椎拳崇 | SIE KENSOU

中国拳法と超能力を使う青年。師匠である鎮元斎のもと、麻宮アテナとともに厳しい修行を積んでいる。
いつも明るくお調子者な性格で良い兄貴分。
アテナに好意を抱いているが、友達以上恋人未満。
CV:要勇人

シイ・ケンスウ。
作品によって技構成が変わることの多いキャラクターだが、今回は俗に言う「表ケンスウ」をベースとしたスタンダードタイプ。
いわゆる「波動昇龍」とはコマンドが左右逆になっているが、慣れてしまえば特に困ることはないだろう。
飛び道具の超球弾・無敵技の龍顎砕ともに判定が優秀な上にケンスウ自身も機敏に動き回れるため、〝飛ばせて落とす”がしたい人ならもってこいのキャラクター。

ver1.03からは飛び道具の判定がやや縮小されたが、一部打撃攻撃の見直しにより地上戦強化。
ver2.00から体力が標準値の1000、中段攻撃の虎撲手がやや弱体化したが一方で各必殺技の性能が向上。
特にEX龍爪撃ヒット時に必殺技などでキャンセル可能になり強化。



コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合(左向き時は左右反転)
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ 龍炮捶(りゅうほうすい) 近距離で
巴投げ 近距離で
特殊技 虎撲手(こぼくしゅ) 中段攻撃、キャンセル版は上段判定
後旋腿(こうせんたい) ヒット時龍爪撃のみでキャンセル可
必殺技 超球弾 空振りSC、AC可
龍顎砕(りゅうがくさい)
龍連牙・地龍 一段目着地部分のみSC、AC可
龍連牙・天龍 出かかりガードポイント
龍爪撃 空中で ver2.00からEX版はヒット時着地硬直を必殺技などでキャンセル可
穿弓腿(せんきゅうたい) 出かかりガードポイント
超必殺技 神龍・超球弾 空振りAC、CC可
神龍凄煌裂脚(しんりゅうせいおうれっきゃく) 地上部分AC、CC可
CLIMAX超必殺技 絶招 千輪掌破

+連続技

連続技

表記の意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 1 屈弱K屈弱K虎撲手強龍顎砕
2 神龍・超球弾
備考 下段始動
1-1:ダメージ203、ノーゲージ
1-2:ダメージ288、1ゲージ
2 1 近強P後旋腿龍爪撃強龍顎砕
2 神龍・超球弾
備考 画面端限定
2-1:ダメージ272
2-2:ダメージ357、1ゲージ

その他の連続技(自由記述欄)

1
備考

発動コンボ

1 1 近強P虎撲手QM近強PEX穿弓腿 EX龍顎砕
2 弱超球弾MAX神龍凄煌裂脚
備考 1-1:ダメージ340、先鋒1ゲージ
1-2:ダメージ486、先鋒2ゲージ


+基本戦術

基本戦術


  • 遠距離戦

  • 中距離戦

  • 近距離戦

難敵対策



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 〇:各種必殺技、特殊技などでキャンセル可 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P
弱K
強P
強K
屈弱P
屈弱K
屈強P
屈強K
J弱P
J弱K
J強P
J強K
吹っ飛ばし
J吹っ飛ばし
通常投げ

特殊技

Ca 解説
技名


+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
超球弾 気の球体を真横に放つ飛び道具技、発生は遅め。
弱版は弾速が遅めでガード時の不利硬直はわずか程度。
ver1.03から攻撃判定縮小。
発生やガード時の不利硬直は弱版と同じだがこちらは弾速が速くなる。
ver1.03から攻撃判定縮小。
EX - 発生が早くなりダメージが上昇、弾速がとても速くなり攻撃判定も拡大する。
ガード時の不利硬直がやや増える点に注意。
ver1.03から攻撃判定縮小。
龍顎砕 地面を少し転がってから開脚逆立ちし、そのままドリルのように回転しつつ蹴りを放ちながら真上に飛び出す対空技。
弱版は発生が早く少し前進してから真上に飛び出す。
飛び出した直後まで全身無敵あり、開脚部分の攻撃判定は足の部分のみ発生する。
対空に使いやすいが隙が大きい点に注意。
こちらは若干発生が遅くなるが飛び出し中の前進距離が延びヒット数が増えダメージが上昇する。
開脚部分の攻撃判定がケンスウの体中心に発生し地面まで判定がつくが同時に無敵時間が切れるのでほぼコンボ用。
EX - 2回地面を少し転がってから龍顎砕を行う。発生は弱版よりわずかに遅くなるが無敵時間がとても長く攻撃判定が全体的に拡大しヒット数が増えダメージが上昇する。
割り込みと対空に機能するが2回転がる分前進距離が増え空中相手をすっぽ抜ける場合がある点に注意。
龍連牙・地龍 ひじ打ちを出したまま前方にステップし、ヒットまたはガードになると膝蹴りを出したまま前方ステップし続けて回し蹴りの3ヒット技になる。
弱版は発生はやや遅いが興攻撃から繋ぐことが可能、主にコンボに重宝する。
ガード時の不利硬直がやや大きく反撃を受けやすいので注意。
龍連牙・天龍 - こちらは斜め上方向に大きく飛び出しひじ打ち→膝蹴り→回し蹴りを自動で行う。
発生が弱版よりわずかに早く飛び出し直後~わずかに飛び出した部分にガードポイントがあり、ガードポイント消失後に攻撃判定が発生する。
しゃがみには当たらずコンボに使用する際は立ちやられ限定でかつ対空として扱いにくいのが欠点、外した場合隙が大きいので注意。
EX - 龍連牙・天龍のEX版になり発生がわずかに早くなりダメージが上昇する。ひじ打ち攻撃部分のやられ判定が縮小するため比較的対空に使いやすくなる。
外した際の隙はやはり大きいので注意。
龍爪撃 - 空中で一旦停止してからパンチを出したまま斜め下方向へ急降下する。発生は遅いが奇襲や対空ずらしに機能する。
弱版は下方向気味に急降下しヒットすると浮きやられになる、着地硬直がありガード時の不利硬直がある点に注意。
- 発生とダメージは弱版と同じだがこちらは前方気味に急降下する。比較的移動距離が長いのでバックジャンプからの奇襲に使いやすい。
こちらも着地硬直がありガード時の不利硬直がある点に注意。
EX 発生が若干早くなり多段ヒットしダメージが上昇する。急降下軌道は弱版と強版の中間くらいで地上やられになり、多段ヒットするおかげで先端ガードであれば少し離れるため反撃を受けにくくなる。
ver2.00からダメージを増加、ガードクラッシュ値を増加、ヒット時のみ着地硬直を必殺技、EX必殺技でキャンセル可能。
穿弓腿( - 地面に片手をついて体を支えながら真上方向に向かって蹴りを2回放つ打撃攻撃。発生はやや遅めだが弱版は比較的早めで発生直後部分に上半身ガードポイントがあり。
ヒットすると相手を打ち上げ追撃可能だが、攻撃判定の発生が遅いため対空としては使いづらく2段目がしゃがまれると当たらない。
ガード時の不利硬直も大きいので注意。
- 発生が遅くなりガードポイント発生時間がやや遅く、前方の手のあたりしか発生しなくなるが一歩踏み込んでから蹴りを放つようになる。
弱版と同じく2段目がしゃがまれると当たらずガード時の不利硬直も大きい点に注意。
EX - 発生が弱版より若干早くなり踏み込み部分の上半身やられ判定が縮小しダメージが上昇する。ヒットすると大きく打ち上げ追撃が容易になるため発動時のコンボパーツに機能する。
ガードポイントも弱版と同じく上半身全体に付くため割り込みに使いやすくなるがやはり2段目がしゃがまれると当たらずガード時の不利硬直は減るものの早い攻撃の反撃には注意。
ver2.00からやられ判定を縮小、ガードポイントを拡大。
神龍・超球弾 超球弾の上位互換版で判定が大きくダメージが高い。発生は遅めだが弱版は比較的発生が早く弾速が遅め。
こちらは発生が若干遅くなるが弾速が速くなる。
MAX 発生が弱版より若干に早くなり攻撃判定がわずかに拡大しダメージが上昇する。
神龍凄煌裂脚( 龍連牙・地龍→龍顎砕の連続攻撃を行う。発生が早く連続技につなぎやすいが外しても自動的に龍顎砕まで攻撃を行うので外さないように注意。
MAX 龍連牙・天龍→龍顎砕×2を行う。発生がわずかに早くなりダメージが大幅に上昇する。
通常版龍連牙・地龍と違いガードポイントはないがver2.00から1段目攻撃判定発生まで全身無敵が追加。
ver2.00からダメージが増加。
CLI 絶招 千輪掌破 - - 飛び蹴りで突進しヒットすると演出移行し大ダメージを与える。
発生が早く飛び出す直前まで全身無敵が付き飛び出し部分が一部の下段攻撃をかわすことが可能。
外した際の隙が大きい点に注意。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
近弱P 25 30 5 0
近弱K 30 30 6 -1
近強P 70 70 5 1
近強K 80 70 6 -1
遠弱P 25 30 4 1
遠弱K 30 30 6 -3
遠強P 70 70 10 1
遠強K 80 70 9 1
屈弱P 25 30 4 0
屈弱K 30 30 5 -2
屈強P 70 70 6 -1
屈強K 80 70 7 -4
J弱P 45 30 5
J弱K 45 30 7
J強P 70 70 7
J強K 70 70 8
ふっとばし 75 100 13 -3
Jふっとばし 90 80 14

必殺技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
F F