ラモン | RAMON

「最強の人類」と称されるルチャ・ドール(メキシカン・プロレスラー)の実力者。
いつも陽気でフランクな性格。格闘家としては小柄だが、トリッキーな身のこなしと華麗な投げ技で相手を翻弄する。
CV:勝沼紀義

打撃と投げの接近メインキャラで、地上強攻撃が大振りなものが多く空中殺法や前後に駆けずり回ったりと癖はあるがトリッキーな動きで翻弄できる。
2ゲージ発動コンボの火力が非常に高く、機動力と火力を併せ持つ。特に引き起こし絡みのコンボが強力。
コマンド投げ「タイガーネックチャンスリー」は発生は若干遅いものの発生まで全身無敵なので、攻めだけでなく切り返し手段にもなる。

ver1.03から不具合部分修正と一部攻撃調整。
ver2.00から体力が標準値の1000、一部の通常攻撃が強化され強ローリングソバットが中段判定になり、タイガーロードと派生技の全体性能が強化。
ver3.00から着地硬直時間を短く、着地時のやられ判定を変更。
一部の通常攻撃、必殺技の性能強化と弱版フェイントステップのヒット挙動と各種タイガーネックチャンスリー成立時の全体硬直を短く、サマーソルト成立時受身不能により起き攻め性能が大幅に強化。

コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合(左向き時は左右反転)
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
を押したらすぐに
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ アームホイップ 近距離で
フライングメイヤー 近距離で
特殊技 三角とび 空中画面端付近で
低空ドロップキック 下段攻撃、キャンセル版は上段判定
ヘッドバット 中段攻撃、キャンセル版は上段判定+引き起こし不可
  引き起こし 単発版からのみ (ヘッドバット中に) キャンセル版ヘッドバットヒット時は発生不可
必殺技 タイガーネックチャンスリー 近距離で
ローリングソバット EX版はヒット時膝崩れやられ発生
ver2.00から強版は中段判定
  フライングボディアタック (ローリングソバット中に) EXローリングソバットからは派生不可
  引き起こし (フライングボディアタック中に)
サマーソルト で停止
ver3.00からヒット時強制ダウンに変更
タイガーロード 壁に到達すると中段攻撃発生
  フェイントダッシュ (タイガーロード中に)
フェイントジャンプ (タイガーロード中に)
クロスチョップ (タイガーロード中に) ver2.00からEX版は飛び道具無敵追加
フォースオブウィル (タイガーロード中に) 上段投げ、空中相手投げ可
EXタイガーロードからの場合しゃがみ相手も投げ可能の中段投げ
  引き起こし (フォースオブウィル中に)
バードオブパラダイス 中段攻撃
ダウン中の相手にも当たるがその場合引き起こし不可
  引き起こし (バードオブパラダイス中に)
フェイントステップ ボタン押しっぱなしでステップ維持
弱版はボタンを離すとドロップキック攻撃発生+カウンターヒット時壁叩きつけ発生
ver3.00から弱版は通常ヒット時強制ダウンに変更
超必殺技 タイガースピン 近距離で
エル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド 通常版は最終段AC、CC不可
MAX版は最終段とその手前CC不可
CLIMAX超必殺技 ハイパーソニック・ラモン 移動投げ

+連続技

連続技

表記の意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 1:J強P近強P低空ドロップキック弱ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし
2:J強P近強P低空ドロップキック弱ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(SC)タイガースピン
備考 1-1:ダメージ299
1-2:ダメージ415、パワーゲージ1本使用。
めくり判定が強く表裏択に使えるJ強Pからのコンボ。
ガードされていた場合は、低空ドロップキックを強フェイントステップでキャンセルする。
J強Pの後を近強Kにすればダメージが10アップするが、発生が近強Pより若干遅く、J強Pが高めに当たったときに連続ヒットしないことが多い。
2 屈強P低空ドロップキック弱フェイントステップ
備考 ダメージ184
牽制技として使い勝手のいい屈強Pからのコンボ。ver3.00から弱フェイントステップヒット時受身不能やられになったおかげで起き攻めも行いやすくなった。
ガードされていた場合は、弱ではなく強フェイントステップでキャンセルする。

その他の連続技(自由記述欄)

1 地上ふっとばし強フェイントステップ屈強P低空ドロップキック弱ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(SC)タイガースピン
備考 画面端限定、ふっとばし地上ヒット始動コンボ。
強フェイントステップで隙を軽減すると、屈強Pが地上喰らいになる壁ダウン前半に間に合わせられる。

2 屈弱K屈弱Pタイガーネックチャンスリー
備考 ver1.03から立ち弱パンチ、屈み弱パンチへキャンセル可能なった下段攻撃コンボ。
屈弱攻撃のキャンセル受付は短くタイガーネックチャンスリーを入力するのがシビア。
コツとしては屈弱Pボタンを押して攻撃が発生する直前にを入力しをしっかり経由することを意識して入力すると成功しやすい。
貴重な下段崩しでもありver3.00からタイガーネックチャンスリー成立時の全体硬直が短くなったため起き攻めがも行いやすくなったのできるだけ物にしておきたいコンボ。

発動コンボ

1 J強P近強P低空ドロップキックMAXゲージ発動近強K低空ドロップキックEXローリングソバット強ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(AC)MAXエル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド(ダウン追撃)バードオブパラダイス)
備考 ダメージ622(バードオブパラダイス追撃込み630)、パワーゲージ2本使用、MAXゲージ1250(中堅)以上。
ダウン追撃のバードオブパラダイスは画面端限定。
めくり判定が強く表裏択に使えるJ強Pからの発動コンボ。
J強Pの後を近強Kにすればダメージが10アップするが、発生が近強Pより若干遅く、J強Pが高めに当たったときに連続ヒットしないことが多い。
なお、ローリングソバットをヘッドバットに換えれば先鋒(MAXゲージ1000)でも使えるコンボになる(その場合、発動時間ギリギリだが)。
2 低空ドロップキックMAXゲージ発動近強K低空ドロップキックEXローリングソバット強ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(AC)MAXエル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド(ダウン追撃)バードオブパラダイス)
備考 ダメージ550(バードオブパラダイス追撃込み562)、パワーゲージ2本使用、MAXゲージ1250以上。
ダウン追撃のバードオブパラダイスは画面端限定。
低空ドロップキックぶっぱなしからの発動コンボ。
低空ドロップキックは、単発で出した時はフェイントステップ等の必殺技でのフォローができないものの、下段判定かつ開幕距離でも届くほどの長いリーチを持つ。
ヒット確認は困難なのでMAXゲージ発動を入れ込むことになる。ガードされていた場合は近強K低空ドロップキック強フェイントステップでフォローし、その後はEXローリングソバットやEXサマーソルト等でお茶を濁す。
3 屈強P低空ドロップキックMAXゲージ発動近強K低空ドロップキックEXローリングソバット強ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(AC)MAXエル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド(ダウン追撃)バードオブパラダイス)
備考 ダメージ577(バードオブパラダイス追撃込み587)、パワーゲージ2本使用、MAXゲージ1250以上。
ダウン追撃のバードオブパラダイスは画面端限定。
牽制技として使い勝手のいい屈強Pからの発動コンボ。
ガードされていた場合は、低空ドロップキックを強フェイントステップでキャンセルする。
4 屈弱K屈弱P遠立ち弱Pまたは遠立ち弱KMAXゲージ発動近強K低空ドロップキックEXローリングソバット強ローリングソバットフライングボディアタック引き起こし(AC)MAXエル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド(ダウン追撃)バードオブパラダイス)
備考 下段攻撃からの発動コンボ。
慣れない内はやや難しいが発動後は強攻撃は十分間に合うので落ち着いてコンボを入力すること。


+基本戦術

基本戦術


  • 遠距離戦

  • 中距離戦

  • 近距離戦

難敵対策



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 〇:各種必殺技、特殊技などでキャンセル可 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P 掌底攻撃。攻撃持続時間はやや短いが発生が早い。ボタン連打でラッシュに移行する。
ガードされてこちらがわずかに有利。
軽い振り下ろしチョップ。発生は早くリーチが長く攻撃持続時間がやや長いためけん制に機能する。
ver3.00から全体硬直時間を短く変更されガードされてこちらがわずかに有利。
弱K ローキックで下段判定。
攻撃持続時間はやや短いが発生が早く下段判定なので崩しに機能する。
ただしガード時の不利硬直が長めなので注意。
軽いミドルキック。発生が早くリーチがそこそこ長く攻撃持続時間が長めなのでけん制に機能する。
ガード時の不利硬直がやや大きいので先端で当てるようにしよう。
強P 縦に跳ね上がるようなショルダータックル。
発生が早くコンボパーツに使いやすい。
ガード時の不利硬直がややあるが離れるため反撃は受けない。
振りかぶって振り下ろしエルボー。発生が早く攻撃持続時間が長めで踏み込むためリーチが長いのでけん制に機能する。
ガード時の不利硬直はややあるが離れるため反撃は受けない。
強K 後ろ蹴り。発生は近立ち強Pよりわずかに遅いがダメージが若干高い。
ガード時の不利硬直は大きいが離れるため反撃は受けにくい。
一歩前進してからのハイキック。
発生は遅く攻撃持続時間がやや短いがリーチが長く、前進を利用して置き対空とけん制に機能する。
ver2.00から攻撃判定を拡大されたものの、体の大きいキャラ以外のしゃがみには当たらないので注意。
ガード時の不利硬直はややあるが離れるため反撃は受けない。
屈弱P 〇/連 屈み掌底攻撃、目押し気味な連打可能。
リーチと攻撃持続は短いが発生が早く屈弱Kからの下段コンボパーツに機能する。
ver3.00から全体硬直時間が短く変更されガードされてこちらが有利。
屈弱K 屈みローキックで下段判定。リーチと攻撃持続は短いが発生が早く下段崩しに機能する。
ただしガード時の不利硬直がややあるためver1.03から立ち弱パンチ、屈み弱パンチへキャンセル可能なったことを利用して隙消しすること。
屈強P 屈んだ状態で少し前進しながらの大振りなパンチ。
発生が遅く攻撃持続時間が短いが前進するためリーチが長く置きけん制などに機能する。
ガード時の不利硬直が無く五分だが先述にあるように遅く大振りなためスカった際の隙が大きい点に注意。
屈強K 少し前進してからの足払いで下段判定+ダウン、空振りキャンセル可能。
こちらも発生が遅いが前進し足払いのリーチが長いためけん制と揺さぶりに機能する。
ガード時の不利硬直がややあるが離れるため反撃は受けない。
ver2.00から攻撃判定を拡大。
J弱P 空中で斜め下方向への振り下ろしチョップ。リーチは短いが発生が早く攻撃持続がそこそこ長い。
空対空に機能する。
J弱K 空中膝蹴り。リーチは短いが発生が早く攻撃持続が長めでめくりが可能。
空対空と入り込みに機能する。
J強P ボディープレス。発生は遅めだが攻撃持続が長くめくりが可能。
入り込みと崩しに重宝する。
J強K 斜め下方向へ踏みつけキック。発生はJ強Pよりわずかに早く横判定は短いが下判定が長いので入り込みに機能する。
吹っ飛ばし その場でドロップキック。発生が遅いがリーチが長く飛んだ部分が空中判定になり一部の下段攻撃をかわすことが可能。
ヒット、ガード時のみキャンセル可能。
J吹っ飛ばし 空中延髄蹴り。発生がやや遅めだが攻撃持続がそこそこの長さで真横方向にリーチが長い
空対空や入り込みに機能する。
通常投げ P版は相手を脇に抱きかかえて回転をかけて地面に叩き付ける、受け身不能。
K版は相手の頭部を掴んで反対側に四方投げ、受け身不能。
ver3.00からK版は全体硬直時間が短く変更。

特殊技

Ca 解説
三角飛び 空中で画面端を蹴って飛ぶ移動技。画面端に追い詰められた際の逃げやジャンプ攻撃のタイミングずらし機能する。
ver1.03から飛距離・滞空時間を変更。
ヘッドバッド 少し踏み込んで頭突きを振り下ろす打撃攻撃。単発版は中段判定でキャンセル版は上段判定。
攻撃持続がとても短くどちらも発生が遅いものの強攻撃から繋げることが可能で、ヒット時は強制ダウンでキャンセル発動が可能。
単発版のみヒット時後述の引き起こしが可能、単発版、キャンセル版ともにガージの不利硬直がややあるが離れるため反撃は受けない。
ver3.00から単発版、キャンセル版共に攻撃発生時間を早く、全体硬直時間を短く変更。
┗引き起こし 単発版からのみ 単発版ヘッドバッドでダウンした相手を引き起こしてパンチ。
単発版ヘッドバットから超必殺技へつなげることができる。
低空ドロップキック 足元へドロップキック。単発版は下段判定でキャンセル版は上段判定。
攻撃持続が短く、発生は遅いが強攻撃から繋がるのでコンボパーツに機能する。
単発版もリーチが長いので下段崩しに一応機能するがどちらもガード時の不利硬直は大きいので必殺技でキャンセルし隙消しする事。



+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
タイガーネックチャンスリー - 相手の首を腕に巻き付け勢いよく仰け反り地面に叩きつけるコマンド投げ。
発生は通常の弱攻撃と同じくらいでコマンド投げとしてはやや遅いものの投げ発生まで全身打撃無敵で割り込みと崩し性能として強くダメージが高い。
ver3.00から成立時の全体硬直時間を短く変更。
EX 発生が1Fと早くなりダメージが上昇。ただし全身無敵時間が投げ発生と同時なので一瞬と短くなる。
ver1.03から空振り時の全体硬直時間増加。
ver3.00から成立時の全体硬直時間を短く変更。
ローリングソバット - 少し浮きあがってから回し蹴りを行う打撃攻撃で一部の下段攻撃をかわすことが可能。弱版は発生がそこそこの早さで蹴り足の膝までやられ判定あり。ガード時の不利硬直はあるものの離れるため反撃は受けにくい。
強攻撃から繋がりヒットすると後方に吹き飛び地上、空中ヒット問わず後述のフライングボディアタックで追加攻撃可能。
こちらは一歩前進してから回し蹴り、蹴り足の足首までやられ判定がある。ver2.00から発生が遅くなりガード時の不利硬直がかなり大きくなるが、その代わりダメージが上昇しver2.00から中段判定に。
EX - 発生が弱版よりわずかに早くなり弱攻撃から繋げ可能に。
蹴り足にやられ判定がなくなり、ガード時の不利硬直がわずか程度になる。地上ヒットすると膝崩れが発生し追撃可能になる。
EX版自体はダメージはやや低くフライングボディアタックの追加攻撃ができなくなるが、膝崩れ時に通常版ローリングソバットで追撃すればフライングボディアタックに繋げることが可能。
┗フライングボディアタック - 通常版ローリングソバットでダウンした後ラモンが相手めがけて体ごと覆いかぶさる追加攻撃。
ローリングソバットをヒットさせた際の連続技となりさらに後述の引き起こしで追加攻撃可能。
 ┗引き起こし フライングボディアタック後相手を立たせエルボー攻撃を行う追加攻撃。ヒット後は接近状態で仕切り直しになる。
超必殺技でスーパーキャンセル可能でローリングソバットを使ったコンボパーツの主力となる。
サマーソルト - 前方へ駆け出し相手に接触すると体に乗り顔面にサマーソルトキックを行う移動投げ。
駆けだす際一旦踏ん張ってから駆け出すのでやや見切られやすいが駆け出しモーションが通常ダッシュと同じなのでジャンプの着地時や技の終わりに出すと効果的。
ダッシュ中に同時押しで急停止可能。
ver3.00から成立時に受身がとれないように変更。
EX こちらは発生が早くなり駆け出すスピードが上がりダメージが若干上昇する。スピードが早いため通常版より意表を突きやすく相手の行動の出かかりを潰しやすくなる。
ver3.00から成立時に受身がとれないように変更。
タイガーロード - 後方へ駆け出す移動技。ダッシュ中に後述のフェイントダッシュで急停止可能。
壁に到達すると壁に駆け上がりさまざま派生攻撃を行うことが可能。
壁到達時ボタンなどを何も押さないとそのまま降下し中段判定で強制ダウンのヘッドバッドを行う。
ver2.00から移動速度上昇。
EX - こちらは発生が早くなり駆け出す直前に全身無敵が一瞬付き速度スピードが上昇し派生攻撃もEX性能になる。同じくダッシュ中に後述のフェイントダッシュで急停止可能。
ver2.00から画面端はりつき時に、弾に対する無敵時間を追加、ヘッドバッド時の挙動を変更により相手の位置サーチ+ダメージ値を増加+ガードクラッシュ値を増加。
┣フェイントダッシュ 弱P+弱K - タイガーロードの後方ダッシュを急停止させる行動技。距離調整や隙消しに機能する。
┣フェイントジャンプ - タイガーロードの後方ダッシュ中に前方へ宙返りする派生移動技。ジャンプ攻撃などは出せないものの使い方次第ではフェイントに機能する。
EX版は発生から宙返り頂点部分まで無敵あり。
┣クロスチョップ - 壁到達後、前方にクロスチョップによる突進攻撃を行う派生打撃技。
移動距離が大きく比較的地上相手に当てやすいが攻撃判定はやや狭く突進中は無防備状態。
ガード時の不利硬直はわずかにあるが着地硬直がないため、めりこみガードでなければ反撃を受けにくい。
EX版はダメージが上昇し、ver2.00から弾に対する無敵時間を追加、突進移動距離を増加。
┗フォースオブウィル - クロスチョップと同じように飛び出すがこちらは地上立ち状態、空中相手を捕え強制叩きつけダウンの投げを行う派生投げ技。
着地硬直があり投げ成功の条件が厳しく突進中は無防備なので使い方が難しいものの引き起こしまで繋げられダメージが高い。
タイガーロード派生技で唯一(引き起こしを介して)超必殺技まで繋げられる技でもある。
EX版はダメージが上昇ししゃがみ相手も捕えることが可能になり崩し性能が上昇する。
ver3.00から投げ間合いを拡大、やられ判定を縮小。
 ┗引き起こし 先述にあるローリングソバットの引き起こしを参照。
バードオブパラダイス 弱P・強P - 前方へ背面宙返りをし、降下しながら膝蹴りを叩き込む中段攻撃。
着地する直前部分で膝蹴りの攻撃判定が発生するため攻撃発生が遅いが、中段判定かつ位置次第ではめくり当てになり崩しに機能する。
ヒットすると強制ダウンになり引き起こしで追撃可能。ダウン追撃要素もあるがダウンヒットの場合引き起こしは不可。
特殊な入力を行うため弱Pが出てしまうことが難点だがジャンプの着地や技の終わりなどに入力を行うとすぐに出すことができる。
着地硬直が長いため外したりガードされた際は反撃注意。
ver1.03からヒットさせて、相手をスタン状態にすることができなかった不具合を修正。
┗引き起こし 先述にあるローリングソバットの引き起こしを参照。ただしバードオブパラダイスがダウンヒット時からの場合発生不可。
フェイントステップ - ボタン押しっぱなしで前後早歩きを繰り返し行い、弱版はボタンを離すとドロップキックを行う打撃攻撃。
出始めは後ろに早歩きを開始し任意でボタンを離すとドロップキックを行えるが、最大までボタンを押しっぱなしにすると6回目の前移動後自動的にドロップキックを行う。
ガードされても反撃は受けない、がしゃがまれると当たらないので注意ver3.00から軌道を変更されしゃがみヒットするようになり、かつヒット時の相手の挙動を変更され強制ダウンに。
カウンターヒット時は壁叩きつけやられ発生。
前後早歩きのみを行う移動技になる。ボタンを離すと急停止モーションを取る。こちらも出始めは後ろに早歩きを開始し任意でボタンを離すと急停止を行えるが、最大までボタンを押しっぱなしにすると6回目の前移動後自動的に急停止する。
ドロップキックを行う弱版や通常攻撃などをヒット、空振りキャンセルで隙消しや揺さぶりとして機能する。
タイガースピン - 1Fコマンド投げで回転を大きく加えたアームホイップを決める。投げ範囲はタイガーネックチャンスリーよりわずかに広い。
無敵時間はないが割り込みと崩しに機能する。
ver3.00からラッシュ版が特定の条件で成立した場合、正常に動作しなかった不具合を修正。
MAX こちらはタイガーネックチャンスリーを2回決めてから回転を大きく加えたアームホイップを決める。
ダメージが上昇し、投げ範囲がかなり広くなる。
ver3.00から特定の条件で成立した場合、正常に動作しなかった不具合を修正。
エル・ディアブロ・アマリロ・ラモン・ボランド タイガーロードのように後方に駆け出し壁に到達すると暗転し、クロスチョップで突進しヒットすると乱舞攻撃を行う。
後方ダッシュ時は無敵時間はないが壁に到達し暗転~攻撃判定発生直後まで無敵時間があり、画面端背負いの場合クロスチョップの発生がその分早くなる。
ガードされると不利硬直はあるが早い攻撃でなければ反撃は受けづらい。
MAX こちらは後方ダッシュに弾に対する無敵時間が付き、ダッシュ発生時から暗転するため時間が止まり乱舞攻撃のヒット数が増えダメージが上昇する。
攻撃判定発生直後までの無敵時間は同じだがガード時の不利硬直が通常版よりわずかに増えてるので注意。
CLI ハイパーソニック・ラモン - - 前方へ駆け出す移動投げで相手を捕らえると壁向かって投げ、同時に前方へ駆け出し相手の顔面を掴み地面にたたきつけ大ダメージを与える。
発生はそこそこの早さだがダッシュし始め部分に無敵時間があるので割り込みに機能する。
ver3.00から無敵時間をさらに増加。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
近弱P 25 30 5 1
近弱K 30 30 4 -6
近強P 70 70 7 -5
近強K 80 70 8 -8
遠弱P 25 30 5 -1
遠弱K 30 30 6 -5
遠強P 70 70 8 -5
遠強K 80 70 14 -4
屈弱P 25 30 5 -2
屈弱K 30 30 4 -3
屈強P 70 70 11 0
屈強K 80 70 12 -4
J弱P 45 30 6
J弱K 45 30 5
J強P 70 70 10
J強K 70 70 9
ふっとばし 75 100 16 -11
Jふっとばし 90 80 9

必殺技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
F F