おすすめのボタン配置

コントローラーの初期設定(デフォルト)のボタン配置は、このゲームでは推奨されていません。
デフォルト設定の主な問題点
  • 射撃チャージ中にターゲット切替えが困難
  • 射撃チャージ中のブーストダイブが困難
  • 射撃チャージ中の格闘が困難
  • 格闘チャージ中の射撃が困難
  • 格闘チャージ中のブーストが押し辛い
  • 格闘チャージ中のブーストダイブが困難
  • 正常に射撃、格闘両方をチャージした状態を作り出すのが難しい
  • それにともない両チャージ中の立ち回りも難しいetc...
※チャージ中と通常時で操作系が変わる動作は困難と表記しています
※これらの問題点は射撃、格闘をLR系ボタンに配置することで改善できます

自分のやりやすい配置を見つけるのがベストですが、悩む様ならこちらを参考にしてください。

自分で考える際の考慮点としてチャージショットは依然として重要なアクションなため、射撃や格闘ボタンとブーストボタンは違う指で押せるような配置が望ましいです。
さらにガンダムバーサスからブーストダイブとストライカーの操作が加わっており、この二つの行動はチャージ中でも可能です。
そのため射撃や格闘ボタンを押しっぱなしにしたまま、ブースト、ターゲット切替え、ブーストダイブ、ストライカーを不自由なく押せる配置にするのがベストです。
また、攻撃行動としては射撃チャージ中は格闘と特殊格闘が可能であり、格闘チャージ中は射撃と特殊射撃が可能となっています。
対戦アクションゲームにおいて行動の選択肢が広いというのはそれだけで有利なため、カスタム設定の重要性はますます上がっていると言えるでしょう。


このゲームは本来ボタンの同時押しでサブ射撃、特殊射撃、特殊格闘、覚醒、ブーストダイブを出すシステムです。
射撃をチャージしている状態でサブ射撃を入力すると格闘が、格闘をチャージしている状態でサブ射撃を入力すると射撃が出せます。
射CSと格CSを両方持つ機体の場合、サブ射撃を押しっぱなしにすると両方を同時にチャージすることができます。この状態から射撃か格闘のどちらかを更に使うことで2つのCSを同時に使うことも可能です。
コントローラーでの同時押しは難しいとされていますが、使用ボタン数を節約したい場合は考慮してみてください。
この仕様により、意図しないタイミングで特射や特格が出る/出せないこともあるので、誤入力が多いと感じる時はボタン配置を改めることを推奨します。

ちなみに3on3以上の複数戦では「近距離ターゲット切替え」という操作が有効に働きます。
空いているL3ボタンなどに配置するだけでもチャージとロック切替えを両立できたりするため、行き詰まっている方は利用しても良いでしょう。


自分にとって使いやすいボタン配置を公開しましょう。出来れば、理由や利点・欠点もあると尚良いです。
クローズドβテストでのキーコンフィグ(コントローラー/ジョイスティック)画像

初期設定(デフォルト)

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 サブ射撃 R1 ストライカー
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
射撃 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
PS4の初期設定(デフォルト)。

  • 欠点:
射撃・格闘のチャージショット(CS)が全体的に使いにくい。
ブーストを押しながら格闘が押しにくい。
射撃チャージ中のターゲット切換えが困難。
射撃、格闘チャージ中のブーストダイブが困難。
射撃チャージ中の格闘、格闘チャージ中の射撃が困難。

L1射撃-R1格闘型

射撃、格闘、ブーストを独立した指に割り振ることで、射撃チャージ中、格闘チャージ中、両チャージ中の操作性を改善し、行動の幅を広げた型。
R1射撃-L1格闘型と比べると方向キーと格闘ボタンを両手で操作できるため、とても忙しい操作である虹ステ合戦や格闘コンボに強い。
射撃は基本的に方向キーとの組み合わせで出すコマンドもないため理にかなっている。

派生案1

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 射撃 R1 格闘
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
ストライカー サブ射撃
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
チャージショットが簡単に使えるように、L1とR1に射撃と格闘を配置。
それと入れ替えで□ボタンにストライカー、△ボタンにサブ射撃を配置。
ブーストダイブは右スティックだけでなく、□+×の同時押しでも可能。
射撃・格闘・両チャージ中全ての状態で様々な行動を同時押しなしで行える。

  • 欠点:
射撃をL1ボタンに、格闘をR1ボタンに矯正が必要。

派生案2

L2 特殊格闘 R2 ストライカー
L1 射撃 R1 格闘
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
特殊射撃 サブ射撃
× ターゲット切替 ジャンプ(ブースト)
L3 - R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
R1とL1に射撃・格闘を配置することで両チャージが容易になり、親指がフリーになり動きやすい。
ブーストボタンからやや遠い□に特射を配置する理由は特射とブーストボタンの同時押し防止と特射の武装は連射するものが少ないため。

  • 欠点:
射撃チャージ中の特殊格闘が中指の利用か同時押し必須。
格闘チャージ中のストライカーが中指の利用必須。
特射とブーストボタンがやや離れているためキャンセルが他のボタンよりワンテンポ遅れる。
覚醒は△+○で出すのが理想。R3やL3は他のボタンより離れていてR2やL2は他のボタンより遊びが大きく同時押しに向かないことなどが理由。

派生案3

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 射撃 R1 格闘
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
サブ射撃 ストライカー
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
派生案1から押しやすい□にサブ射撃を配置し、使用回数に限りがあるストライカーは△に変更。
覚醒はR3押しこみだけでなく、□+×の同時押しでも可能。
射撃・格闘・両チャージ中全ての状態で様々な行動を同時押しなしで行える。

  • 欠点:
射撃をL1ボタンに、格闘をR1ボタンに矯正が必要。

R1射撃-L1格闘型

射撃、格闘、ブーストを独立した指に割り振ることで、射撃チャージ中、格闘チャージ中、両チャージ中の操作性を改善し、行動の幅を広げた型。
L1射撃-R1格闘型と比べると、方向キーと射撃ボタンを両手で操作できるため射撃しながらのBD旋回が若干容易。
ただし、L1での格闘は虹ステ合戦や格闘コンボを片手で操作する必要がある。

派生案1

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 格闘(チャージ用) R1 射撃
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
ストライカー 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
PS4の初期設定(デフォルト)のボタン配置から、ストライカーとメイン射撃のボタンを入れ替え。
格闘チャージ用にL1ボタンを格闘に変更。
ブーストダイブは□+×の同時押しでも出せる。
変更少なめで射撃チャージ、格闘チャージに対応できる。

  • 欠点:
射撃をR1に矯正が必要。
サブ射撃はR1+L1もしくはR1+△の同時押し必須。
射撃チャージ中の特殊格闘が中指の利用か同時押し必須。
L1での格闘チャージ中の特殊射撃が中指の利用か同時押し必須。

派生案2

L2 ストライカー R2 特殊射撃
L1 格闘(チャージ用) R1 射撃
タッチパッド 特殊格闘 OPTIONS ポーズ
サブ射撃 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 通信・指令 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
格闘・特射・特格で方向キーと同時入力で行うコマンドは全て両手を使う形で出来るので誤操作が防ぎやすい。

  • 欠点:
格闘チャージ中のストライカーが中指の利用必須。
特殊格闘の操作が難しい。
移動しながらの通信が難しい。

派生案3

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 格闘 R1 射撃
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
ストライカー サブ射撃
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
PS4の初期設定(デフォルト)のボタン配置から、ストライカーとメイン射撃のボタンを入れ替え。
格闘チャージしやすいようにL1ボタンを格闘に変更。サブ射撃の同時押しを避けるために△に配置。
変更少なめで射撃チャージ、格闘チャージどちらにも対応できる。

  • 欠点:
格闘がL1ボタンのみに。△ボタンで慣れてる人は矯正が必要。
射撃チャージ中の特殊格闘が中指の利用か同時押し必須。
格闘チャージ中の特殊射撃が中指の利用か同時押し必須。


派生案4

L2 特殊格闘 R2 特殊射撃
L1 格闘 R1 射撃
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
サブ射撃 ストライカー
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
使用回数に限りがあるストライカーは△に変更。
特殊射撃と特殊格闘の位置を入れ替えることで、射撃チャージ中の特殊格闘、格闘チャージ中の特殊射撃が簡単に出せる。
射撃・格闘・両チャージ中全ての状態で様々な行動を同時押しなしで行える。

  • 欠点:
L1ボタンへの格闘の矯正が必要。

派生案5

L2 ターゲット切り替え R2 ブーストダイブ
L1 格闘 R1 射撃
タッチパッド 通信 OPTIONS ポーズ
サブ射撃 格闘
× ジャンプ(ブースト)
L3 ストライカー R3 覚醒
右スティック

  • 利点:
通信、optionボタンを押す時を除く全ての動作を指の移動なしに行うことが出来る。
直感的な使用を伴うブーストダイブをR2に置くことで指の移動無しでブーストダイブをすることが可能。
また、ターゲット切り替えをL2に置くことでブーストの移動をしつつこれも指の移動無しで切り替えることが出来る。
射撃・格闘ともにチャージショットを溜めながらの使用が可能。

  • 欠点:
特射、特格共に同時推しが必須。
慣れるのがかなり厳しい。


デフォルト派生型

派生案1

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 ストライカー R1 サブ射撃
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
射撃 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 近距離ターゲット切替え R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
過去作をデフォルト配置でプレイした人向け。サブ射撃をR1に配置し、近距離ターゲットロックを左手側に配置。

  • 欠点:
デフォルト配置の欠点がそっくりそのまま残る。少なくとも射撃チャージ中に親指の腹でブーストを操作できる腕が必要。
射撃チャージ中の格闘はR1で、格闘チャージ中の射撃はR1、ブーストはR2で、チャージ中のダイブはL1+×でそれぞれ代用可能。

派生案2

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 サブ射撃 R1 射撃
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
ストライカー 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
PS4の初期設定(デフォルト)のボタン配置から、単純にストライカーとメイン射撃を入れ替えただけ。

  • 欠点:
射撃をR1に矯正が必要。
射撃チャージ中の特殊格闘が中指の利用か同時押し必須。
格闘チャージをしながらの行動はデフォルト設定と同じ欠点を抱えているため非常に困難。
格闘チャージが必須の機体なら他案を推奨。

派生案3

L2 特殊射撃 R2 特殊格闘
L1 射撃(チャージ用) R1 格闘(チャージ用)
タッチパッド 通信・指令 OPTIONS ポーズ
射撃 格闘
× ジャンプ(ブースト) ターゲット切替え
L3 ストライカー R3 覚醒
右スティック ブーストダイブ

  • 利点:
初期設定で慣れてしまったが、変更少なく射撃・格闘チャージ共に、無駄なく使いこなしたい人向け。
単純に初期設定に、R1とL1に射撃・格闘チャージ用の射撃と格闘を配置しただけ。
サブ射撃は R1+L1 □+L1 △+R1 □+△ の中からお好みの同時押しで。

  • 欠点:
射撃、格闘が重複しているため使用ボタン数が多く、ストライカーをL3で出す必要がある。
R1やL1を利用できるものの、サブ射撃が同時押し必須。