チョイ・ボンゲ | CHOI BOUNGE

昼は精肉屋、夜は切り裂き魔として世間を騒がせた凶悪犯。
鉄爪を武器に小柄な体格を活かした俊敏な攻撃が特徴。
運悪くキムを襲ってしまい返り討ちに合う。キムの元を離れ、ザナドゥに付き従っている。
CV:前塚あつし



小柄なため攻撃のリーチは全体的に短いがやられ判定が小さく小回りが利く。
突進必殺技の「飛翔空裂斬」と「旋風飛猿刺突」で空中移動し、空中を高く飛べるジャンプと必殺技の「強襲刺突」によるちょこまかと動き回る戦法で相手を翻弄することが可能。
通常火力は平均的だがEX必殺技の「EX旋風飛猿刺突」のダメージが非常に高いため発動による爆発力がある。

+ver1.03~3.00調整解説
リーチはそのままだがver1.03から各攻撃性能が大幅に強化。
ver2.00から体力が950に引き下げられリーチは相変わらず短いものの若干攻撃判定が拡大しやられ判定が縮小したためさらに攻撃性能が強化。
ver3.00から一部の通常攻撃の攻撃判定拡大、EX強襲刺突の発生を早く強化、各種超必殺技の無敵時間を増加。

ver3.10から体力が950に据え置き
ジャンプ強Pの性能が若干低下、EX竜巻疾風斬のダメージが若干低下したものの垂直方向に飛びあがるようになり当てやすく変更


コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合(左向き時は左右反転)
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ 邪道蹴り 近距離で
頭乗刺し 近距離で
特殊技 骸突き
禿鷹蹴り 空中で 上段攻撃
前ジャンプ強Pヒット時、または下降時にキチンと方向に入れないと発生不可
三角とび 空中画面端付近で
必殺技 竜巻疾風斬 溜め
飛翔空裂斬・前 溜め
  飛翔空裂斬 (飛翔空裂斬・前中に) 画面端付近で 飛翔空裂斬・前中にボタン押しっぱなしで自動発生
  刺突分岐 (飛翔空裂斬中に) レバーいずれかの方向 EX飛翔空裂斬・前からは発生不可
飛翔空裂斬・後 溜め
  飛翔空裂斬 (飛翔空裂斬・後中に) 画面端付近で 飛翔空裂斬・後中にボタン押しっぱなしで自動発生
  刺突分岐 (飛翔空裂斬中に) レバーいずれかの方向 EX飛翔空裂斬・後からは発生不可
旋風飛猿刺突 溜め EX版のみ刺突分岐不可
  刺突分岐 (旋風飛猿刺突中に) レバーいずれかの方向 ボタン押しっぱなしで自動発生
EX旋風飛猿刺突からは発生不可
強襲刺突 EX版は相手位置サーチ+地上やられ発生
超必殺技 真!超絶竜巻真空斬 レバーで左右移動可能
疾走狂人斬 最終段AC、CC不可
CLIMAX超必殺技 真!超絶旋風飛猿刺突

+連続技

連続技

表記の意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 ジャンプ攻撃または屈弱攻撃ラッシュ(近立ち弱P連打)
備考 基本コンボその1。ラッシュのコンボは間合いが離れるとラッシュにならないので繋げる場合間合いには注意。
2-1 屈弱K屈弱P強竜巻疾風斬
2-2 屈強P強竜巻疾風斬
備考 基本コンボその2。
2-1は下段始動コンボ。屈弱Kを当てる位置が遠いと次の屈弱Pが繋がらない場合があるので間合いには注意しよう
2-2は強攻撃からのコンボでダメージが高い。
どちらもパワーゲージがあれば強竜巻疾風斬(2)SC各種超必殺技でダメージアップ可能。
3 各種強襲刺突強竜巻疾風斬または疾走狂人斬または真!超絶旋風飛猿刺突
備考 強襲刺突ヒット時からのコンボ。
強襲刺突ヒット位置によっては裏になったりすることもあるので相手の吹き飛び方には注意しよう。
パワーゲージがある場合は疾走狂人斬または真!超絶旋風飛猿刺突でダメージアップ可能。
4 前方ジャンプ強P(1~3)禿鷹蹴り~
備考 ジャンプ攻撃からのコンボ。ダメージ自体は低いが難易度が低く、
ジャンプ強Pをめくりヒットさせても禿鷹蹴りで正面着地できたりするので固めや状況作りに使える。
ただし禿鷹蹴りは発生する高さが決まっておりジャンプ強Pヒットが低くすぎたり、しっかりに入れなかったりすると禿鷹蹴りが発生しない点に注意。
ver2.00から禿鷹蹴りヒット時の着地硬直時間が短縮されたことにより着地後は屈弱Kなど早い攻撃を繋げることが可能になった。

その他の連続技(自由記述欄)

1 屈弱K屈弱P遠立ち弱P疾風狂人斬(疾風狂人斬の最終段手前でCC)真!超絶旋風飛猿刺突
備考 ver1.03から可能になったコンボで超必殺技コンボその1。
遠立ち弱Pを当てる際コマンドを作りつつ弱Pボタンを押さなければならないがコマンドとボタン優先順位システムの関係上、特殊技であるの骸突きとかぶって暴発してしまう。
なので屈弱P後と入力したら一瞬レバーを離して遠立ち弱Pボタンを押し、残りのを入力すれば骸突きが暴発せず成功する。
なお今作ではレバーを一瞬離しても以前に入力したコマンドの認識はしばらく残るおかげでこのやり方が成立するので慣れれば簡単になる。
2 近立ち強Pまたは近立ち強Kまたは屈強P骸突き疾風狂人斬(疾風狂人斬の最終段手前でCC)真!超絶旋風飛猿刺突
備考 超必殺技コンボその2。
屈強Pの場合先端ヒットすぎると骸突きが届かないこともあるので間合いには注意しよう。
3 屈弱K屈弱P強竜巻疾風斬(2)(SC)真!超絶竜巻真空斬(ディレイCC)真!超絶旋風飛猿刺突
備考 超必殺技コンボその3でダメージは高いが高難易度。
タメコマンドの竜巻疾風斬から長いコマンドの真!超絶竜巻真空斬を間に合わせなければならないが普通に入力しては本来は不可能。
なのでその1に記述されたコマンド認識が残る要素とコマンド経由を利用し、まず竜巻疾風斬をまたは方向でタメつつ屈弱K→屈弱Pヒット後とコマンドを経由しながら強竜巻疾風斬を入力する。
そしてすばやく残りのコマンドを入力すれば真!超絶竜巻真空斬コマンドが成立し間に合う。
慣れるまでがとても難しいが竜巻疾風斬をこの入力で出すことに慣れてしまえば超必殺技の真!超絶竜巻真空斬も成功しやすくなる。
ゆっくりめでも強竜巻疾風斬のヒットが意外に間に合うので急がず正確にコマンドを入力しよう。

発動コンボ

1-1 屈弱KQM屈強PEX旋風飛猿刺突EX疾風竜巻斬
1-2 近立ち強Por近立ち強Kor屈強PQM屈強PEX旋風飛猿刺突EX疾風竜巻斬
備考 発動コンボその1。1-1は下段始動コンボ。1-2は強攻撃からのコンボでダメージが高い。
EX技のみのコンボではあるが非常に簡単でダメージも高め。
なおパワーゲージに余裕があればEX旋風飛猿刺突後に超必殺技の「真!超絶竜巻真空斬」やCLIMAX超必殺技の「真!超絶旋風飛猿刺突」で追撃しダメージアップ可能。

2-1 屈弱KQM近立ち強P骸突きEX旋風飛猿刺突EX旋風飛猿刺突強疾風竜巻斬
2-2 近立ち強Por近立ち強Kor屈強P骸突きQM近立ち強P骸突きEX旋風飛猿刺突EX旋風飛猿刺突強疾風竜巻斬
備考 発動コンボその2。2-1は下段始動コンボ。2-2は強攻撃からのコンボでダメージが高い。
QM後の近立ち強P~骸突きからEX旋風飛猿刺突を入力するのにコツが必要。
まずQM後近立ち強Pボタンを押したらすぐに骸突きを入力し素早くEX旋風飛猿刺突の溜めコマンドを行うこと。
先行入力を活用すれば近立ち強Pが当たり始めくらいからでも骸突き自体はその後発生するので骸突きが出る前から溜めコマンドを行うことが可能。
MAXゲージのみのコンボではあるがどちらも非常にダメージが高い。パワーゲージがあれば最後の強竜巻疾風斬を行わず超必殺技の「真!超絶竜巻真空斬」やCLIMAX超必殺技の「真!超絶旋風飛猿刺突」に変えてさらにダメージアップ可能。



+基本戦術

基本戦術


  • 遠距離戦

  • 中距離戦

  • 近距離戦

難敵対策



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 〇:各種必殺技、特殊技などでキャンセル可 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P 腕を振り下ろし軽い切り裂き攻撃を行う。発生が早くガード時の不利硬直はわずか程度。
ボタン連打でラッシュに移行。
ver3.10から立ち弱パンチ、屈み弱パンチへキャンセル可能に変更、ラッシュ版竜巻疾風斬の5・7ヒット目の攻撃判定を拡大。
爪で真横に突き攻撃。リーチは比較的長いためけん制に機能する。
ver1.03から攻撃判定を拡大、超必殺技などでキャンセル可能に変更。
ver2.00から全体硬直時間を短く、攻撃判定を拡大されたためガード時こちらがわずかに有利に変更。
弱K 軽い膝蹴り。発生は近立ち弱Pよりわずかに遅いがガードされてこちらが有利。
真横蹴り。発生は遠立ち弱Pよりわずかに遅く、遠距離攻撃ではあるがリーチはかなり短い。
ガード時こちらがわずかに有利。
強P 上方向へ爪を突き上げる攻撃。
横の判定は短いが発生が早く攻撃持続時間が近立ち強Kよりわずかに長い。
ガード時の不利硬直がやや大きいが離れるため反撃は受けない。
ver1.03から攻撃判定を拡大。
爪を大きく真横に振り下ろす切り裂き攻撃。リーチはそこそこ長いが発生は遅め。
ガード時の不利硬直は大きいが離れるため反撃は受けにくい。
ver2.00から攻撃判定を拡大。
ver3.00からさらに攻撃判定を拡大、やられ判定を拡大。
強K 重めの膝蹴り。発生と判定は近立ち強Pと同じだがダメージが高く、攻撃持続時間がわずかに短い。
ガード時の不利硬直はわずか程度。
ver1.03から必殺技などでキャンセル可能に変更。
後ろ蹴り。こちらも遠立ち強Pと同じようにリーチがそこそこあり、発生が遅いものの遠立ち強Pよりわずかに発生が早くガード時の不利硬直がわずかに少なめ。
屈弱P ○/連 爪を振り上げ軽い切り裂き攻撃を行う。
全体的にリーチが短いが発生が早く連打と必殺技キャンセルが利く。
屈弱Kから繋がるので下段コンボのパーツなどに機能する。
ガード時こちらが大きく有利。
ver1.03から攻撃判定を拡大。
ver3.10から立ち弱パンチ、屈み弱パンチへキャンセル可能に変更。
屈弱K すり足蹴りで下段判定。屈弱Pよりわずかに発生が遅くなるが早い攻撃で横方向のリーチがやや長い。
発生時やられ判定が少なくなるので一部の攻撃をかわすことが可能。
ガード時こちらがわずかに有利。
ver3.10から胴体部のやられ判定を下方向に縮小。
屈強P 爪によるリーチの長い突き攻撃。発生はやや遅めだがチョイの攻撃の中ではリーチが長い攻撃。
ガード時の不利硬直はややあり。
ver1.03から攻撃判定を拡大。
ver2.00からさらに攻撃判定を拡大。
屈強K 足払いで下段判定+ダウンを奪える。チョイの攻撃の中ではリーチがあるほうだが屈強Pよりは短い。
ガード時の不利硬直はわずか程度。
J弱P 空中で爪による真横に突き攻撃。リーチは短いが発生が早いので空対空に機能する。
ver2.00から攻撃判定を拡大。
J弱K 空中で斜め下方向へ両膝蹴り。こちらも全体的にリーチが短く膝辺りしか攻撃判定が無いが、発生が早く攻撃持続時間が長い。
めくり可能なので空対空と入り込みに機能する。
垂直J強P 空中で爪による真横に切り裂き攻撃を行う。
発生がやや遅いが横方向のリーチが長いので早めの空対空に機能する。
ver2.00から攻撃判定を拡大。
J強P ○/○/○ 下方向に切り裂き攻撃をおこないつつ前転を行う。
発生が早く3段攻撃の特性上攻撃持続時間が長い。
全体的にリーチは短いものの前から斜め下方向に流れるように攻撃判定が発生し、3段目がめくり可能なので入り込みや崩しに使いやすい。
ver2.00から攻撃判定を拡大。
ver3.10から攻撃発生時間を1F遅く、下方向の攻撃判定を縮小。
J強K 空中で真横蹴り。発生は前ジャンプ強Pよりわずかに遅いが横の攻撃判定は比較的長い。空対空に。
吹っ飛ばし 後ろ向きになってから両足で後ろ蹴り攻撃を行う。
発生はかなり遅いが出てしまえばリーチがそこそこ長い。
ガード時の不利硬直はわずか程度。
J吹っ飛ばし 斜め下方向へドロップキック。発生はJ強Kと同じくらいで横と斜め下方向にリーチが比較的長い。
入り込みと空対空に。
ver2.00から攻撃持続時間を長く変更。
通常投げ P版は相手に飛びついてドロップキック、受け身可能。
K版は相手の後頭部にしがみつき爪でめった刺しにしてから反対側に蹴り飛ばす攻撃を行う、受け身不能。

特殊技

Ca 解説
禿鷹蹴り 空中で一旦停止したあとに斜め下方向へ踏みつけ攻撃を行いながら地面に急降下する。
ジャンプ下降部分から発生可能でキャンセルのかかるジャンプ攻撃から繋げ可能。
ver1.03から着地硬直時間が減少、攻撃判定が拡大。
ver2.00からヒット時の着地硬直時間を短く変更されたため打点低めにヒット後屈弱Kなど繋げが可能に。
骸突き 両手を合わせながら爪による真横に突き攻撃。単発版、キャンセル版ともに出は遅めだがキャンセル版は強攻撃から繋がるのでコンボパーツに機能する。
リーチは長く単発版は攻撃持続時間が長いため出てしまえば判定は強いので置きけん制に使えなくもない。
ただしどちらもガード時の不利硬直が大きい点に注意。
ver1.03から攻撃判定を拡大。
ver2.00からスタン値を増加、ガードクラッシュ値を増加。
三角飛び 空中で画面端を蹴って飛ぶ移動技。画面端に追い詰められた際の逃げやジャンプ攻撃のタイミングずらし機能する。
ver1.03から飛距離・滞空時間を変更。


+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
竜巻疾風斬 爪を前に出したままプロペラのように真上に回転し切り裂く対空技。発生が早く回転するため後方にも攻撃判定がある。
弱版は上昇高度が少なく隙は比較的少ないが無敵時間がない。
ver2.00からやられ判定縮小。
こちらは高く上昇しダメージがアップする。
ver1.03、ver2.00からそれぞれ出だし部分に無敵が追加され、やられ判定も縮小されたため割り込みと対空に使いやすくなったが隙は大きいので注意。
EX - 一旦低く上昇してからその場に停滞しつつ切り裂き回転攻撃を行う。無敵時間が長く攻撃判定が広くダメージが高い。
ver1.03から無敵時間増加。
ver3.10から垂直方向に飛び上がるように変更、ダメージ値を「175」→「168」に減少。
飛翔空裂斬・前 - 前方に飛ぶ移動技で壁に差し掛かると爪を突出しきりもみ突進の攻撃を行う。突進中は後述の飛翔空裂斬に派生可能。
ver1.03から方向転換時の全体硬直時間を減少。
こちらは高く上昇し移動距離が長くなる。
ver1.03から方向転換時の全体硬直時間を減少。
EX - 移動スピードが上昇し自動的にきりもみ突進攻撃を行う。突進攻撃時のやられ判定が減りダメージが大幅に上昇する。
ただし刺突分岐が行えなくなり1回目の派生である飛翔空裂斬しか行えない点に注意。
ver1.03から移動速度を上昇、攻撃判定を拡大、やられ判定を縮小。
ver2.00からダメージ減少、ステージ端にいる相手の裏へ周りこめるように。
┗飛翔空裂斬 - 飛翔空裂斬の派生で一旦停止してから同じ突進攻撃を行うがこちらは8方向どちらかへ方向転換を行うことができる。飛翔空裂斬・前が近い間合いでヒットした場合連続ヒットさせることが可能。
ver1.03から方向転換時の全体硬直時間を減少。
 ┗刺突分岐 - 飛翔空裂斬の派生で性能は飛翔空裂斬と同じ。飛翔空裂斬が近い間合いでヒットした場合連続ヒットさせることが可能。
注意点としては派生する際飛翔空裂斬に比べると出るまでにやや隙があるので割り込みに気をつけよう。
ver1.03から刺突分岐後の攻撃判定を拡大、刺突分岐後の移動速度を上昇、真下方向への刺突分岐攻撃時に、投げられ判定が無くなる不具合を修正、下方向派生への刺突分岐攻撃1フレーム目に着地した際に、着地硬直時間が無くなる不具合の修正を、刺突分岐後の攻撃持続時間を延長刺突分岐後の攻撃判定を拡大。
飛翔空裂斬・後 - 後方へ飛ぶ移動技で壁に差し掛かると爪を突出しきりもみ突進攻撃を行う。移動方向以外は基本的に飛翔空裂斬・前と同じ性能。
ver1.03から方向転換時の全体硬直時間を減少。
こちらは高く上昇し移動距離が長くなる。
ver1.03から方向転換時の全体硬直時間を減少。
EX - 移動スピードが上昇し突進攻撃時やられ判定が減りダメージが大幅に上昇する。
ただし刺突分岐が行えなくなり1回目の派生である飛翔空裂斬しか行えない点に注意。
ver1.03から移動速度を上昇、攻撃判定を拡大、やられ判定を縮小。
ver2.00からダメージ減少、ステージ端にいる相手の裏へ周りこめるように。
┗飛翔空裂斬 - 先述の飛翔空裂斬・前の記述参照。
 ┗刺突分岐 - 先述の飛翔空裂斬・前の記述参照。
旋風飛猿刺突 - 爪を突き出し自身がきりもみ回転しながらミサイルのように突進する始動技。
発生が遅く隙は大きいがやられ判定が少なくなり後述の派生技である刺突分岐を行うことで隙を軽減することが可能。
こちらは移動距離が長くなる。距離や状況に応じて弱版と使い分けよう。ガード時の不利硬直が大きくなるのでなるべくめり込みガードにならないようにしよう。
EX - 多段ヒットするときりもみ突進攻撃を行う。非常にダメージが高く突進時のやられ判定が減りガードされても隙が少ないが、派生行動が行えなくなる点に注意。
ver1.03から全体硬直時間を短縮、ヒット時のダメージ補正を変更。
ver2.00から攻撃判定を拡大、弾に対する無敵時間を追加。
┗刺突分岐 - 先述の飛翔空裂斬・前の記述参照。
強襲刺突 - 前方斜め上方向へ高く飛んだあと一旦停止し爪を真下に突きだしてから急降下する攻撃を行う。ヒット時は浮きやられになり画面端などであれば追撃可能、弱版は移動距離が短い。
攻撃判定の出が遅く奇襲として使うには難しいがガード時こちらが有利になる。
ver2.00から攻撃発生速度が上昇。
こちらは移動距離が長くなる。
ver2.00から攻撃発生速度が上昇。
EX - ダメージが上昇しガード時大きく有利が取れる。更にどの間合いからでも相手の位置をサーチし地上ヒット時は地上やられになり発生の早い攻撃で追撃可能になる。
とは言え発生が遅いため奇襲には使いづらい。
ver2.00から発生から上昇し始め部分に無敵時間を追加、攻撃発生速度が上昇、ダメージ上昇。
ver3.00から攻撃発生時間を早く変更。
真!超絶竜巻真空斬 チョイがその場で回転した直後に自身の周囲に巨大な竜巻を巻き起こす攻撃。
発生は遅いが攻撃判定発生直前まで無敵時間があり竜巻部分は飛び道具を相殺できるので一部の特殊追撃判定技(詳細はシステム解説を参照)以外は届かずバリアにもなる。
攻撃中レバーの左右どちらかの方向に移動可能。
終わった後の隙はやや大きい点に注意。
ver1.03から無敵時間を増加、ヒット時の相手の挙動を変更。
MAX 発生の早さは同じだがこちらは攻撃判定が若干増加しダメージが上昇する。
同じく攻撃中レバーの左右どちらかの方向に移動可能だが終わった後の隙もやや大きい点に注意。
ver1.03から無敵時間を増加、やられ判定を縮小。
ver3.00から無敵時間を増加、攻撃発生時間を早く変更。
疾走狂人斬 前進しながら連続切り裂き攻撃を行う。発生はそこそこの早さで連続技に繋げ易い。
最終段部分が大きく飛び出すため隙が大きい点に注意。
ver3.00から無敵時間を増加、ダメージ値を増加。
MAX こちらは発生が若干早くなりヒット数が増えダメージが上昇する。最終段部分の攻撃判定が増加するが飛び出しもさらに大きくなるため隙が大きい点に注意。
ver3.00から無敵時間を増加、最低保障ダメージ値を増加。
CLI 真!超絶旋風飛猿刺突 - - EX旋風飛猿刺突のように前方に突進しヒットすると大ダメージの演出に移行する。
攻撃判定が発生した後でも長い無敵時間が付くので割り込みに使いやすいが、外した場合転びモーションになり起き上がるまでに時間がかかる。
転びながら移動するため相手と離れるものの外した際の隙はかなり大きい点に注意。
ver2.00からダメージを増加。
ver3.00から弾に対する無敵時間を増加。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
近弱P 25 30 4 -2
近弱K 30 30 5 -2
近強P 70 70 9 -6
近強K 80 70 9 -2
遠弱P 25 30 4 -3
遠弱K 30 30 5 -4
遠強P 70 70 11 -2
遠強K 80 70 10 -8
屈弱P 25 30 4 -2
屈弱K 30 30 5 -2
屈強P 70 70 8 -14
屈強K 80 80 8 -7
J弱P 45 30 6
J弱K 45 30 6
J強P 25+23+22 70 7
垂直J強P 70 70 10
J強K 70 70 9
ふっとばし 75 100 15 -1
Jふっとばし 90 80 9

必殺技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
F F