ネルソン|NELSON

不慮の事故で片腕を失った若き天才ボクサー。
しかし最先端ロボット工学によって生み出された義手の提供により、短期間で復活。
未だ病院で眠り続ける婚約者の回復を願い、世界の頂点を目指す。
CV:高梨謙吾

14からの完全新規キャラクターの一人。
必殺技が投げ技と無敵時間のある移動技の2つのみで、特殊技による多彩なコンビネーションを軸にして戦う風変わりなボクシングキャラクター。
必殺技は少ないものの、空振りでも派生できるコンビネーションで動作を補うことが可能で、それらを活用した独特な動きで相手を翻弄しながら懐に潜り込むことができる。
一度近寄ることさえできればコンビネーションの中・下段の揺さぶりや固め、コンボやセットプレイにより爆発的な攻撃力を発揮するロマン溢れるキャラクター。
また、渾身の拳が1ゲージ消費の超必殺技でありながら完全無敵がありかつガードされても隙が少ないという尖った性能を持ち、1ゲージでも抱えた状態を維持していれば相手の攻めに逆択のプレッシャーを与える事ができる。

飛び道具など遠距離戦に向いた技を持たないためとにかく近づくまでは厳しい戦いを強いられ、強力な牽制技や無敵技、1Fコマンド投げ等を持ったキャラクターを相手にどう攻めるかが大きな課題となる。
また、必殺技が2種類しかない関係でEX必殺技も少ないため、本作において重要なMAX発動の恩恵が少ないのもネック。

ゲージ使用(特に1ゲージ)コンボのダメージ効率が他キャラと比べて低いが、ノーゲージでも十分に強力なコンボや攻めができるので良くも悪くも先鋒に適したキャラクター。

ver1.03では各種通常、特殊攻撃、必殺技性能が上方修正
ver2.00から体力が1050に引き上げられ中ジャンプの移動距離短縮
通常攻撃、特殊技性能強化とともに必殺技の勝つための踏み込みから一部の特殊技へ派生移行可能になった。

コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合(左向き時は左右反転)
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ 顎を割る 近距離で
腹を砕く 近距離で
特殊技 A 脇をもらう
腹だ
首だ 始動A中段攻撃
B   えぐりとる (特殊技A中に)
まだだ (特殊技A中に)
上だ (特殊技A中に) 派生B中段攻撃
下だ (特殊技A中に) 派生B下段攻撃
C 終わりだ (特殊技B中に)
抉じ開ける (特殊技B中に) ガードクラッシュ発生。
寝てろ (特殊技B中に) 派生C中段攻撃
刈りとる (特殊技B中に) 派生C下段攻撃
ver2.00から飛び道具無敵追加
D 前へ (特殊技B中に)
後ろへ (特殊技B中に)
必殺技 勝つ為の踏み込み ver2.00から弱強版は特殊技Cに派生可能
EX版は特殊技Cに派生、必殺技などでキャンセル可、移動終わり際を特殊技Aで派生可能
倒れるまで打つ 近距離で
超必殺技 渾身の拳
見えない拳
CLIMAX超必殺技 勝利を掴む拳

+連続技

連続技

表記の意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 (密着で)各種弱攻撃ラッシュ(近弱P連打)
備考 ラッシュコンボ。
注意点としてネルソンのラッシュは必殺技部分が投げのため少しでも離れると投げが決まらないことがあるので始動する間合いには注意しよう。
2-1 しゃがみ弱Kしゃがみ弱P腹だ倒れるまで打つ
2-2 近立ち強P(2)または近立ち強K(2)脇をもらう倒れるまで打つ
備考 2-1:近距離で
2-2:近立ち(2)または近立ち(2)近距離で
特殊技とコマンド投げを絡めたコンボ。
2-1は下段始動、2-2は強攻撃始動。
一見難しそうだが「倒れるまで打つ」は急いで入力しなくても繋がるので正確に。

3 ジャンプ弱K近立ち強P(1)しゃがみ弱Kしゃがみ弱P腹だえぐりとるまだだ終わりだ
備考 ジャンプ【近立ち(1)】または【
特殊技コンボその1。ヒット距離によっては弱攻撃から「腹だ」が当たらない場合がある。ジャンプ弱K深当てからだと始動をしやすい。
ダメージは下がるが「えぐりとる」を省くと全特殊技が当たりやすくなる。
各特殊技は最速入力でないと繋がりにくいが、先行入力自体は早めでも繋がるので焦らず一つ一つ入力しよう。
4 ジャンプ弱K【近立ち強P(1)】または【しゃがみ弱Kしゃがみ弱P】腹だまだだ前へ終わりだ
備考 ジャンプ【近立ち(1)】または【(位置が入れ替わる)
特殊技コンボその2。こちらもヒット距離によっては弱攻撃から「腹だ」が当たらない場合がある。ジャンプ弱K深当てからだと始動をしやすい。
「まだだ」の部分までは繋ぎやすいが、浮かせた後「前へ」で移動し位置が入れ替わるので「終わりだ」の入力は逆になる点に十分注意しよう。
5 ジャンプ弱K【近立ち強P(1)】または【しゃがみ弱Kしゃがみ弱P】腹だまだだ前へまだだ前へ終わりだ
備考 ジャンプ【近立ち(1)】または【(位置が入れ替わる)(位置が入れ替わる)
特殊技コンボその3。特殊技コンボその2の発展版で位置の入れ替わりが2回ある点に注意
1回目の入れ替わり後の「まだだ」は引きつけないと当たらないので遅めに入力すること。
コンボの最後である「終わりだ」は始動した際の同じ向きに戻るので入力は始動した時の方向になる。

6 ジャンプ弱K【近立ち強P(1)】または【しゃがみ弱Kしゃがみ弱P】腹だまだだ前へまだだ前へ渾身の拳(CC)勝利を掴む拳
備考 ジャンプ【近立ち(1)】または【(位置が入れ替わる)(位置が入れ替わる)
超必殺技コンボ。特殊技コンボその3の最後を超必殺技に。
超必殺技の渾身の拳は遅いと当たらないが、2回目の「前へ」の終わりまでに入力を完成させればよいので「前へ」のタイミングに慣れつつ渾身の拳を正確に入力しよう。

その他の連続技(自由記述欄)

1
備考

発動コンボ



+基本戦術

基本戦術


  • 遠距離戦

  • 中距離戦

  • 近距離戦

難敵対策



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P
弱K
強P
強K
屈弱P
屈弱K
屈強P
屈強K
J弱P
J弱K
J強P
J強K
吹っ飛ばし
J吹っ飛ばし
通常投げ

特殊技

Ca 解説
A 脇をもらう 少し前進してからフックを叩き込む攻撃。発生がやや遅く踏み込み部分で潰されやすくはあるが、離れた間合いで当てやすく強攻撃から繋ぎやすい。
硬直がややあるためガードされた際は特殊技Bに繋げて隙を軽減しよう。
ver1.03からダメージ増加。
腹だ その場でボディーブローを叩き込む攻撃。発生が早く隙が少ないが、判定がやや狭く強攻撃などで離れた場合スカることがあるので間合いには気を付けよう。
ver2.00から攻撃判定が拡大。
首だ 上からパンチを振り下ろす中段攻撃。発生が遅いため見切られやすいが下段攻撃やコマンド投げで揺さぶったり、起き上がりなどに使うと崩しに機能しやすい。
ガードされた場合こちらがわずかに有利。
B   えぐりとる 発生の早いフックによる派生攻撃。発生が早いため繋ぎやすい。
ガードされた際不利硬直が大きいので違う特殊技B、CまたはDなどで揺さぶったり隙を軽減しよう。
ver2.00から攻撃判定が拡大。
まだだ アッパーカットによる派生攻撃。ヒット時浮きやられが発生し追撃可能。横の判定はやや狭く対空としては狙って使えるものではないが、発生がそこそこ早く上方向の判定がややあるため空中相手に引っかけられなくもない。
ガードされた際の不利硬直があるので違う特殊技B、CまたはDなどで揺さぶったり隙を軽減しよう。
上だ 踏み込んで上からパンチを振り下ろす中段派生攻撃。「首だ」のモーションと似てて発生の遅さが同じ。違う特殊技B、またはCなどで再度揺さぶりが可能なので崩しとしては強いがガードされた際の硬直は大きいので注意しよう。
下だ 屈んだ状態で足を刈りとるようなフックを行う下段派生攻撃。発生は「まだだ」と同じくらいではあるが地上やられになり成功時のリターンは大きく崩しとして機能しやすい。
ただしガードされた際の硬直は大きいので注意。
ver2.00から攻撃判定が拡大。
C 終わりだ 振り下ろしパンチ→打ち上げアッパーの2ヒット派生攻撃。
繋ぎやすく強制ダウンを奪えるため〆に使え、ダメージが高いのでノーゲージコンボに重宝する。
画面端で「まだだ」で打ち上げた後に「終わりだ」をヒットさせると早い攻撃で追撃可能になる。
ただし隙は大きいのでコンボ以外で使用するのは控えよう。
ver1.03からダメージ、スタン値、ガードクラッシュ値を増加。
抉じ開ける 義手を高速回転させコークスクリューブローを叩き込む派生攻撃。ガードクラッシュ効果があり追撃可能になる。
ver1.03から発生が早くなり全体硬直が短縮されたものの、ver2.00から再び攻撃発生が遅くなり、地上ヒットさせると相手のほうが先に動け発生の早い攻撃で反撃をもらう場合がある。
なのでガードクラッシュ狙いの特殊技と思ってもらいたい。
ver2.00から攻撃判定を拡大、ガードクラッシュ成立時の全体硬直時間を短縮。
寝てろ 少し飛び上がり上からパンチを叩き込む中段派生攻撃。発生が遅くモーションが大きいため見切られやすいが、大きく移動するため緊急回避などを狩れないこともない。
ガード時の不利硬直がややあるので注意。ヒット時強制ダウン。
ver1.03からダメージ、ガードクラッシュ値を増加。
ver2.00からやられ判定が縮小。
刈りとる 翻りながら前進ししゃがみながらフックで転ばせる下段派生攻撃。こちらも発生が遅くモーションが大きいため見切られやすいが、大きく移動するため緊急回避などを狩れないこともない。
こちらは受身可能でガード時の不利硬直が大きいので注意。
ver1.03からダメージ、ガードクラッシュ値を増加。
ver2.00からやられ判定が縮小、球に対する無敵時間を追加。
D 前へ 特殊技Bから派生可能な前方移動技。無敵時間などはないが相手をすり抜けることが可能で主にコンボ伸ばしと揺さぶりに活用する。
後ろへ 特殊技Bから派生可能な短いバックステップ。こちらは特殊技けん制での間合い調整や特殊技Bをガードされた時の隙軽減などで使用する。


+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
勝つ為の踏み込み 姿勢を低くしつつ前方へ移動する技。弱版は移動距離は短い。
移動中は姿勢が低くなるので一部高い打点の攻撃をかわすことが可能。
なお移動中~終わり際の硬直は超必殺技でスーパーキャンセル可能。
ver2.00から特殊技Cへ派生可能になった。
こちらは移動距離が長くなる。後述のバージョンアップにより無敵時間が付き立ち回りに使いやすくなった。
ver1.03から出かかりから移動途中まで打撃無敵時間を追加、特殊技へキャンセル可能な入力受付開始時間が速くなった。
ver2.00から特殊技Cへ派生可能。
EX - 移動距離が弱版と強版の中間くらいで発生が早く硬直も短くなり移動中全身無敵がつく。
ただしEX技の性質上超必殺技でのキャンセルが利かないため硬直などをキャンセルできない点に注意。
ver1.03から無敵時間増加。
ver2.00から移動中無敵時間追加、必殺技などでキャンセル可能に、特殊技Cへ派生可能に、動作の終わりに際に特殊技Aへ派生可能に。
倒れるまで打つ - 相手を掴みボディーブローの連打をたたき込む強制ダウンのコマンド投げ。コマンド投げとしては発生がやや遅く投げ範囲がやや狭いのが欠点だがガードする相手を崩すのに重宝する。
EX - こちら投げ発生直前まで全身無敵が付き、投げ範囲が少し広くなり連打数が増えダメージが上昇する。投げ後の硬直もやや短くなり相手画面端であれば弱攻撃で追撃可能。
ver2.00から無敵時間追加。
渾身の拳 ボディーブローによる重い一撃を繰り出す攻撃。
地上でヒットすると膝崩れやられ発生、空中でヒットすると相手を大きく浮かし状況次第で追撃可能に。
攻撃判定は狭く発生はやや遅いが出かかり~攻撃発生直後まで無敵があり、対空で使用する場合はやや引き付けてからだと機能しやすいが攻撃持続が短いため相打ちになりやすい。
ガードされてもわずか程度の不利で反撃を受けにくい。ただし空振ると隙は大きいので注意。
MAX ボディーブローヒット後壁叩きつけ効果のある振りかぶりパンチが追加される。発生が早くなりダメージが上昇する。
当たり方によっては振りかぶりパンチヒット後画面端で追撃可能。
ガードされてもこちらがわずかに有利になる。
見えない拳 名の通り眼では見えないほどの高速パンチを連射する。
攻撃判定が近立ち弱Pくらい狭く、判定内に入るとヒットし地上ヒットで膝崩れやられ、空中ヒットで追撃可能なきりもみやられになる。
発生はやや遅めで無敵時間などはなくガードされた際の硬直が大きいので注意しよう。
MAX 発生が大幅に早くなり攻撃判定が増加。ヒット数が上昇しダメージも大幅に上昇。攻撃発生直後まで無敵時間あり。
ガード時の不利硬直も大幅に減り早い攻撃でなければ反撃を受けにくくなる。
CLI 勝利を掴む拳 - - 突進技でヒットすると演出移行し大ダメージの連続打撃を与える。
発生が早くver2.00から駆け出した直後まで無敵時間追加されたがダメージが減少。
ガードされた際の不利硬直はものすごく大きいが、密着~2歩下がりくらいの近いガードの場合相手をすり抜ける効果があるため位置や状況によっては相手の反撃を受けにくくなる。


+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
近弱P 25 30 4 -2
近弱K 30 30 5 0
近強P 80 60 5 -5
近強K 80 70 6 1
遠弱P 25 30 6 -1
遠弱K 30 30 6 2
遠強P 70 70 9 -3
遠強K 80 70 11 -5
屈弱P 25 30 4 -1
屈弱K 30 30 5 -2
屈強P 70 70 6 -10
屈強K 80 70 7 -10
J弱P 45 30 4
J弱K 90 60 5
J強P 70 70 9
J強K 70 70 8
ふっとばし 75 100 15 -4
Jふっとばし 90 80 13

必殺技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
F F


  • ボクシング -- 名無しさん (2018-03-13 10:19:33)
名前:
コメント: