V2アサルトバスターガンダム

正式名称:LM314V23/24 VICTORY TWO-ASSAULT BUSTER GUNDAM パイロット:ウッソ・エヴィン
コスト:500 耐久力:720 変形:無し 換装:任意換装/時限換装 分類:VARIOUS-S
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
V2ガンダム ノーマル アサルト バスター アサルトバスター

射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 メガ・ビーム・ライフル 6 120 高火力な単発強制ダウン。
射撃CS マイクロミサイルポッド - 39~147 バスターCSと同性能
サブ射撃 一斉射撃 1 224 強力な照射ビーム
特殊射撃 ノーマル/アサルト/バスターに換装 100 - レバーN:パージ(ノーマルV2)
レバー右:アサルト
レバー左:バスター
レバー後:パージ(ノーマルV2)
特殊格闘 スプレー・ビーム・ポッド 2 35~227 距離及び当たり方でダメージ変動
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 光の翼 NNN 236 巨大な翼を展開して斬り抜け
前格闘 斬り上げ→回転薙ぎ払い 前N 136
派生 スプレー・ビーム・ポッド 前格射
前格N射
228
232
特格の弾数消費
派生 光の翼 前特格NN 188
横格闘 突き→突き 横N 138
派生 スプレー・ビーム・ポッド 横射 228 特格の弾数消費
派生 光の翼 横特格NN 187~209 派生タイミングでダメージがぶれる
後格闘 メガ・ビーム・シールド 30 シールドを設置
BD格闘 シールドアタック→唐竹割り→叩きつけ BD格NN 206 AB時専用モーション。後格使用時は初段モーション変更
派生 スプレー・ビーム・ポッド BD格射
BD格N射
272
291
特格の弾数消費
派生 光の翼 BD格特格NN
BD格N特格NN
241
250
覚醒技 名称 入力 威力B/L 備考
光の翼(連続攻撃) 3ボタン同時押し 321/275 乱舞技


【更新履歴】新着1件

17/06/02 新規作成

解説&攻略

V2ガンダムがアサルトパーツとバスターパーツを同時に装備した形態。略称はV2AB。
時限換装であるABでは足回りは他500一般(Zやν、キュベレイ他)と同等の速度・旋回を手に入れ、それらよりBD回数が増える。
EXVSシリーズのような時限強化で圧倒的な速度が手に入れられるという機体は今作には存在せず、特筆点は回数が増えることのみ。
覚醒と合わせれば全機体屈指の機動力で戦場を席巻する。

高威力強制ダウンのメイン・全ゲロビ中最強クラスのサブ・強誘導の射CS・拡散ビームの特格など、射撃武装は極めて強力なものばかりが揃う。
全面的に穴のない性能で高い制圧力を誇るが、ABで活動できる時間は短く、リロードし始めるまでのクールタイムが長い上にリロード自体遅いのが最大の欠点。
高コスト時限換装機体の中で最も回転率が悪い。
ABをフル活用するためにも、換装ゲージの残量やメイン・サブの弾数に気を配りながら、AB解除タイミングを見極めて回転率を上げていきたい。



射撃武器

【メイン射撃】メガ・ビーム・ライフル

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:5.0][補正率:-40%]
強制ダウンの太いBR。
MBONから弾数が2発も低下した上に、本作ではAのメインと弾数を共有しており、AB換装時に弾数は全回復するが、ABをパージするとAに弾数・リロード状況が引き継がれる。
ABでメインを使い過ぎると、パージ後のAの立ち回りに影響が出るので注意。

Aと同じ武器だが性能が上がっており、BR系では最高クラスの弾速・威力・誘導・ダウン値を誇る。
一撃で強制ダウンとはいえ流石に考えなしにばら撒くとすぐ弾切れする。ABを長期維持するつもりならば射撃CSをセカイン気味に混ぜよう。

覚醒中はダウン値が下がり強制ダウンが取れないが、かわり追撃が可能に。
直撃は近距離・壁際・高度のどれかが必要だが、ダウン追撃でも150は狙える。

【射撃CS】マイクロミサイルポッド

[チャージ時間:3秒][属性:実弾/爆風][ダウン][ダウン値:0.4(0.3/0.1)?*6][補正率:87%(-10%/-3%)]
基本的なことはV2バスターガンダムの同項目参照。
メインだけでは逃げる相手を追いきる前に弾を切らす事もあるため、牽制にこちらも織り交ぜたい。
引掛けたらメインやサブで追撃しよう。

【サブ射撃】一斉射撃

[撃ち切りリロード:8秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
右手メガビームライフル・左手ビームライフル・腰部ヴェスバー・背部メガビームキャノンによる一斉照射攻撃。
ビームはいずれも外側に角度をつけており、遠距離ほど末広がりになる。
使用する武器それぞれでダメージ設定が異なり、敵との位置関係によってダメージがブレやすい。

発生・銃口補正が非常に優れており、メイン同様に格闘距離で真価を発揮する。
同時ヒットの計算が過去作と異なるため、至近距離でフルヒットさせてもダメージが伸びにくくなっている。
高性能なゲロビには変わりないが、固執しすぎると取れた硬直を逃したり、無駄な硬直を晒してしまうことがあるため注意。
リロードに8秒かかる為、覚醒やメタスによる補充がなければ1回の換装中に2回撃つのが限度である。
この形態ではメインや特格を多用することもあって、2発目を回せない事もある。

【特殊射撃】ノーマル/アサルト/バスターに換装

[属性:換装]
基本的なことはV2ガンダム(ノーマル)の同項目参照。
ABの回転率を少しでも上げるため、カウントが余った状態ならすぐに解除する判断も必要。
また、強制解除時は足が止まるので、ゲージが残り僅かな場合は隙を見て手動解除を薦める。
ダウンで寝ている間でもゲージが0になると強制解除されるので、ゲージ次第では慌てて起きずに解除まで待った方が良いこともある。

【特殊格闘】スプレー・ビーム・ポッド

[常時リロード:6秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:1.0/1hit][補正率:-10%/1hit]
基本的なことはV2バスターガンダムの同項目参照。
バスターとは違い弾数が2発に増えており、弾数の状態も共有しない。
リロードはそこそこ良好で、コンボの〆で使う事で大きくダメージが向上する。とはいえこれを格闘コンボに使うなら派生で出したほうが安定する。

格闘

【通常格闘】光の翼

基本的なことはV2ガンダム(ノーマル)の同項目参照。
本機は高火力のメインがあるため、3段目を途中でキャンセルするか覚醒中ならここから追撃を取ってダメージを伸ばせる。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 光の翼 89(75%) 19(-5%)*5 1.5 0.3*5 ダウン
┗2段目 光の翼 158(55%) 20(-4%)*5 3.0 0.3*5 ダウン
 ┗3段目 光の翼 236(43%) 25(-2%)*6 5.1 0.35*6 (強制)回転ダウン

【前格闘】斬り上げ→回転薙ぎ払い

基本的なことはV2ガンダム(ノーマル)の同項目参照。
初段から特格派生で光の翼、1段目・2段目から射撃派生で足を止めてスプレー・ビーム・ポッドを発射。
射撃派生は視点変更なし。

MBS設置中に後格入力した場合はこの格闘に化ける。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り上げ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣特格派生 光の翼 130(55%) 19(-5%)*5 3.2 0.3*5 ダウン
┃┗2段目 光の翼 179(35%) 20(-4%)*5 4.7 0.3*5 ダウン
┃ ┗3段目 光の翼 188(33%) 25(-2%)*1 5.05 0.35*1 (強制)回転ダウン
┣射撃派生 スプレー・ビーム・ポッド 192(??%) (-%) 5↑ よろけ(強制ダウン)
┗2段目 回転薙ぎ払い 136(64%) 50(-8%)*2 2.7 0.5*2 ダウン
 ┗射撃派生 スプレー・ビーム・ポッド 220(%) (-%) 5↑ よろけ(強制ダウン)

【横格闘】突き→突き

基本的なことはV2ガンダム(ノーマル)の同項目参照。回り込みの良い主力。

ノーマル時と異なり、後格キャンセルが無い代わりに前格同様の射撃派生が使える。
普通に出し切るより射撃派生もしくは特格派生した方がダメージを伸ばせる。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き 60(79%) 21(-7%)x3 1.8 0.6*3 よろけ
┣特格派生 光の翼 130(54%) 19(-5%)*5 3.3 0.3*5 ダウン
┃┗2段目 光の翼 178(34%) 20(-4%)*5 4.8 0.3*5 ダウン
┃ ┗3段目 光の翼 187(32%) 25(-2%)*1 5.15 0.35*1 (強制)回転ダウン
┣射撃派生 スプレー・ビーム・ポッド 192(??%) (-%) よろけ(強制ダウン)
┗2段目 両手突き 138(63%) 26(-4%)x4 2.1 0.075*4 ダウン

【BD格闘】シールドアタック→唐竹割り→叩きつけ

ビット展開状態のMBSで突撃→サーベル縦斬り→サーベル叩きつけの3段格闘。3段目で視点変更。
ノーマルのBD格とは段違いの伸びの長さを持つ。MBSによる突撃中には射撃を防ぐ効果がある。
シールド移行タイプではないので爆風で捲られるほか、相手がキャンセルしないと照射ビームも防ぎ切れない場合が多い。

初段が高威力でダメージを伸ばし易いが、命中させるのは難しい。
その分リターンは大きく、初段→射撃派生だけでも格闘機じみたダメージが見込める。
可能であればAB形態中もっとも狙いたい格闘攻撃である。

MBS設置中は初段がビームサーベル突きになる。ダメージは変わらないが攻撃判定が大きく狭まり、バリア判定を失う。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 MBSアタック 104(80%) 22(-4%)*5 1.5 0.3*5 よろけ
┣特格派生 光の翼 159(55%) 19(-5%)*5 3.0 0.3*5 ダウン
┃┗2段目 光の翼 223(35%) 20(-4%)*5 4.5 0.3*5 ダウン
┃ ┗3段目 光の翼 241(31%) 25(-2%)*2 5.2 0.35*2 (強制)回転ダウン
┣射撃派生 スプレー・ビーム・ポッド 272(%) (-%) 5↑ よろけ(強制ダウン)
┗2段目 唐竹割り 156(65%) 65(-15%) 1.8 0.3 よろけ
 ┣特格派生 光の翼 211(40%) 19(-5%)*5 3.3 0.3*5 ダウン
 ┃┗2段目 光の翼 245(20%) 20(-4%)*5 4.8 0.3*5 ダウン
 ┃ ┗3段目 光の翼 250(18%) 25(-2%)*1 5.15 0.35*1 (強制)回転ダウン
 ┣射撃派生 スプレー・ビーム・ポッド 291(%) (-%) 5↑ よろけ(強制ダウン)
 ┗3段目 叩きつけ 206(53%) 20(-3%)*4 3.4 0.25*4 バウンドダウン

【後格闘】メガ・ビーム・シールド

[特殊リロード][属性:アシスト][弱スタン/よろけ][ダウン値:1][補正率:-10%]
基本的なことはV2アサルトガンダムの同項目参照。
アサルトとの違いは、メインからのキャンセルルートがある所。このため、射撃戦と自衛を同時にこなすことができる。
MBS設置後のメイン→後格(前格が出る)は相変わらず強力な迎撃手段。

覚醒技

光の翼(連続攻撃)

ノーマル形態と全く同じ。V2ガンダム(ノーマル)の同項目参照。AB形態でも伸びる距離や速度は変わらない。
最終段が多段ヒットなのもそのままで、コンボでの活用は難しい。
もちろん攻撃中もABゲージの消費は続くので、当てられる場面でも無闇に使うのは禁物。

一応B覚醒なら350近い数字を出せるコンボがある。

コンボ

(>はブーストステップ、≫はブーストダッシュ、 はブーストダイブ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
射撃始動
CS≫メイン 141~170 CSのヒット数でダメージ変動
N格始動
NN>メイン 224
NN≫BD格射 301? 当たり方によってダメージ前後
NN≫BD格N射 307? 当たり方によってダメージ前後
NNN(途中)>メイン 236~278 計算値。命中数管理がし辛く安定しない
前格始動
前N>メイン 213
前N>前N 215 基本。繋ぎは前ステ
前N>前射 257
前N≫BD格N射 296 繋ぎは斜め右ブースト。左の場合はカス当たりしやすい
横格始動
横>NNN 187 伸びない
横>前射 231
横>BD格N射 277
横>BD格NN>メイン 251
横N>メイン 214 繋ぎは前ステ
後格始動
後>メイン 138 MBS防御成功後、手早くダウンが取りたいなら
後>サブ 223
後>NNN 223
後≫BD格NN>メイン 263
後≫BD格N射 285
BD格始動
BD格≫NNN 241/290/251 覚醒時はN3段目がカス当たりする事がある
BD格≫BD格≫BD格射 337/355/341
BD格≫BD格NN>メイン 298
BD格N≫BD格NN>メイン 295
BD格N≫BD格N射 333/356/336 カス当たりの問題で未覚醒時の方がダメージが安定しやすい
BD格NN>メイン 270/310/276
BD格NN≫BD格>メイン 298
BD格NN≫BD格射 324/360/348 L覚醒時はタイミングが最適でないと射撃派生が射角限界に陥りカス当たりor完全にスカる。不安定のため非推奨
BD格NN≫BD格N射 344/351/350 未覚醒デスコン。カス当たりの問題で未覚醒時のほうがダメージが安定しやすい
BD格NN≫BD格NN 287/342/297
BD格NN≫BD格N>メイン 302/351/306
覚醒中 B/L
メイン≫メイン 208/200 やや条件がいるが一瞬でこの威力
NNN>メイン 343/301 覚醒時はフルヒットから安定して命中する
NNN>覚醒技 355/316 回転時点で343-351-353/296-303-310
BD格≫BD格≫BD格>覚醒技 353/313 射撃派生の方が高火力
BD格NN>覚醒技 351/302
BD格≫BD格≫BD格N射 362/330 AB覚醒時デスコン

戦術

時間制限があることを除けば、間違いなくゲーム内最強レベルの性能を持つ。
サブを命中させることも大事だが、相手からすれば最も受けたくない攻撃でもあるので、ロックを集めている状態で放つのは悪手。
基本的には移動撃ち可能なメインを当て、敵機を転ばせては次の標的へという単純な戦法でも構わない。
一度の換装中メインを2回ヒットさせることができれば、それだけでサブ直撃とそう変わらないダメージとなるので焦らない事。
また、片方を転ばせればサブやBD格を用いた高火力攻撃のチャンスも出てくる。

ABはダウンを取りやすい一方、時限故に「寝っぱ」には弱い。
この形態に慣れるまでは、メインを撃ち切ったり、サブを撃ったら即換装という感じで贅沢に扱うのも悪くない。
こまめに脱ぐ事で試合全体でのAB回転率は上がる。
もちろん覚醒と組み合わせ最後まで使い切って押し切るべき場面も必ず出てくる。

覚醒とABを合わせられない場合、できるだけABゲージリロード中に覚醒を行いたい。
クールタイムは短縮されないが、リロード時間は僅かながら短縮される。
B/L共通フル覚醒で約6秒、半覚醒で約3秒ほど早まる。

ABあってのV2なので、通常3形態で堅実に動き、このABで戦闘を優位に進めていきたい。
通常3形態は強みもあるとはいえ、500として見るとそれぞれ致命的な欠点を持つ。
ABを有効に回せないと500としての強みは発揮できない。
AB形態時にはスタンやダウン攻撃にも注意。動きが止まっている間にもゲージが消費されるのでその分損をしてしまう。
相手に上手く逃げられてしまったら潔く通常形態に戻り、次の機会を伺うのも一つの手である。

コメント欄

名前:
コメント: