デレスト初心者のためのページ


ポチポチゲーの頂点として名を馳せているハチナイ。
だが、ポチポチだけじゃどうにもならない部分が一つある。
それがデレストである。
定期スレ内でも夜な夜な高学歴揃いと噂のJ民が頭を抱えている姿が見受けられる。
特に右も左もわからない初心者の中にはデレストの難易度に打ちのめされて引退した人も少なくないのではないだろうか。
彼らを救いたい!というわけで初心者にもわかりやすいようSS形式で画像を使いつつデレストの立ち回り方をまとめてみた。
(画像大きくて申し訳ない)

+オーダーの組み方
オーダーの組み方
彡(●)(●) 「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」
(´・ω・`)「やきうのお兄ちゃん、どうしたのそんなに大声出して」
彡(゚)(゚) 「オイ原ちゃん!勧められたハチナイやっとるんやけどな!とんでもないクソゲーやでこれ!」
彡(●)(●) 「特にこのデレストとかいうやつ!全然ピンク取れへんやんけ!こんなんキチゲ貯まる一方やわ!」
(´・ω・`)「難しいかなあ?お兄ちゃんちょっとオーダー見せてみてよ」
彡(゚)(゚) 「これや」



(´・ω・`)「うーん、属性がめちゃくちゃだね。まずは属性をそろえることから始めてみようか」
彡(゚)(゚) 「「調子」の自動編成で組んだんやけどなあ…属性やと?…これでええんか?」



(´・ω・`)「そう、そんな感じ。デレストは基本的に一番多くとらなくてはならない絆の証に色を合わせることが重要になるよ」
彡(゚)(゚) 「ほーん、これやと花の絆の証が狙えるっちゅーわけやな」
(´・ω・`)「でもお兄ちゃんの持ってる有原の「笑顔咲く」のように50-8の絆の証が必要なときはまた違ったオーダーの組み方が必要になってくるんだ」
彡(゚)(゚) 「どうしたらええんや?」
(´・ω・`)「説明するのは面倒だし僕の端末を使って実演してみようか」

…続く

まりやすが教える!デレストのコツ講座

デレストのコツその①
「習得に必要な絆の証が多い属性と同じ属性の初期カードでデッキの色を統一する(サポートも同様)」
デレストのコツその②
「カードは一度にできるだけ多く切る」
デレストのコツその③
デレストは運要素が強くあるので、試行錯誤しながら複数回での習得を目指してみる!
デレストのコツその④
本wikiの攻略ページを見て特訓の達成数値に気を付けながらやってみる!
デレストのコツその⑤
爆弾は早めに処理をする
デレストのコツその⑥
追加投入したアイテムはその場限りでは消えず、デッキに残るので慣れないうちは早めに投入する。慣れたらここぞという場面でも投入する。

+まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 その①昇龍の奥義編
まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 その①昇龍の奥義編
今回はN【9月23日生まれ】初瀬 麻里安 (三)を例にピンクスキル「昇龍の奥義」を習得したいと思います。習得可能なデレストは「楽しさに潜むもの」「キャプテン代理」の二つです。両方の「らいと版」でも習得可能ですが、らいと版だと試合に勝たないとソウルストーンをあまり獲得できないので、初心者の方は才能を開花(悩みを解消)させるのに向いていないかと思います。また、キャプテン代理はデレストに慣れないうちに試練のギミックはサクサククリアできないと思うので、今回は「楽しさに潜むもの」で挑戦します。

デレスト本編に行く前にオーダーを確認しましょう!
デレストのコツ①として「習得に必要な絆の証が多い属性と同じ属性の初期カードで色を統一する」というものがあります。今回取得する「昇龍の奥義」は「楽しさに潜むもの」だと必要な絆の証32-0-2が多いので、下記の通り花属性で統一します。
7~9番打者の初期練習メニューが★1のカードですね…できれば全員が1~6番打者のように★2以上になってから挑戦したいところですね!

ちなみにベンチメンバーは練習カードに全く関係ないので、好きな属性の選手で大丈夫です。

さらにサポートの方も花属性にしましょう!今回はとりあえずウェディング有原さんにしました。(一応やる気ドリルは使いましたが有原さんにした意味は大きくはないです…)

それではデレスト本編です!
いきなりですがデレストのコツその②です!
「カードは一度にできるだけ多く切る」

今回はオーダーの初期練習メニューとは別に加わる初期練習カード8枚が運良く花の★1でしたから今のところサクサク5枚同時に切れるはずです!

おっと爆弾が来てしまいましたね…デレストのコツ⑤爆弾は速やかに処理する。ええっとこの爆弾の解除条件は2枚以上と同時に実行することですか…

爆弾を放置するとデッキがシャッフルしたら復活しますし、ポイントは一気に減りますし良いことはありません。こういう時は思い切って「楽しさに潜むもの」の追加カードに必ずあるのカードを残り6ターンと残り5ターンの二回に分けて投入しましょう!

こんな感じで花属性のカードは一気にきれなくなることもありますがそんな時は4枚まとめて、蝶が2枚たまったらそのカードを切ってまた5枚一気に切るようにしましょう。

花2枚以上が条件の爆弾もさっさと処理してしまいましょう!

あとは花のカードをたくさん切って特訓を発動させるように心がけて進んでいきましょう!


おっと大会がはじまりましたね…!
今回は3話終わりの試合と4話終わりの試合の二つに勝つことが奥義習得の条件になります!5話の試合は負けても構いません。というか敗色濃厚です…
それでは勝負の4話です!いざ…!

なんとか勝てました…!

試合に勝つと絆の証と宝箱が確定でドロップします!なんと宝箱の中身はソウルストーン種×5、芽×10だそうです!

ほかにも1~3話の残り1ターンでランダムエピソードが発生することがあります。その時にソウルストーンや有能なアイテムを沢山ゲットできます!
今回は…なんと…

おまけ
+スコーンとは…?
スコーンとは…?
彡(゚)(゚)「(スコーン…?)」
彡(^)(^)「…!」
https://koikeya.co.jp/scorn_special/


それでは決勝です!強い相手でも最初から負けるつもりでやってはいけませんよね!


監督!やりました!

今回は決勝に勝てたこともあって結果としてこのような感じになりました

目的の「昇龍の奥義」だけではなく極意や心得も取っていきましょう!


今回はこんな感じで1回で習得することができましたが、オーダーの初期練習メニューとは別に加わる初期練習カード8枚が蝶属性だったらこのデッキでは習得はきっと難しかったと思います。他にも決勝で勝ててしまうこともあれば予選で負けてしまうことなど運要素が強くあるので、試行錯誤しながら複数回での習得を目指してくださいね!最後にはなりますがそれがデレストのコツその③です。

それではまたお会いしましょう!

+まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 その②好機活用の奥義編
まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 その②好機活用の奥義編
第二回目です!今回は今回はSR【足りない体力】天草 琴音 (一)を例にピンクスキル「好機活用の奥義」を習得したいと思います。好機活用の奥義を習得できるのは踏み出す勇気とキャプテン代理の二つですが、前回同様の理由でキャプテン代理を避けることにしますので今回は「踏み出す勇気」で挑戦します。

デレスト本編に行く前にオーダーを確認しましょう!
今回取得する「好機活用の奥義」は「踏み出す勇気」だと必要な絆の証46-0-0が多いですが、花属性で統一しませず、月属性7人花属性3人で挑戦します。前回デレストのコツとして「習得に必要な絆の証が多い属性と同じ属性の初期カードで色を統一する」と説明しましたが、実は「踏み出す勇気」「練習なくして」「シェイプアップ」の三つは例外になります。これら三つは主に月属性の特訓を達成することで各属性の絆の証を一定数獲得できます。「踏み出す勇気」の月属性の特訓で獲得できる絆の証は各属性で均等で、合計36個獲得できます。花の特訓もありそちらは恒常で花属性の絆の証が5つ獲得できます。3試合全勝でさらに各属性の絆の証5つ獲得でき、以上でちょうど花属性の絆の証が46個手に入ります。

今回は初期練習に★1のカードを入れる余裕はなかったです。

サポートは月属性7人花属性3人の宣言通り残りの花属性を入れます。

それではデレスト本編です!
基本デッキに特訓で使わないのカードが入ってきますね。できれば今回はの★1はメニュー刷新で取り除きたいですが、そのカードがないのであきらめます…またゼリーでごり押しもサポートの花属性ゼリーが一枚しかありません…
しかし、この「踏み出す勇気」は全体的に特訓発動要求★数が他のデレストに比べてとても低いです!月属性に染めて初めてデレストする人にも一番オススメです!

ですが、基本は前回と同じです。デレストのコツその②「カードは一度にできるだけ多く切る」を大切にしましょう。

またデレストのコツその④として攻略ページを中見て特訓の達成数値に気を付けながらやっていきましょう!今回だとこのページです


以上2つを踏まえるとまず残り8ターンで月3枚を切る(むみぃLv1→4.34ポイントゲージが貯まる。特訓発動まであと2.32ポイント)
残り7ターンでデッキの回りを考えて★2つでクリアできる花を3枚同時に切って九十九君の特訓を発動させる
さらに残り6ターンで月属性のカードを切ってむみぃLV1の特訓を発動させていきましょう!

デレストのコツ⑤爆弾は速やかに処理しましょう。処理していきましょう。

ランダム花属性たゆたゆが来てくれたのでせっかくなので達成しましょう!っと困りましたね…爆弾を処理して花のカードを切ったら残り1ターンしかありませんが次に来るカードではハセマリの特訓がクリアできそうにありません。

ですので★3のカードを追加して特訓をクリアしましょう!

デレストのコツ⑥カードの追加タイミングとしておすすめなのが①序盤②このままだと特訓を達成できなさそうな時の2つです。
序盤をおすすめするのはカードを追加しても一回で消える訳ではなく、そのままデッキ残り繰り返し登場してくれます。ですのでポイントが高い★3のカードや追加行動をもたらしてくれるパンやゼリーは早いうちに投入した方がお得なのです。

今回②このままだと特訓を達成できなさそうな時の追加カードとしては3話の特訓九十九君用にゼリーを追加しました。というのも各LVで★5を要求されますが、決して大きな数字ではありませんが「踏み出す勇気」は各属性すべてがデッキに入りどうしてもデッキの回りは良く無い中で★5×2は結構キツイです。ですのでここぞという3話の初めに花属性ゼリーを投入することにしました。

3話九十九君LV2も次のカードでは達成できないので追加★3でなんとかクリアできました。


こんな感じで3話まで特訓をきっちり回収していきましょう!(今回4話5話は月も花属性も特訓が無いので適当でいいです)

それでは5話の試合です!ランダムが一人出てくれたとはいえ、これに勝たないと花属性の絆が一つ足りません!

接戦でしたが何とか勝てました…!

これでなんとか今回もスキル習得ができました!

前回同様運要素が強いので1回での習得を目指さず試行錯誤して複数回でクリアするつもりで頑張ってくださいね!

+まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 その③それぞれが紡ぐ物語編
まりやすが教える!初心者向けピンクスキル習得講座 「それぞれが紡ぐ物語」編
今回はSR【下調べは入念に】初瀬 麻里安(三)を例にピンクスキル「それぞれが紡ぐ物語」を習得したいと思います。習得可能なデレストは「踏み出す勇気」と「シェイプアップ大作戦」の二つです。「シェイプアップ大作戦」はデレストの中でも一番慣れが必要です。一方「踏み出す勇気」の月特訓だけで習得できる今回のスキルはデレストに初めて取り組む方にも最適なデレストといえるでしょう。ですので今回は「踏み出す勇気」で挑戦します。

デレスト本編に行く前にオーダーを確認しましょう!
デレストの第一にして最大のコツとして「習得に必要な絆の証をもっとも得られる属性の初期カードで色を統一する」というものがあります。「踏み出す勇気」で「それぞれが紡ぐ物語」を習得するには絆の証が35-35-35必要になります。「踏み出す勇気」は月特訓をクリアすると全属性の絆の証が一定数獲得でき、月特訓だけで絆の証を36-36-36獲得できるので、今回はの属性で染めるようにします。

さて肝心のオーダーの方ですが6~9番打者の初期練習メニューが★1のカードですね…戦力的に5話の試合も勝利するという意味もあり、できれば全員が1~5番打者のように★2以上になってから挑戦したいところですね!

ちなみにベンチメンバーは練習カードに全く関係ないので、好きな属性の選手で大丈夫です。

さらにサポートの方も月属性にしましょう!今回はとりあえず初期★3をもっている正月野崎さんにしました。

サポーターは姉妹校・練習参加を結んでる高校さんがいるとその高校の指定キャラが固定で登場するようになるので、有能なサポーターを獲得する狙いという意味でも姉妹校制度は是非積極的に活用していきましょう!


それではデレスト本編です!
いきなりですがデレストのコツその②です!
「カードは一度にできるだけ多く切る」

こうすることで特訓に必要な★の数もポイントも多く稼げます。

おっと爆弾が来てしまいましたね…爆弾を放置するとデッキがシャッフルしたら復活しますし、ポイントは一気に減りますし良いことはありません。爆弾はさっさと処理してしまいましょう。

またできるだけ月属性★3のカードを早い話数で追加していくことで特訓を発動させやすいですし、邪魔な属性のカードの出現頻度を下げることもできます。

他にもこのデレストにはの★1という邪魔なカードが各属性一枚ずつあります。このカードがあると月のカードを多く切れないので、特訓のターンと発動に必要な数値に余裕があるときに処理してできるだけ一度に多くのカードを切るようにしましょう!


特訓のターンと発動に必要な数値の確認はこのwikiの「デレスト攻略」>「特訓テーブル」>「踏み出す勇気」を参考にしましょう

1話冒頭を例にしましたが2話以降も月のカードをたくさん切って特訓を発動させるように心がけて進んでいきましょう!


今回は月の特訓をすべてクリア+決勝に勝てたこともあって結果としてこのような感じになりました

目的の「それぞれが紡ぐ物語」だけではなく「それぞれの野球」も取っていきましょう!

今回はこんな感じで1回で習得することができましたが、カードの配布次第ではこのデッキで確実とは言えないと思います。デレストは運要素が強くあるので、試行錯誤しながら複数回での習得を目指してくださいね!最後にはなりますがそれがデレストのコツその3です。

それではまたお会いしましょう!

追記 デレストのコツその1で言ったようにデレストはオーダーが一番肝心です。
月のデレストが有能で入手が容易なイベントキャラを二人紹介します。
一人目は木曜日に入手できる【闘志の眼差し】野崎 夕姫 (一)(下の画像の3番打者)
二人目は金曜日に入手できる【絶対の自信】東雲 龍 (三)(下の画像の5番打者)

ゼリー使い方
追加投入したのち同じ属性のカード一枚と合わせて使います。ゼリーは残りターンを維持したまま、合わせて使ったカードの特訓上昇量を倍増させることができます。下の画像の例だと月ゼリーと月★3を使用すると2話残り11ターンのまま特訓上昇量は3の2倍の6上昇させることができます。

ノート使い方
追加投入したのち同じ属性のカードと合わせて使います。こちらは同じ属性なら複数枚同時に使用可能です。効果はゼリー同様使ったカードの特訓上昇量の合計を2倍できます。ただし、ゼリーとは違いターンは経過します。例えば月ノートと月★3を四枚同時に使用したら特訓上昇量は(3+3+3+3)×2の合計24上昇させることができます。

+ピンクスキルをとる~基礎編~
ピンクスキルをとる~基礎編~
(´・ω・`)「お兄ちゃん、飛躍のプロローグはやったかな?」
彡(゚)(゚) 「やったで。有原手に入れてバリバリスタメン張ってもらっとるわ」
(´・ω・`)「じゃあまずはこのイベ原のピンクスキル煌星の絆をとろうか。お兄ちゃんには今後【十人十色の流れ星】有原 翼 (遊)の取得・強化を目指してもらうことになるんだけど、煌星の絆はそのための中核となるスキルだから頑張って取得しようね」



(´・ω・`)「取得条件は踏み出す勇気で44-44-44だよ。(取得済みなのは許してよ)」
彡(゚)(゚) 「各色44個とらなあかんのか…しんどそうやな…」
(´・ω・`)「月系デレストは特訓をクリアすることで各色の絆が複数個手に入ることが多いから、見た目よりははるかに簡単だよ。踏み出す勇気に限らず他の月系デレストにも言えるから覚えておいてね」

(´・ω・`)「さて、オーダーを編成したよ。今回は曜日イベントで手に入るキャラを中心に編成したよ」

(´・ω・`)「踏み出す勇気はサポーターを含めて月5~6、花1~2、蝶1、風1~2で組むのがセオリーだよ。細かい数は手持ちに応じて調節してね」
彡(゚)(゚) 「ちょいちょいガチャ産の、それもSSRが入っとるやんけ!」
(´・ω・`)「数の都合上SSRを入れたけど、この辺はみんな初期練習メニューが★2のキャラで組んであるよ。別に初期★2を満たしてればなんでもいいから安心してね。あ、でもさすがに追加は★3がほしいかな」
彡(゚)(゚) 「232ってやつやな。それならワイにも組めそうやな!」

(´・ω・`)「それじゃあ始めようか。サポーターには【明日へと続く道】有原 翼 (遊)を選択するよ。花属性がこれしか出てなかったんだ…」

(´・ω・`)「あ、ちょっと待って」
彡(゚)(゚) 「なんじゃいこら」
(´・ω・`)「踏み出す勇気オール46(44)のポイントは出てきた特訓をすべてクリアすることと、そのためにカードを適切なタイミングで追加することだよ。覚えておいてね」
彡(゚)(゚) 「わかったで!ほな今度こそ始めようや!」


彡(゚)(゚) 「これは…」
(´・ω・`)「しょっぱい手札だね…踏み出す勇気のオール46では花は絶対に落とせないんだよね(今回のオール44なら1個くらいは平気だけど…)。今回は花が3枚目に見えてるから、これが★2であればなんとかなるかな」

(´・ω・`)「なんとか花★2を手元に呼び込めたね。爆弾処理ついでにこれで九十九くんをクリアするよ」
彡(゚)(゚) 「爆弾は積極的に消していった方がええんか?」
(´・ω・`)「デレストによりけりだね。今回の場合は無視してもそこまで痛手はないよ。手元で無理なく消せるのであれば消す、くらいの感じでいいかな。ただ爆弾は爆発させても山札に残ってまた現れるから、消せるときはちゃんと消してね」

(宇喜多と初瀬をクリアしつつ3ターン経過)
(´・ω・`)「お、ランダムで直江が来たね」
彡(゚)(゚) 「ランダムキャラなんておるんか…」
(´・ω・`)「踏み出す勇気では基本的にランダムを当てにしなくても攻略ができるから安心してよ。今回は取れたら後々が楽になる、来たらラッキーくらいの感じかな。手元の花2枚で攻略ができるからクリアしていくよ」

(´・ω・`)「そしてタイミング悪く山札がちょうど底に来ちゃったね。こうなると次のカードが見えないから厄介だよ」
彡(゚)(゚) 「残ってる初瀬をクリアできるか不安やな…」
(´・ω・`)「まあいいや。ターン数に余裕があるからとりあえず先に進めるよ」


彡(゚)(゚) 「…これは?」
(´・ω・`)「どうやら手札が悪かったみたいだね。仕方がないから月★3のメニューを追加するね。追加をするときはそのカードが使えるまでに1ターン消費することになる(パンやゼリーを使った場合は例外)点に注意してね」

(´・ω・`)「追加したメニューも使って最後の初瀬とにゃんぼをクリア、これで第1話が終わったよ」
彡(゚)(゚) 「ええ滑り出しやな!」
(´・ω・`)「そうだね。このまま気を緩めずに行こうか」


(´・ω・`)「さあ第2話を始めるよ。まずは第2話最初のポイント、5ターンで蝶★4を2回のここちゃんだけど…」
彡(゚)(゚) 「蝶が1枚も見えてないやんけ!」
(´・ω・`)「これは困ったね…とりあえず蝶練習を2ターン連続で追加するごり押しで行くよ」

(´・ω・`)「さて、なんとかここちゃん1回目はクリアしたけど…」

彡(゚)(゚) 「ひどい有様やな」
(´・ω・`)「ほんとにね。このままだと初瀬の消化も怪しいから、ここで早くも貴重なゼリーを投入するよ」

彡(゚)(゚) 「練習メニューを投入するんちゃうんか?」
(´・ω・`)「ゼリーはターンを消費せずにやる気を4とか6とか稼げる超有能アイテムだからね。ピンチの時はゼリー、だよお兄ちゃん」

(´・ω・`)「さて、なんとか初瀬Lv2をクリアしたけど…」

彡(゚)(゚) 「あっ…(察し)」
(´・ω・`)「仕方ないね。蝶と風については挽回するチャンスがあるからまだ諦めずに行くよ。あ、あと大事なことを言い忘れてたんだけど」
彡(゚)(゚) 「なんや?」
(´・ω・`)「踏み出す勇気で特訓の取捨選択が生じるときは月を最優先で残すようににしてね。要するに月は絶対に、1つとして落としちゃだめだよ。絆の証が全色もらえる上に数も多いからね」


(宇喜多と初瀬をクリアしつつ3ターン経過)
(´・ω・`)「さあ、第2話2か所目のポイント、残り5ターンで風★5を2回の月島が来たよ」
彡(゚)(゚) 「今回は練習メニューを追加すればいけそうやな」
(´・ω・`)「そうだね。ゼリーがあるから宇喜多のクリアも問題なさそうだね」
彡(゚)(゚) 「そういえば手札の風を切ってへんと思ってんや」
(´・ω・`)「うん、まさにこの状況は手札の風を流さずに置き続けていたおかげでもあるね。特訓テーブルを見ながら手札の管理をすることも攻略への近道だよ、お兄ちゃん」

(´・ω・`)「さあ、その後も練習メニューを追加しつつ宇喜多と月島をクリア、これで第2話が終わったよ」
彡(゚)(゚) 「ここちゃん…」
(´・ω・`)「まあ希望が潰えたわけじゃないから…それじゃあ第3話を始めるよ。第3話も開始早々難所があるから気を付けてね」


(´・ω・`)「第3話最初の難所は5ターンで花★5を2回の九十九くんなんだけど…」
彡(゚)(゚) 「おお、もう…」

(´・ω・`)「しょうがないからここも練習メニューの連続追加で乗り切るよ。あとはこの先の引きに祈るしかないね」


(初瀬をクリアしつつ4ターン経過)
彡(゚)(゚) 「またダメやったんか…」
(´・ω・`)「ほんと引きが悪いね。1話で直江が出てきてくれててよかったよ」

(´・ω・`)「ところでこの次のターンから第3話次のポイント、5ターンで風★5を2回のにゃんぼが来るよ。第2話のやつとキャラが違うだけだけどね」
彡(゚)(゚) 「ということはこの3枚ある風は切らない方がええんやな?」
(´・ω・`)「そのとおりだよお兄ちゃん。じゃあ適当に月を処理をして…」


(´・ω・`)「にゃんぼレベル1を一発クリアだよ」
彡(゚)(゚) 「はえーやるもんやな」
(´・ω・`)「どのキャラがいつ出てくるかを把握することはすべてのデレストにおいて重要だよ。まあ覚えてなくてもメニューから個別ページに行けば全部書いてあるから安心してね」


(にゃんぼLv1と宇喜多Lv2をクリアし3ターン経過)
(´・ω・`)「ゼリーが来てくれて助かったよ。これで追加のメニューも含めて宇喜多とにゃんぼを何とかクリアできそうだね」
彡(゚)(゚) 「結構危なかったんちゃうか…?」
(´・ω・`)「ちょっとね。まあどんなにいいデッキを組んでても引きに泣かされることもあるし、構造上運ゲーを強いられるデレストもある(下記参照)から、運がいいときはありがたくすがっていこうね」



(´・ω・`)「これで第3話が終わったよ。あとは試合に勝てばオール44は達成できるところまで来たね」

(´・ω・`)「これ以上長くなるのも気が引けるから省略するけど、第4話で蝶、第5話で風を2個ずつ取得できるチャンスがあるよ。運悪く取り損ねた絆があったらここで取り返してね。ちなみに今回は運よく2つとも取れたから(いらないけど)とってあるよ」


(´・ω・`)「というわけで見事オール44を達成したよ。いろいろあったけどなんだかんだ全部46個集まったね」
彡(゚)(゚) 「結構事故が多かったように見えるけど何とかなるもんやな」
(´・ω・`)「意外とね。今回は基本的なキャラのみを使って攻略したから結構タフだったけど、パンやゼリー持ちが増えていけばもっと楽に回せるようになるよ」
彡(゚)(゚) 「回せるようになれば楽しそうやな!他のもやってみたくなってきたで!」
(´・ω・`)「それじゃあ、この後はもっと難しいデレストの攻略法を紹介していくよ」

+ミナゲンキループについて
ミナゲンキループについて
(´・ω・`)「…と、その前に…」
彡(゚)(゚) 「なんやワイは気が短いんや、早よせんとバットでぶん殴るで」
(´・ω・`)「まあ待ってよお兄ちゃん。ミナゲンキループって知ってる?」
彡(゚)(゚) 「なんやそれ?ワイはTOEIC942点取ったことあるけど知らんわ」
(´・ω・`)「TOEICは5点刻みだよお兄ちゃん。…ミナゲンキループってのはデレストのテクニックの技術の一つだよ」
彡(゚)(゚) 「そのミナゲンキってのはなんなんや?」
(´・ω・`)「ミナゲンキってのはデレストの特殊メニューの一つ。使用することでターンを消費せずカードのリロードと山札をリセットできるよ」
彡(゚)(゚) 「?ようわからんな。それが強いんか?あとループってなんや」
(´・ω・`)「そこで登場するのがパンゼリーだよ」
彡(゚)(゚) 「まーたようわからん単語が出て来よった…それが強いんか?」
(´・ω・`)「うん、詳しい効果は攻略オススメキャラのページを見てね」
彡(゚)(゚) 「…このパンとゼリーをミナゲンキで使いまわすことでターンを消費せずにポイントややる気を稼ぐってテクニックか。ようやくつかめてきたで」
(´・ω・`)「2017/11/23現在ミナゲンキを所持しているのは【知識の源泉】鈴木 和香 (捕)【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)だよ。二人ともデレストの中核となるキャラだから必ず確保しておこうね」
彡(゚)(゚) 「ちょっと待ってや!【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)なんてSSRやんけ!そんなもん簡単に手に入るわけないやろ!」
(´・ω・`)「【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)は購買で買える無料配布キャラなんだよ、運の悪いお兄ちゃんでも安心だね」
彡(^)(^) 「安心やな!」
(´・ω・`)「(入手にはちょっと手間がかかるんだけど黙っておこう…)」
(´・ω・`)「じゃあミナゲンキループとデレストの実演も兼ねて僕の端末で実際にピンクスキルを取ってみようか」

…続く

+ピンクスキルを取る~運ゲー系デレスト~
ピンクスキルを取る~運ゲー系デレスト~
(´・ω・`)「今日実演に使うのはこれだよ」



彡(゚)(゚) 「SSRしのカスやんけ!どうしたんや?」
(´・ω・`)「昨日おはガチャで当てたんだ」
彡(゚)(゚) 「死ねばええのに」
(´・ω・`)「酷くない?…じゃあ、この努力の結晶を取ろうか」



彡(゚)(゚) 「このページでどこで取れるスキルなのか見られるんやな」
(´・ω・`)「便利な機能だから覚えておいてね。じゃあデレストを見に行こうか」



彡(゚)(゚) 「8-50か…あかん、めまいがしてきた」
(´・ω・`)「これ、かなり簡単なほうだよ?」
彡(●)(●) 「チッ」
(´・ω・`)「…じゃあオーダーを組もうか。お兄ちゃんは僕が最初に属性をそろえることが大事って言ったの覚えてる?」
彡(゚)(゚) 「覚えとるで、今回は風を中心に組めばええんやろ?でも50-8やと変わってくるって原ちゃん言っとったな」
(´・ω・`)「それではこちらを、ご覧ください」



彡(゚)(゚) 「花の選手が一人入っとるな」
(´・ω・`)「そう、50-8のときは8の属性の選手を一人入れるのがセオリーだよ」
彡(゚)(゚) 「はえー」
(´・ω・`)「あと、【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)があるのもわかるね?」
彡(^)(^) 「わかるで!ミナゲンキループの為やな!」
(´・ω・`)「そう笑。ちなみにこの編成はパンが4枚、ゼリーが2枚入ってるよ」
彡(゚)(゚) 「ほーん…守備位置が適性位置にいないのがいるのはええんか?」
(´・ω・`)「大体総合力が10000を超えると最終戦では負けなくなるからどうでもよくなるよ」
彡(゚)(゚) 「はえー」
(´・ω・`)「じゃあフレンドを借りて始めようか。今回は【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)を借りたよ」
彡(゚)(゚) 「なんでや?」
(´・ω・`)「風属性だから…かな。50-8程度なら正直フレンドはいなくても大丈夫だよ」
彡(●)(●)
(´・ω・`)「さて、さっそく手札の雲行きが怪しいよ」



彡(゚)(゚) 「怪しいんか?これ」
(´・ω・`)「清城は4ターン目に花のキャラが入ってくるからね。開幕から花が二枚もあるのはアンラッキーだよ」
(´・ω・`)「…さて、なんとか無事にしのくもと泉田を切り抜けたよ」



彡(゚)(゚) 「この岩城間に合わないんとちゃうか?」
(´・ω・`)「(蝶デッキだなこれ…)ゼリーを駆使すれば間に合うよ」
彡(゚)(゚) 「先にミナゲンキのほうがええんやないか?」
(´・ω・`)「ミナゲンキループするのであれば先にゼリーやパンこれは鉄則だよお兄ちゃん」
彡(゚)(゚) 「はえー」
(´・ω・`)「…さて1話が終わったよ。もう花の絆の証は十分とれたね。でもランダムの本庄が出なかったよ」
彡(゚)(゚) 「あかんのか?」
(´・ω・`)「清城高校にて絆の証50を取るにはランダムを二人引かなくちゃいけないんだ。運ゲーだよ」
彡(゚)(゚) 「はえー、雲行き怪しいな」
(´・ω・`)「…さあ、ついにミナゲンキを投入するよ。ゼリー2パン2が投入済みだ」



彡(゚)(゚) 「なんや原ちゃんテンション低いな、どうしたんや」
(´・ω・`)「ランダムの近藤がさぼったからすでに50の望みが絶たれたよ」
彡(゚)(゚) 「いかんでしょ」
(´・ω・`)「…さあ、2話が終わったよ」



彡(゚)(゚) 「なんや、まだ続行するんか?」
(´・ω・`)「才能開花に必要なソウルストーンが手に入るからね、一応最後までやるよ」
彡(゚)(゚) 「大事なものなんか?」
(´・ω・`)「とっても大事なものだよ!お兄ちゃんもよほどのことがない限りデレストをリタイアはしないほうがいいよ!」



(´・ω・`)「終わったね」
彡(゚)(゚) 「いろんな意味でな」
(´・ω・`)「しょうがないよお兄ちゃん。楽しさに潜むもの、激突!清城高校!!、踏み出す勇気は運ゲーなんだ」
彡(゚)(゚) 「絆の証50を取るのにランダムキャラが絡むっちゅーことやな」
(´・ω・`)「うん、そのかわり難易度自体は低めだから初心者でも簡単にとることができるよ」
彡(゚)(゚) 「なあ、ところで原ちゃんがあまりループしてるように見えなかったんやが」
(´・ω・`)「実を言うとね、激突!はループしづらいんだ」
彡(゚)(゚) 「は?」
(´・ω・`)「初期デッキの都合上三色デッキになっちゃうからね、上手く回らないのがほとんどだよ」
彡(゚)(゚) 「なんでそんなのを例にしたんや…ガイジかな?」
(´・ω・`)「まあ次は嫌でもループすることになるから許してよ」
彡(゚)(゚) 「次って何や?」
(´・ω・`)「試練系デレストだよ」
彡(゚)(゚) 「!?」

…続く

+ピンクスキルを取る~試練系デレスト~
試練系デレスト
彡(゚)(゚) 「試練系デレストって…あのっ!?」
(´・ω・`)「そう、多くのJガイジを苦しめた例のアレだよ」
彡(゚)(゚) 「んで、何を実演するんや?」
(´・ω・`)「そうだね、せっかくだし配布キャラ、【後悔の一球】倉敷 舞子 (投先)獅子の風格を取ろうか」
彡(゚)(゚) 「なんで【夕焼けに解ける気持ち】本庄 千景 (左)皆は一人の為ににしないんや?あれのほうが難しいやろ」
(´・ω・`)「うん…アレは僕でも安定はしないから…」



(´・ω・`)「じゃあ早速取ろうか、デレストは練習なくして勝利なし!?だよ」
彡(゚)(゚) 「絆の証は30-30-35やな。ほんまワイこれ嫌いやねん死ねばええのに」



(´・ω・`)「コツをつかめばいくらか楽になるんだよ。じゃあ、オーダーを組もうか」



彡(゚)(゚) 「…ガチすぎない?」
(´・ω・`)「ほんとはもうちょい楽に取れるんだけど確実にいきたいからね、本気でいくよ」
彡(゚)(゚) 「ちなみにこん中であったほうがええってのはおるか?」
(´・ω・`)「【夕焼けに解ける気持ち】本庄 千景 (左)【闘志の眼差し】野崎 夕姫 (一)【十人十色の流れ星】有原 翼 (遊)【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)はあったほうがいいよ。全部配布キャラだしね」
彡(゚)(゚) 「ほーん」
(´・ω・`)「ついでに言えば【溢れ出る興奮と熱意】椎名 ゆかり (捕)はあったほうがいいよ。【綿密な作戦】鈴木 和香 (捕)でもいいけどね」
(´・ω・`)「じゃあいこうか。サポーターには【快打の余韻】有原 翼 (遊)を選んだよ」
彡(゚)(゚) 「もっとマシなのはなかったんか…?」
(´・ω・`)「なかったよ。さっきのランダムといい、今日はついてないね」
(´・ω・`)「さあ、開幕だ。スタートダッシュは良好だね」
彡(゚)(゚) 「そうなんか?」
(´・ω・`)「練習なくしては妨害用に花と蝶の☆1が混じってるんだ。それが視界にいないだけでかなりラッキーだよ」
(´・ω・`)「まあ、2ターンしたら湧いたけどね」



(´・ω・`)「さて、ここからが腕の見せ所だね。まず「星に願いを」を追加するよ」
彡(゚)(゚) 「なんでや?」



(´・ω・`)「ほら、無事視界から花と蝶を消すことに成功したよ」
彡(゚)(゚) 「はえー、すっごい」



(´・ω・`)「さて、締まっていこうか。視界に花の☆1が見えるから早速「筋力メニュー改変」を入れるよ」



(´・ω・`)「上手く消せたね。次に蝶の☆1が見えるから「走力メニュー改変」を入れるよ」
彡(゚)(゚) 「これ次のターン消せなくなるやろ」
(´・ω・`)「うっかりしちゃった」



(´・ω・`)「まあ無事消せたから良しとしようね。次にパンを入れて中野君の特訓をクリアするよ」



(´・ω・`)「そしたらあとは椎名と特訓して1話は終わり!閉廷!」
彡(゚)(゚) 「まだミナゲンキはええんか?」
(´・ω・`)「これからだよ、ふふ」
(´・ω・`)「さあ!ここが第2ターニングポイント!」



(´・ω・`)「ハンゲツの試練を予測して事前に挿入しておくファインプレー!!FOOOOOOO!!!」
(´・ω・`)「ハンゲツは高確率で「三人以上の時~」だから三人特訓相手がいるときに挿入するのがいいよ」
彡(゚)(゚) 「まだミナゲンキはええんか?」
(´・ω・`)「そろそろだよお兄ちゃん。…よし、パンとゼリーを全部入れ終えたからミナゲンキを投入するよ!」



彡(゚)(゚) 「おお!!」
(´・ω・`)「あとは本能が叫ぶままにぐるぐるさせるだけ!どれだけ稼げるか様子を見ようか!」



(´・ω・`)「FOOOOOOOO!!!!イザヨイの試練気持ちいいいいいいいい!!!!!!」
彡(゚)(゚) 「ファッ!?予測して差し込んだんか?」
(´・ω・`)「そうだよ。イザヨイの試練は月×4を想定して差し込むべきなんだ」
彡(゚)(゚) 「はえー」



(´・ω・`)「ついでに残りターンが3ターン以下が条件確定のミカヅキもクリアしておこうか」
彡(゚)(゚) 「試練の中身をあらかじめ予測して動くことが大切なんやな…」



(´・ω・`)「2話終了時の絆の証の数だよ。かなり余裕があるのがわかるね」
彡(゚)(゚) 「ほんまやな」



(´・ω・`)「モチヅキの試練は残り山札依存の試練の可能性が高いよ。一番厄介な試練を想定しておくと楽でいいね」
彡(゚)(゚) 「はえー、にしても上手くいくもんやなあ」



(´・ω・`)「はい。3話終了時の獲得絆の証。もうすでに30-30-35は達成してるね」
彡(゚)(゚) 「ヒエッ…」
(´・ω・`)「でもソウルストーンが欲しいからもうちょっとだけ続くんじゃ」



(´・ω・`)「終わったねお兄ちゃん」
彡(゚)(゚) 「エラい稼いだなあ」
(´・ω・`)「ぴょん太焼きなしの数値だからね。ぴょん太焼きを使えば初心者でもどうにかなるんじゃないかな」
彡(゚)(゚) 「要は立ち回り次第ってことなんやな」
(´・ω・`)「さあ、試練デレストさえどうにかなれば怖いものなんて何もないはずでしょお兄ちゃん。僕と一緒にどんどん頭ハチナイになろうよ!」

(´・ω・`)「それからお兄ちゃん、朗報だよ」
彡(゚)(゚) 「なんやワレ」
(´・ω・`)「試練デレストの試練がある程度予測できることが判明したんだ
彡(^)(^) 「なんやてー!!」
(´・ω・`)「詳しくは「練習なくして」試練クリア条件予測方法のページを見てね、これで怖いものなしだよお兄ちゃん!」

…終