ア行

足元無敵
足元に当たる攻撃に対して無敵状態になる事。

入れ込み
出した技のヒットの有無に関わらず、次の技を入力する事。
ガードされても隙の少ない技、連続ガードになる技を入力するのが主になる。
中段攻撃→超必殺技といった、ヒットすればリターンの大きい連続技に対しても使われる。
決め打ちや、ヒット確信と呼ばれたりもする。
反対語→ヒット確認

ABCD
それぞれ弱P弱K強P強Kの事。
ネオジオのボタンがABCDと表記されていた事の名残。
ちなみにKOF13ClimaxACでもABCDの記載が残っている。
古参のプレイヤーが思わず6Dとか前Dとか言ってしまう場合もあるので、頭の中で変換してあげること。

お願い◯◯
ヒット時のリターン重視で技を出すこと。高威力技や追撃可能性の高い技がよく使われる。
ぶっぱなしと似ているが、とくにリターンの大きい技でこう呼ばれる傾向がある。
類語→ぶっぱなし

起き攻め
ダウンして起き上がるタイミングの相手に対して攻めること。
起き上がろうとする相手は行動が制限されるため攻める側が比較的強いが相手側も無敵技の割り込みなどお互い読み合いが発生する。
類語→詐欺飛び、セットプレイ

カ行


ガードキャンセル
ガード中にパワーゲージを1本消費して出す行動。
ガードキャンセル緊急回避(前転)、ガードキャンセル緊急回避(後転)、ガードキャンセルふっとばし攻撃の3つがある。

ガードキャンセル緊急回避(前転・後転)は動作終了まで完全無敵で、動作中に攻撃を受けることはない。
ガードキャンセルふっとばし攻撃は、無敵のあるふっとばし攻撃を行う。ダメージはあるが極端に低い。この技でK.O.する事も可能。
動作途中で無敵が切れる場合があるので、無敵時間の長い技やコマンド投げなどを出されると潰されてしまうこともある。また、ガードされると隙があり反撃を受ける。
同意語→GC

ガードクラッシュ
体力ゲージの下にある青いバーのガードクラッシュゲージが0になり一定時間行動不能になる事。
行動不能になる時間が長く、弱攻撃など隙の少ない攻撃でガードクラッシュさせると小ジャンプ攻撃から連続技が決まる程。
多少隙のある攻撃でガードクラッシュさせても、強攻撃から連続技を決めることが出来る。
今作ではガードクラッシュが発生するとコールされるように。
同意語→ガークラ

ガードポイント
相手の攻撃判定を受け止めながら、こちらの攻撃を出せる判定。一部の通常技や必殺技に実装されている。
通常のガードと違い、ガードゲージが減少せず、削りダメージも受けない。
また、ガードポイントで相手の技を受け止めてもゲージは増加しない。
同意語→GP、打撃防御

カウンターヒット
相手の特殊技や必殺技、小、中ジャンプ攻撃を潰すと発生する。ヒットさせた技のダメージが上がる。
空中の相手にカウンターヒットさせると短い時間だが追撃可能に。
京の弱七拾五式・改の2段目等、元々追撃可能な技をカウンターヒットさせると追撃可能時間が長くなる。
今作の地上ぶっ飛ばし攻撃、ジャンプふっとばし攻撃をカウンターヒットさせると、相手が地上に落ちるまで追撃可能になる。

確反
相手の攻撃に対し、こちらの反撃が確定する技を指す。「確」定「反」撃の略。
例)相手の攻撃をガード後、◯◯で確反。

下半身無敵
腰より下に当たる攻撃に対して無敵状態になる事。
足元無敵より無敵になる範囲が大きい。

空振りキャンセル
キャンセル可能な通常技を空振りした際に、攻撃判定が出ている間に特殊技や必殺技のコマンドを入力することでフォロースルーモーションをキャンセルする事。
主に通常技が空振りした時の隙を消すために行う。通常のキャンセルよりキャンセルするタイミングが早いので、ほぼ入れ込みになる。
中段判定の特殊技の場合、中段判定でなくなり上段になるものが多い。
例)テリーの屈強Kから空振りキャンセルでライジングアッパーを出すと、屈強Kでジャンプを避けられてもライジングアッパーが対空になる。
同意語→空キャン

完全無敵
打撃技、飛び道具、投げ技全てに対して無敵状態になる事。

逆ガード
攻撃が当たる瞬間、位置が入れ替わりガード方向が逆になる事。海外ではcrossup(クロスアップ)と呼ばれる。
類語→めくり

キャンセル
通常技が相手に当たった瞬間に、特殊技や必殺技のコマンドを入力する事でフォロースルーモーションをキャンセルして技を出せる。
カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」の開発中のバグが元であり面白さに直結したことによってそのまま採用され以後どの格闘ゲームでも採用された経緯がある。

キャンセルが可能な技はキャラ毎に決められており、(EX)超必殺技以上の技でのみキャンセル可能な技もある。
キャンセルを使用することで連続技の幅が大きく広がる。また、隙の少ない技でキャンセルすることで反撃を受けにくくする事も出来る。
同意語→空振りキャンセル

喰らい判定
攻撃がヒットしたさいキャラクターが攻撃を喰らうかどうかの判定。やられ判定とも呼ばれる。
これが設定された範囲に相手の攻撃判定が触れると、攻撃がヒットする。
キャラクターのグラフィックが存在している部分すべてに喰らい判定があるわけではない。逆にグラフィックが存在しない部分に喰らい判定がある場合もある。
技を出すときは、攻撃判定だけではなく喰らい判定も技ごとに設定されている。
相手と技をぶつけあった場合、喰らい判定が小さければ、相手の攻撃判定に触れずにこちらの攻撃判定だけを触れさせることができ、一方的に技をヒットさせられる。これは判定勝ちと呼ばれる。
類語→やられ

小足
屈弱Kの事。起源はストIIで技の強弱が「小中大」になっていたことから。KOFは中が無いが、そのまま小大で使われている。
なお一部の屈弱Kを除いては姿勢が低くなるのを利用して相手のジャンプ攻撃を避けつつ着地に屈弱Kを当てることを小足対空と呼ぶ。
類語→大足

コンボ
連続技の事。
英語ではcomboと書き本来「組み合わせ」という意味を持つ。コンビ(combi)、コンビネーション(combination)も同じ意味を持つ。
同意語→連続技

サ行

詐欺飛び
ダウン中の相手に対してこちらがジャンプをした際、相手の攻撃や対空技を着地と同時にガードするテクニック(相手の対空技がヒットするとみせかけて着地でガードというヒットヒット詐欺)。
よく使われる状況としてダウンしてる状態の相手にジャンプ攻撃でしかけるさいそれに反応して起き上がった相手がリバサ無敵対空などを出した場合にガードをして反撃できる。
特に強制ダウン攻撃から詐欺飛びがしやすく例としては草薙京の琴月陽ヒット後強制ダウンから詐欺飛びなどがしやすい。
一部は少し遅らせるか、なんらかの通常攻撃を出した後で詐欺飛びが成立するものもある。
最大3F必殺技までに対して詐欺飛びガード可能で、相手がなにもしなければジャンプ攻撃がヒットする。投げ技に対しての場合は着地後ジャンプで回避など。
ジャンプ攻撃を出す出さない関係なく着地まで全体フレームは変わらないので詐欺飛びのガードは可能。
類語→起き攻め

上半身無敵
腰より上に当たる攻撃に対して無敵状態になる事。

すかし(スカシ)
ジャンプ攻撃を出さずに着地、またはジャンプ攻撃を相手に当たらないように空振りして、下段攻撃や投げで相手のガードを崩すテクニック。◯◯下段や◯◯投げと呼ばれる。
ジャンプ攻撃を当てないので、相手が反撃してきた場合空中で一方的にやられてしまう。

スタン
攻撃を受けてスタン値が0になるとの特徴のあるやられモーションでダウンし、起き上がり後スタン状態になり一定時間行動不能になる。
スタン状態になるとスタン値がリセットされ、一定時間は攻撃を受けてもスタン値が下がらなくなる。
スタン値は相手の攻撃を一定時間受けなければ回復していく。(相手の攻撃をガードしていても回復する)
スタン値を常に表示するカウントなどはないが、今作ではスタン寸前になるとキャラのアイコンが点滅し、スタンするとコールがかかるようになった。
同意語→気絶、ピヨリ

先行入力
技の硬直中やダウンから起き上がる際に、あらかじめ次の行動を入力しておく事。
先行入力することで硬直がとけた瞬間に最速で行動をおこせる。
起き上がり直後に無敵必殺技を出したり、連続技の繋ぎにと様々な場面で使える。
なお必殺技コマンド入力後ボタン押しっぱなしで、入力の受付時間を伸ばすことが出来る。

全身無敵
全ての打撃技と飛び道具技に対して無敵状態になる事。完全無敵と違い投げ技は食らってしまう。

セットプレイ
用いられるニュアンスにもよるが、主に「準備を要するが非常に強力な連係」や、「画面の位置や起き上がりの行動を考慮せず行える起き攻め」などを指す。
海外ではsetup(セットアップ)と呼ばれ、さらにそこに下段か投げかの揺さぶり択を混ぜたものをmixup(ミックスアップ)と呼ばれることがある。
中でも設置型飛び道具を活用したものや強制ダウン後の起き攻めに対して使われることが多い。
これらが成功時にもう1セット繰り返す(=ループ)ことが出来る場合、一度の攻撃チャンスから畳み掛けることが可能な為、非常に強力なテクニックとして扱われる。
同意語→起き攻め

タ行

大足
屈強Kの事。足払いとも呼ばれる。

特殊追撃判定
このゲームでは通常、吹き飛びやられ(空中やられ)中は食らい判定が消え、攻撃を受けない。
が、一部の技の中には無条件で追撃できるものがあり、これをなんでも判定技と呼ぶ。
代表的な技としてやシルヴィの「MAXマグネルトラクポ」やバイスの「EXディーサイド」など。
しゃがみ強Pなどで対空を取った後の追い撃ちや、コンボの締め、あるいはコンボ途中の拾い直し等が主な使用ポイント。
同意語→どこでも判定、特殊追撃判定

どこでも判定
「特殊追撃判定」項目を参照のこと。呼び名の由来は文字通りどこでも拾えることから。
同意語→なんでも判定、特殊追撃判定

飛び道具無敵
闇払いやベノムストライク等の、飛び道具に対してのみ無敵状態になる事。打撃技は食らってしまう。
ハインのEXナイトの飛び出し部分などが該当する。

ナ行

投げ無敵
投げ技に対して無敵状態になる事。打撃技は食らってしまう。

なんでも判定
「特殊追撃判定」項目を参照のこと。呼び名の由来は文字通りなんでも拾えることから。
同意語→どこでも判定、特殊追撃判定

ハ行

発動
ニューマックスモードを行うことをさす。
クイックニューマックスモードの場合はキャンセル発動など。
由来はKOF97以降の「MAX発動」。

反確
こちらの攻撃に対し、相手の反撃が確定する事。「反」撃「確」定の略。
例)◯◯をガードされると、発生の早い技で反確。
反対語→確反

ヒット確認
技を出してヒットorガードを確認する事。主に弱攻撃2~3回や、通常技キャンセル特殊技など2つ以上の技を出して確認する。
ヒット時は必殺技でキャンセルして連続技へ。ガード時はそこで止めたり、隙の少ない技でキャンセルする。
反対語→入れ込み

フォロースルーモーション
技の攻撃判定が消えてから動けるようになるまでの間の事。
ガードやジャンプ等の行動が一切不可能な状態。
同意語→隙、技の戻り

ぶっぱなし
試合状況やガード(回避)された場合のリスクを無視して必殺技や超必殺技などを出すこと。「ぶっぱ」とも呼ばれる。
無敵技や発生の早い突進技などが使われることが多い。基本的に牽制目的の飛び道具などは該当しない。
ほとんどノーリスクで出せる技やシステムの存在する作品もあるため、プレイヤーの間でも意見が激しく対立している。
本作では基本的にリスクが大きすぎるため、出す方も食らう方も自己責任、という意見が大勢を占める。
類語→お願い◯◯

フレーム
絵の動きを1コマずつに分けたときの1コマ。転じてゲーム内の時間を表す単位。
単位の場合は「〜フレ」と略したり、頭文字を取って「〜F」と書かれることがある。
ほぼ全ての格闘ゲームは1フレームが1/60秒=おおよそ約0.03秒である。
難しいことは省いた説明として攻撃を出す場合数字が少なければ攻撃の出が早く、数字が多ければ攻撃の出が遅いと思えば良い(各キャラの攻撃フレームデータは外部サイト検索)。
このゲームでの弱攻撃は一部のキャラを除いては基本どれも発生が4フレームではあるので体感の速さの基準にするのがおすすめ。
攻撃をガードさせた際+~フレームは相手のガード硬直が長く有利に動け、逆に-~フレームはガード硬直がなく不利(場合によっては反確)を表す。(0フレームはお互い五分状態)
なおこのゲームでは発生3フレームまでの攻撃を詐欺飛び可能。(それより少ない数字フレームは詐欺飛び不可能)
同義語→~F

補正
コンボ補正、ダメージ補正などとも。
ゲームバランスの調整のために、コンボを繋げた時のダメージ量を調整するシステム。
例えば、敵の体力を1000とした時、ダメージ100の技を10回ヒットさせれば相手を倒せるが、
その技をコンボとして10HITさせた時(このゲームの場合)ダメージはおおよそ775になってしまう。
ゲームによって補正のかかり方は様々だが、
KOF14の場合、KOF13と同じように基本的にヒット数が多い程補正がかかってダメージ量が減っていくと考えれば良い。最初の内は特に気にしなくても良い。
詳細が気になった人はシステム解説を参照の事。

マ行

目押し
技の硬直が解けてから、最速で次の技を出して連続技に繋ぐ事。
代表的なものとして、草薙京の屈弱K→近強Pなどがある。
必殺技から通常技が目押しで連続技になるキャラもいる。

めくり
相手を飛び越すようにジャンプ攻撃を出すことで、ガード方向が逆になる現象。
めくりで出す技を◯◯技、◯◯攻撃とも呼ぶ。
類語→逆ガード

ヤ行

やられ
攻撃がヒット際のキャラクターのリアクションのことをここではさす。~やられまたは~喰らいとも言う。
大雑把に立っている状態で攻撃を喰らう「立ちやられ」または「地上やられ」、しゃがんでいる状態で攻撃を喰らう「しゃがみやられ」、空中で攻撃を食らう「空中やられ」など。
特殊なやられとしては「膝崩れやられ」や「壁叩きつけやられ」など様々なものが存在する。
一部の地上攻撃はしゃがんでいる相手にヒットするとしゃがみやられにならず「強制立ちやられ」にするものが存在する。
類語→喰らい判定

ラ行

連係攻撃
通常技から続けて別の通常技を入力する事で、連続技になる攻撃。キャンセルや連打キャンセル、目押しとは異なる。
舞の近立ち弱K→強Kや、アンディの立ち弱K→強Kなどがある。
同意語→チェーンコンボ、コンビネーション

リバサ
リバーサルの略称。起き上がりと同時になんらかの行動を取る事。(例)リバサ無敵技→起き上がりと同時に鬼焼きなどの無敵のある技を出す事。
本作ではリバーサルでバックステップ(通称リバサバクステ)を出すことで、起き上がりと同時に空中判定になり足元への攻撃を回避することができる。
攻撃を重ねられていても空中やられになる為、連続技を受けずに済む。体力に余裕のある時に起き攻めを回避するのに使ったりする。

連続技
攻撃をヒットさせて相手がのけぞり状態の間に、次の攻撃をヒットさせる事。
一度に多くの攻撃をヒットさせる事が出来るので、大きいダメージを取れる。
同意語→コンボ

連打キャンセル
通常技のフォロースルーモーションを、通常技でキャンセルして連続技に繋ぐ事。
多くのキャラの屈弱K→屈弱Kや、屈弱K→立ち弱Kなどが代表的。

ワ行

割り込み
連続ガードになっていない連係に無敵技やコマンド投げで反撃する事。
同意語→割る、割り込む