■日本チーム


草薙 京

遠立ち強Kの対策について
下段攻撃をかわしながらリーチが長い蹴りを放つ攻撃。
こちらが下段攻撃を差し込もうとすると逆に潰されるのでとてもやっかいではあるが
しゃがみ弱Pなど打点高めの攻撃であれば引っかけることが可能で、やられ判定のほうがやや先に前に出るため
遠立ち強Kが来ると読めたら無敵技や打点高めの攻撃で暴れると勝ちやすい。
ただし逆に読まれてこちらの弱攻撃を空振りしたところに差し込まれたり、こちらの攻撃が短く京側の遠立ち強Kにリーチ負けすることのないよう間合いと状況に注意しよう。

荒咬み・毒咬みの対策について
踏み込みボディーブロー攻撃。今作では判定がやや強くけん制として機能しやすい。
コマンド入力が一緒で見た目も似ているが弱と強のボタンでそれぞれ違う技になる。
荒咬みは弱Pボタン対応で「ボディーが甘いぜ」のセリフとともに背中を向けコンパクトに踏み込んだボディーブロー攻撃。
毒咬みは強Pボタン対応で「喰らえ」のセリフとともに体を正面に向け大幅に踏み込んで前進するボディブロー攻撃。
どちらも始動技でその後に技コマンド追加入力で追加・派生技連続攻撃に流れる。
荒咬みのほうは派生ルートが多彩にあり、毒咬みは決まった一本ルートしかない。
なので同じような技に見えて最初は把握しづらいがセリフと踏み込みモーションで区別すると覚えやすい

共通する点としてどちらも出始めに上半身ガードポイントがあり、こちらの攻撃やガードキャンセルぶっ飛ばし攻撃を無効にしながら攻撃できてしまう点があるので
接近での反撃やガードキャンセルぶっ飛ばしを使う時などは相手の出方に注意すること。
ガードポイント以外の点でもけん制技としても今作では強い部類なので引っかからないように京側の攻撃判定把握とともに、こちらのけん制やジャンプ入り込みタイミングも把握しよう。
弱点としては両方の技とも足元のやられ判定がデカくなるため出掛かりが下段攻撃置きに弱いこと,ただし下段攻撃でも打点が高め下段攻撃の場合(テリーや庵などの部のキャラのしゃがみ強Kなど)ガードポイントに引っかかることがあるので自キャラの攻撃選びには気をつけよう。
始動の荒咬みを除いた毒咬み・追加・派生技のどれも最速で出そうがディレイで出そうが関係なく一定の隙があり
実はガード後割り込むことが可能である。ただし反撃の反応が遅れたり、先端ガードの場合は反撃をしないほうが良い場合もある。
始動の荒咬みがこの中で一番隙は少なくはあるがそれはあくまで他の派生技と比較してでのことであり荒咬み自体ガード後の隙は大きいので発生の早い技であれば割り込みが可能である。

EX版に関しては毒咬みがEX技扱いになりこちらは攻撃リーチとガードポイント時間が長くなる。
派生技に関してもEX性能になっていて比較的隙が小さくはなっているがそれでも逆に大きかったり変わってない派生技もあるのでその技を覚えて反撃できればベストであるが
安定した切り抜け方としては派生技をきちんとガードしきることとガードキャンセルぶっ飛ばし攻撃で拒否するのが安定。


弐百拾弐式・琴月 陽について
通常版琴月は突進技で下段攻撃無敵である
発生時にかけ声はあるものの、突進するモーションがダッシュと同じため遠くからだと判別しにくいのでけん制攻撃などを差し込む場合は相手の動きに注意。
EX琴月は移動のない1F発生のコマンド投げに変化する
様々な状況での強力な崩しになるので相手がゲージを持ち発動状態、固め状況になった際は要注意
打撃攻撃をガードキャンセルぶっ飛ばし攻撃で対応して間合いを離し仕切り直しなどを行おう。

密着、画面端に追い込まれた場合について。
こちらが密着や端に追い込まれてしまうと状況的に辛い。とくに持続の長い奈落落としを筆頭にスカシ下段やスカシ投げの崩しが驚異的。
京相手にできるだけなら追い込まれる状況を作らないことが最大の課題である。
無敵技やガードキャンセル緊急回避、ガードキャンセルぶっ飛ばし攻撃をこの際使ってでも端から脱出すること。

ただし京側としてはダウンや受身からの奈落落としや下段攻撃の重ねなどのセットプレイもありうるので、特に荒咬みや投げなどの受身時またはダウン時の動き方に注意して防げるように難しくはあるがトレーニングモードで記録モードを活用し練習しておこう。
ちなみに奈落落としを空中で食らうと強制うつ伏せダウンになり、相手はノーマルジャンプで裏に回る(めくり)ことが可能になるのでうつ伏せダウン時の相手ジャンプには特に警戒すること

二階堂 紅丸

遠立ち強Kの対策について
下段攻撃をかわしながらリーチが長い蹴りを放つ攻撃。
こちらが下段攻撃を差し込もうとすると逆に潰されるのでとてもやっかいではあるが
しゃがみ弱Pなど打点高めの攻撃であれば引っかけることが可能で、やられ判定のほうがやや先に前に出るため
遠立ち強Kが来ると読めたら無敵技や打点高めの攻撃で暴れると勝ちやすい。
ただし逆に読まれてこちらの弱攻撃を空振りしたところに差し込まれたり、こちらの攻撃が短く紅丸側の遠立ち強Kにリーチ負けすることのないよう間合いと状況に注意しよう。

ジャンプ強Kについて
紅丸のジャンプ強Kは横のリーチが長く下方向の攻撃判定も見た目よりあるため入り込みに強い。
ここで注意しなければならないのが小、中、通常ジャンプ版と大ジャンプ版で性能がやや違う点。
大ジャンプ版のみ攻撃判定がやや後ろ側に増えてるためめくりが行いやすくなっている、そのため起き攻めや飛んでくぐりそうな間合いの場合にはガード方向に注意しよう。

弱雷靭拳について
拳から電撃の球体を放ち拳に留める攻撃で飛び道具判定。
攻撃持続時間が長く放たれると近づきにくいのでうかつな間合いでのジャンプはしないこと。
ただし足元部分ががら空きになるので姿勢の低くなる足払いやスライディングであれば弱雷靭拳をかわしながら差し込むことが可能。
なおこちらにパワーゲージがあれば無敵時間のある突進系超必殺技や飛び道具系超必殺技で潰すことが可能になり弱雷靭拳をうかつに撃てなくなるので紅丸側の動きをよく見て揺さぶれるようにしよう。

大門 五郎

ジャンプぶっ飛ばし攻撃について
斜め下方向に判定が厚い上に横方向のリーチもわりとある部類の打撃張り手、発生はやや遅めだがしゃがみ相手にも当たりやすく判定の強さゆえ引っかかりやすい。
前後ジャンプや連続前ジャンプでの使ってくる場合は相手の動きを良く見て無敵技で潰したり、かわしながら上に乗っかれる間合いを把握しよう。
ただし遠立ち強Kなど上方向に強い対空打撃も持っているのでジャンプでかわそうとする際は対空択で潰されないようやはり間合いと状況に注意しよう。

地雷震の対策について
大門が地面に手をたたき付けて下段判定の全体地震攻撃を行う技。実質大門の飛び道具ともいえるが飛び道具消し効果はない。
全体判定のため遠距離で隙の多いけん制や飛び道具を使用する際は警戒すること。
なお地雷震はしゃがんでいれば無効化できる上に、足払いやスライディング、屈んだ状態の攻撃でも無効化できる。
ただししゃがみアッパー系など、しゃがんでいるとはいえやや立ち上がりモーションのある攻撃はしゃがみ扱いにならず食らうことがあるので注意しよう。



■オフィシャル招待チーム


シルヴィ・ポーラ・ポーラ

デンキカイジンの対策について
やや放物線上の電撃を前方に放つ飛び道具攻撃。
けん制と置き攻撃として使用してくることが多くこちらがけん制をしたり電撃部分を避けジャンプで攻撃しようとするとひっかかりやすい。
終わり際を攻撃するさいも対空技であるカイテンコイルで反撃を受けることもあるので使用してくる状況とタイミングを覚えてひっかからないようにしよう。

ククリ

幻影砂塵の対策について
ククリと同じ形をした攻撃判定のある砂の分身を作り出しククリ本体は移動する飛び道具兼移動技。
入力したボタンによってククリの移動位置が決まり、砂分身が崩れた部分が攻撃判定の開始となる。
移動しククリ出現時は無敵時間などはなく無防備のため砂分身の攻撃を食らう前にダメージを与えることは可能だが
タイミングによってはダメージを与えた後こちらの攻撃硬直中に砂分身を食らって逆にコンボをもらうこともあるので砂分身の崩れ方には注意しよう。
ヒット、ガードの場合ククリ側の有利時間が長いため触れると危険だが、ククリ本体の出現位置はある程度気にせずとりあえず緊急回避などで触れないようにするのが良い。
EX幻影砂塵は多数の砂分身が一辺に出現するため挟み撃ち状態にされることもあって危険だが、よく見てガード方向間違えないようにし、パワーゲージがあればガードキャンセル緊急回避を行おう。

ミアン

美宴弓について
ミアンが斜め上方向に飛び各種派生攻撃を行うことが可能な移動技。
逃げ行動にも使え派生の急降下攻撃はしゃがみガード可能ではあるが、位置次第で軌道が掴みづらく、特に真下に急降下攻撃する派生攻撃2は真上に来られるとガード方向もわかりにくくなるため崩し攻撃にもなる。
まず各種美宴弓に関して、地上版で使用した場合空中版美宴弓を行うことが可能なので再度一度斜め上に飛ぶことが可能なことと
空中美宴弓は小、中ジャンプ以外のジャンプからは1回のみ、地上版→再度空中版と小、中ジャンプからの2回以降3連続で空中美宴弓で動き回るということは不可の点で、つまり地上派生版または小、中ジャンプからの場合のみ合計2回美宴弓が可能。
よって美宴弓は最大でもその2回までが限度であり2回美宴弓を行うまたは通常版、大ジャンプからの空中美宴弓を1回使用した場合何もせずそのまま降りるか派生攻撃を行うことかできなくなる。なので2回目の美宴弓と通常ジャンプ、または大ジャンプからの空中美宴弓を1回使用したのを確認したら空中移動方向と派生攻撃の種類に動きに気を付けつつ対空技で迎え撃ったりジャンプ攻撃でかぶさったりくぐって派生急降下攻撃をかわしたりしよう。
ただしEX空中美宴弓はどのジャンプからでも2回可能なのと、派生攻撃がヒット、ガード時は空中美宴弓でキャンセル可能な点に注意。
また美宴弓をある程度使ってから地上攻めやジャンプ攻撃に切り替えてくることもあり、地上美宴弓から即派生急降下攻撃をし当てに来るか起き攻撃着地の場合もあるのでお互いの位置を意識して間合いを離したり深追いせず徐々に近づいたりの判断をできるようにしよう。



■南米チーム


ネルソン

特殊技のコンビネーションについて
ネルソンの特殊技はABCDの4種類存在しDは移動のみでD以外の3種類は打撃攻撃、そして必殺技などでキャンセルは不可。
基本的に始動はAからとなりアルファベット順にB~と順番に行う事しかできずA→Cは不可。
また中段攻撃が特殊技ABC3種類それぞれに存在し、下段攻撃は特殊技BCの2種類のみ存在、Bを使用した後はCまたはDどちらかしか使用できず派生フィニッシュルートとなる。
一見ややっこしいが特殊技を行える順番は決まっており、特殊攻撃の1段目はA、2段目がB、3段目がCと覚えればよい。
その中でBとCは中段と下段両方が存在しCは発生の遅いガードクラッシュ攻撃があるので、注意する揺さぶり部分として2段目のBと3段目のCの攻撃を把握しておけば対応しやすくなる。
なお特殊技Cに存在する「抉じ開ける」というガードクラッシュ効果のある打撃攻撃は直接喰らったほうがネルソン側に隙ができ、反撃可能と変わった部分もあるのでこちらの体力に余裕がある場合使用してくると読めたら喰らうことを覚えておこう。
1段目のAにも中段攻撃が存在するものの発生は遅いので落ち着いて対応しよう。
注意点としてはver2.00から必殺技の「勝つ為の踏み込み」という移動技が通常版は特殊技C、EX版は移動途中を特殊技Cまたは各種必殺技、終わり際は特殊技Aを行えるようになった点。
そして強版は移動中無敵が追加され、各種通常版「勝つ為の踏み込み」は途中をスーパーキャンセル対応技でもあるので一部の特殊技を行えることともに一緒に覚えておこう。

サリナ

特殊技のトリック・Rについて
サリナが前転しながら2段のカカト落としを行う特殊技。ヒットすると発動コンボに持って行きやすい。
ガードされても隙がわずかでよほど判定が広い1Fコマンド投げ以外では反撃が間に合わず下手に手を出すと逆に攻撃をもらう場合がある。
そして屈弱Pや屈弱Kなど低姿勢かつ空振りキャンセル可能な通常攻撃から突然出してきて引っかかることもある。
トリック・Rをガードした場合はお互い読み合い状態にはなるのでガードを続けるか後転かバックステップで距離を取る、またはガードキャンセルぶっ飛ばし攻撃が一応の安全策。
とは言えガードの場合もう一度屈弱P→トリック・R、バックステップの場合出かかりで遠立ち弱Pが引っかかる場合があるが、どちらも距離が開くためサリナ側のリターンは大したことない、なのでよほど一点読みが通る自信がない限りは下手に割り込まないようにしよう。
気を付ける点としてはコンボ始動になる屈弱Kなどの低姿勢かつ早い攻撃でこちらのジャンプ攻撃をかわしやすい性能なのでジャンプ入り込みやけん制間合い時は注意しよう。
なおトリック・Rガード時にキャンセル発動をしてきて屈弱Kの下段攻撃や中段技である「ペダンクルプーニング」の2択で揺さぶる可能性があるためゲージ状況をみてキャンセル発動にも警戒しよう。

バンデラス・ハットリ




■八神チーム


八神 庵


マチュア


バイス




■キムチーム


キム


ガンイル


ルオン




■メキシコチーム


ラモン


アンヘル


キング・オブ・ダイナソー




■異世界チーム


ナコルル


ムイムイ


ラブ・ハート




■悪人チーム


ザナドゥ


チャン・コーハン


チョイ・ボンゲ




■K'チーム


K'


クーラ・ダイアモンド


マキシマ




■怒チーム


ラルフ・ジョーンズ


クラーク・スティル


レオナ・ハイデルン




■サウスタウンチーム


ギース・ハワード


ビリー・カーン


ハイン




■餓狼チーム


テリー・ボガード


アンディ・ボガード


ジョー・東




■女性格闘家チーム


不知火 舞


キング


アリス




■サイコソルジャーチーム


麻宮 アテナ


椎拳崇


鎮元斎




■竜虎チーム


リョウ・サカザキ


ロバート・ガルシア


ユリ・サカザキ




■BOSS


アントノフ




■FINAL BOSS


バース




■DLCキャラクター


■ver2.00


ウィップ


山崎竜二


ヴァネッサ


ロック・ハワード


_______________________

■ver3.00


オズワルド


ハイデルン


ナジュド


ブルー・マリー