チュートリアルが終わったら


チュートリアルが終わったらN選手9人とSRを覚醒させたSSR1人とともに放り出されたと思う。
それでは今後やっていくことを簡単に書いていくこととする。→参考までにこちらもどうぞ。リセマラランキング

プレゼントを受け取ろう

チュートリアルが終わってホーム画面になると左側にプレゼントというアイコンがある。
ピンク色の吹き出しに白文字で数字が書いていることだろう。
それがあればアイテムをもらえるということになる。
そこをタップして受け取るをタップするとアイテムがもらえる。

スカウトしよう

あなたは今10名のチームメイトとともにいると思う。
しかしながらオーダーは12名まで登録可能である。
よって、人数を水増しするべくスカウトが必要である。
恐らくプレゼントでナインスターやスカウト用チケットが受け取れるはずである。
よってそれらを使ってスカウトをすることが最初にやるべきことであろう。
そこで「いい選手が取れない」ということになればアンインストールすることも手段の一つである。
7/16以前はリセマラの残骸アカウントが大量に残される問題が発生していたが、現在は解消されている。
リセマラせずにとっとと始めてもいいし、好きなキャラ、強いキャラが出るまでリセマラしてもよい。

オーダーを組もう

スカウトすることによってチームメイトは30~40人ほどになったはずである。
なので、チーム強化からオーダー編成を行おう。
オーダーを決めるときは自動編成が手っ取り早い。
自動編成ではチーム評価か調子のどちらかを選んで編成しよう。
筆者が良く使うのはチーム評価であるのでその場合について記述する。
チーム評価をタップすると一応のオーダーができる。
この時重視するのは各キャラクターのアイコンの右下にある顔マークである。
これは各キャラクターの調子を示しており、紫色あるいは灰色の場合は調子が悪いので交代させた方が良いということになる。
同じポジションのキャラクターがいれば置き換えればよいが、スタート時点では十分に置き換えできない場合が多い。
そのため、チーム強化→選手一覧→任意のキャラクター→ステータスでそのキャラの主ポジション(◎)、得意なポジション(○)、できるポジション(△)を確認して編成しよう。
表記が(ー)のポジションにすると著しく能力が低下するので注意が必要である。
ベンチメンバーについては中継ぎ、抑え、控え野手がセオリーだが中継ぎ1人、控え野手2人の様に崩してもらっても構わない。
その辺りについては監督としての手腕に期待するものである。

デレ戦をしよう

オーダーを組んだら試合をしよう。
このときメインマッチとイベントマッチを選ぶことになると思うが、どちらを優先するか選択できる。
難易度は基本的にメインマッチの方が低く、イベントマッチの方が高い。
そのため、まずはメインマッチを進めて青春ptを貯めてランクを上げたり、報酬やドロップでのSR入手を狙おう。
ただしイベントマッチでも例外として「ベアマックスを大量獲得!」「毎日1回まで挑戦可能!」は難易度が低く、育成に有用なアイテムが手に入るため優先的に消化したい。
また、多くのイベントマッチは開催期間が決まっているので注意。
ひとまずは、後述するデレストをプレイするために青春ランクを12まで上げたいところ。

デレストをしよう

デレストはキャラクターにスキルを付けるイベントである。
1回に5~10分ほどかかるが、途中でトラブルが起こってもその時点から再開できる(はずである)。
デレストは複数用意されており、それぞれ推奨属性が決められている。
例えば「楽しさに潜むもの」では赤と黄色が推奨属性である。
推奨なので別の属性のキャラクターを使うこともできる。
他方、入手できるスキルについてはキャラクターごとに別物であるので,
各キャラクターが入手できるスキルについてはデレストのシナリオを選択した画面で「習得スキル確認」を選択しチェックするように。
デレストでは特訓と試合をしながらパワー、スピード、テクニックの三種についてポイントと絆を集めていき、各話の最後に終了か継続か問われ(第5話終了で強制終了)、
終了の場合はその時点のポイントおよび絆の数でスキルを習得する。(ポイントや絆のあまりは微々たるものだが部費に換算となる)
目標となる数値については前述した「習得スキル確認」で確認できるのでそれを見て誰にどのスキルを習得させるのか考えてデレストを行おう。
最初はスキル欄の穴埋めで適当にやってもいいですが、レアスキルになればなるほど狙って取得せざるをえないのでその辺りは計画を立てて行動しよう。
さて、デレストにおいては絆の獲得が主な課題である。(ポイントは重視しなくても自然と貯まっていくはず。)
絆の獲得に必要不可欠なのが参加するスタメンキャラクターの練習メニューの星と必要な星の把握である。
デレストのシナリオ選択をすると現時点のオーダー確認画面が出てくる。
このとき練習メニューと追加メニューのアイコンの中央上部に表示される星が鍵になってくる。
そしてデレストを開始する前にお助けキャラを12人のうちから1人選びスタートを押す。
現在はパン持ちやゼリー持ちのキャラクターを選ぶのが良いとされている。
デレストをスタートするとスターティングオーダーとお助けキャラの練習メニューと各シナリオの初期配布アイコンから5枚のアイコンが配布される。
まず絆を獲得するためには、赤:パワー、黄:スピード、緑:テクニック、紫:万能の4種の星を既定のターンに集める必要がある。
集めるべき星の数や既定のターンについてはこのWikiの デレスト攻略→特訓テーブル
で各種シナリオの必要な星の量と既定のターン、それを達成した際に受け取れる絆の数を確認できる。
画像では有原(パワー系)と直江(テクニック系)が出ているが、手持ちはスピード系のものしかない。
現状各ポイントが0なのでカードの追加ができないが、練習メニューの右にある「追加」ボタンでアイコンを1枚次に引くカードにすることができる。
そしてアイコンを選んでストーリーを進め星を集めていく。
このとき同じ色のアイコンであれば同時に使用可能であり、そして一部のカード(ゼリー、パン、グローブ、爆弾等)は特定の色のアイコンとセットで使うことができる。
画像はスピード系2枚以上と使う爆弾である。
アイコンを消費してそこに書かれた星の数を足していき基準以上になれば特訓モードに入ることができる。
特訓モードではその特訓を成功させるためのクリア目標とスターティングオーダーおよびお助けキャラの消費数値があり、各キャラの消費数値を足していき基準数値に達せれば特訓成功となり絆が獲得できる。
そうやって練習と特訓をやっていき、各話の終わりに止めるか続けるかを選択する。
選んだシナリオによって試合の数やタイミングは異なるが、試合時の調子は絆の数により決定される。
試合に勝つと絆が手に入る。
集めた絆をスキルに変換する。
シナリオの途中で手に入った宝箱と余ったポイントなどを精算してデレストを終了する。

才能開花をしよう

デレストで青いのや緑の、黄色いのを入手したが、これらは才能開花に必要なものである。
各キャラクターはいい才能と悪い才能を2つづつ持っているので、デレストで得たアイテムを使って悪い才能をいい才能へ、いい才能はよりいい才能へと変化させることができる。
才能開花から任意のキャラクターを選び、改善したい才能を選択し、悩みを解消するを押します。
このようにして悪い才能を良い才能に変えたりできる。