
2015年07月22日 新エリア「隠しエリア」を追加。
・シーズン開始時には隠されていたエリアが、シーズン開始からの経過日数でマップのどこかに出現する。