ヴァネッサ|VANESSA

表向きは子持ちの家庭的な主婦であるが、実はとある機関に所属するエージェント。
素早い動きで相手を翻弄し戦うボクシングスタイル のインファイター。
エージェントであることを旦那と子供には秘密にしている。
CV:秦 真由美

ver2.00からの参戦でDLCキャラクター。
体力が950と若干少ないにも関わらず技のリーチが極端に短いため相手に接近する事を強要される打撃キャラだが、素早い移動技により攻撃と回避を兼ねた戦法で懐に潜り込むことが可能。
同じボクシングスタイルのネルソンと比べ、こちらはレバーコマンドの必殺技が中心で追撃可能なEX必殺技が多い。
MAX発動を絡めた際の爆発力は凄まじく、1コンボの火力・気絶値ともに申し分なし。

前述した近づくまでの過程の難しさもさることながら操作の忙しさ・コンボの難易度も全キャラクター中トップクラスで、ポテンシャルを引き出すのは相当なやり込みが必要となってくる。
とにかくテクニカルな操作を求めていたり簡単に勝てても物足りなく感じたりするような、俗に言う〝職人”気質に満ちたプレイヤーには是非使ってみて欲しいキャラクターである。

ver3.00から各種攻撃性能が強化し立ち回りやすくなり通常攻撃からの連続技が繋ぎやすくなった。
強パリングパンチャーの追撃可能時間が短くなったもののスタンコンボ運びは相変わらず健在。

+紹介動画

紹介動画



コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ バレットパンチャー 近距離で
クリンチパンチャー 近距離で
特殊技 ワンツーパンチャー 単発版は1段目中段攻撃、キャンセル版は上段判定
単発版は2段目ヒット時追撃判定なし
スライディングパンチャー 下段攻撃
必殺技 マシンガンパンチャー (ボタン連打) 弱強版はボタン連打でダメージ上昇
EX版は打ち上げ+追撃可
ダッシュパンチャー 溜め EX版はヒット、ガード時3連攻撃発生+追撃可能
パリングパンチャー 出かかりガードポイントあり
弱版は打撃部分飛び道具打消し効果あり、強版は打撃部分飛び道具反射効果あり
EX版は中段判定+打撃部分飛び道具打消し効果あり+地面バウンド発生
パンチャービジョン・前方 EX版は派生攻撃もEX性能になる
パンチャーアッパー [パンチャービジョン・前方]中に EX版はヒット、ガード時3連攻撃発生+追撃可能
パンチャーストレート パンチャービジョン・前方]中に EX版は壁叩きつけやられ発生
パンチャーウィービング パンチャービジョン・前方]中に 派生行動可能
パンチャービジョン・後方 EX版は派生攻撃もEX性能になる
パンチャーアッパー [パンチャービジョン・後方]中に EX版はヒット、ガード時3連攻撃発生+追撃可能
パンチャーストレート パンチャービジョン・後方]中に EX版は壁バウンドやられ発生
パンチャーウィービング パンチャービジョン・後方]中に 派生行動可能
パンチャーウィービング EX版は各種パンチャービジョン以外の派生攻撃がEX性能になる
パンチャーウィービング(構え維持) パンチャーウィービング](ボタン長押し)
ダッシュパンチャー [パンチャーウィービング(構え維持)]中に EX版はヒット、ガード時3連攻撃発生+追撃可能
パリングパンチャー パンチャーウィービング(構え維持)]中に 出かかりガードポイントあり
弱版は打撃部分飛び道具打消し効果あり、強版は打撃部分飛び道具反射効果あり
EX版は中段判定+打撃部分飛び道具打消し効果あり+地面バウンド発生
パンチャービジョン・前方 パンチャーウィービング(構え維持)]中に 派生行動可能
パンチャービジョン・後方 パンチャーウィービング(構え維持)]中に 派生行動可能
超必殺技 クレイジーパンチャー
チャンピオンパンチャー 近距離で 中段判定、密着間合いで暗転発生
CLIMAX超必殺技 インフィニティーパンチャー

+連続技

連続技

アイコンの意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 ジャンプ攻撃または弱攻撃ラッシュ(近立ち弱P連打)
備考 基本コンボその1。ラッシュのコンボは間合いが離れるとラッシュにならないので繋げる場合間合いには注意。

2-1 屈弱K屈弱Pスライディングパンチャー
2-2 屈弱K屈弱Pワンツーパンチャーマシンガンパンチャー(ボタン連打)
2-3 屈弱K屈弱Pワンツーパンチャー弱ダッシュパンチャー屈強K
備考 基本コンボその2で下段始動。
2-1はダメージは低いが簡単なコンボ。
2-2はワンツーパンチャーを入力する際弱ダッシュパンチャーが暴発しやすいのでワンツーパンチャーを入力する時は一瞬レバーを離すことを意識すること。
屈弱Kのヒットが遠いと繋がらない場合があるので間合いには気をつけよう。
2-3はダメージは高いが難易度が高め。2-2と同じように入力に気を付けつつワンツーパンチャーを先行入力したらすぐに弱ダッシュパンチャーのタメを開始することで発生可能になる。
2-2と2-3はパワーゲージがあれば各必殺技にSC超必殺技でダメージアップ可能。

3-1 近立ち強P(2)ワンツーパンチャーマシンガンパンチャー(ボタン連打)
3-2 近立ち強P(2)屈弱Pワンツーパンチャー弱ダッシュパンチャー屈強K
備考 基本コンボその3で強攻撃始動。始動が変わるだけでそれ以降は基本コンボ2と同じ。
パワーゲージがあれば各必殺技にSC超必殺技でダメージアップ可能。

4-1 パンチャービジョン~パンチャーアッパー~パンチャーウィービング(構え維持)~弱ダッシュパンチャー屈強K
4-2 (相手画面端で)パンチャービジョン~パンチャーアッパー~パンチャーウィービング(構え維持)~強ダッシュパンチャー強パリングパンチャー屈強K
備考 各種パンチャービジョン派生からパンチャーアッパーヒット時のコンボ。派生を細かく行うため手元が忙しいが派生版パンチャーアッパーからダメージが取れる。
パンチャーウィービングの構え維持は一瞬だけタメれば良いが慌てないで正確に入力を行うこと。なおダッシュパンチャーとは逆のPボタンを押しっぱなしにしてパンチャーウィービングを維持しながらダッシュパンチャーを派生可能。
パワーゲージがあれば必殺技にSC超必殺技でダメージアップ可能。

その他の連続技(自由記述欄)



+基本戦術

基本戦術


難敵対策


雑記



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 〇:各種必殺技、特殊技などでキャンセル可 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P 軽めのボディーブロー。発生が早く見た目より攻撃持続が長い。
ガード時こちらが有利ではあるが密着で無いと近立ち弱Pにならないので間合いには気をつけよう。
ボタン連打でラッシュに。
軽めのジャブで(2連打後)空振りキャンセル可能。近立ち弱Pに比べるとわずかに発生が遅いが速い部類
連打が利きリーチがそこそこ長いので小ジャンプ対空に使いやすい。体の大きいキャラ以外のしゃがみにはヒットしない。
ガード時の不利硬直がわずかにあり。
弱K やや下方向への軽めのジャブ。
近立ち弱Pに比べるとわずかに発生が遅くガード時の有利もわずかに減るが性能としては大きな大差はなくダメージがこちらのほうがわずかに高い。
ただし連打が利かないのでガードされたら必殺技などでキャンセルを。
軽めのフリッカージャブで空振りキャンセル可能。遠立ち弱Pよりわずかに発生が早くなるが連打が利かない。リーチは立ち弱Pと同じくらいで小ジャンプ対空に使えなくも無い。こちらは各種キャンセル可で空振りキャンセルも可。
ガード時の不利硬直が弱攻撃としてはやや大きいので注意。
強P -/○ 2連続ボディーブロー。発生が早くヴァネッサの連続技の主力パーツ。
ただし全体攻撃判定がやや狭いので空中相手に当たらない場合があるので注意。
ガード時の不利硬直がわずかにありだが離れるためッ反撃は受けにくい。
ver3.00から攻撃判定拡大。
-/〇 重めのジャブ→ストレートの2段攻撃。発生は早いが1段目のジャブのリーチが短め、2段目のストレートはリーチが長いもののやや隙が多い。
2段目がキャンセル可能で空振りキャンセルも可。
体の大きいキャラ以外のしゃがみには2段目がヒットしない。
ver3.00から全体硬直が大幅に減少したもののいまだガード時の不利硬直が大きいが離れるため反撃は受けにくくなった。
強K -/○ ボディーブロー→踏み込んだアッパーの2段攻撃。
近立ち強Pに比べると発生はわずかに遅くなるが2段目のアッパーが強制立ち食らい効果があるため安定したコンボが行いやすい。
ver3.00から全体硬直が大幅に減少したもののまだガード時の不利硬直が大きく、離れるとは言え相手の速い攻撃での反撃には注意。
-/- ボディーブロー→大きく踏み込んで横振りパンチ。
発生は遠立ち強Pよりわずかに早くしゃがまれてもヒットさせやすいが2段目の出がやや遅くヒット、ガードさせても発動以外でのキャンセルが不可。
2段目の出は遅いが大きく踏み込むため遠くからでも引っ掛けやすいのでヒットを確認したらキャンセル発動を。
ver2.00まではガード不利硬直がとても大きかったがver3.00から全体硬直が大幅に減少し不利硬直がわずか程度になりけん制に使いやすく強化。
屈弱P ○/連 屈みジャブ。リーチは短いが発生が早く連打と空振りキャンセル可能。
ver3.00から攻撃発生時間を早く、全体硬直時間を短く変更されガード時こちらが有利をとれるようになり強化。
屈弱K 下方向に屈みジャブで下段判定。リーチが短く連打は利かないが空振りキャンセル可能。
発生が早く屈弱P繋げられるので弱攻撃からのコンボパーツとなる。ver3.00から全体硬直時間を短く変更されガード時若干有利に。
屈強P 腕を伸ばしきらない屈みアッパーで空振りキャンセル可能。発生は強攻撃しては早いが全体判定がやや短い。
隙は大きくガード時の不利硬直が大きい点に注意。
ver3.00から攻撃判定を拡大、攻撃持続時間を長く変更され対空に使いやすくなった。
屈強K 足元を狩るような低姿勢のフック。リーチが長くダウンを奪うことができる。
ver3.00から硬直は短くなったものの隙はやや大きめでガード時の不利硬直もやや大きいが発生の早い技でなければ反撃は受けにくい。
ver3.00から攻撃発生時間を早く、全体硬直時間を短く、ヒット、ガード時は必殺技などでキャンセル可能に変更。
J弱P 空中で斜め下にジャブ。リーチは短いが発生が早いので入り込みと空対空に使えなくもない。
ver3.00からやられ判定を縮小。
J弱K 空中で真横気味にジャブ。J弱Pよりはリーチは長く発生がわずかに早いのでこちらのほうが空対空に使いやすい。
ver3.00から攻撃判定を拡大、やられ判定を縮小。
J強P 空中で腕を振り上げて下方向へパンチを振り下ろす。リーチは短いが強攻撃としては発生が早く振り上げた部分と振り下ろす部分それぞれに攻撃判定がある。
早めの空対空や引きつけて入り込み際に機能する。
J強K 斜め下方向にパンチ。出はJ強Pより少し遅くなるがパンチした肘~手に攻撃判定が発生するため入り込みに使いやすい。
吹っ飛ばし ヤクザキック。出は遅いがリーチがかなり長い。やや隙は大きめでガード時の不利硬直は少しあるが離れるため反撃は受けない。
空振りキャンセル可能。
J吹っ飛ばし 斜め下方向にドロップキック。出は遅いが出てしまえば判定が強いのでジャンプ攻めに機能しやすい。
ver3.00から攻撃持続時間を長く変更。
通常投げ P版は連続パンチ→アッパーで吹き飛ばし受け身可能。
K版はボディーに数発パンチをたたき込み反対側に投げ受け身不能。
ver3.00からK版は全体硬直時間を短く変更され起き攻めが行いやすくなった。

特殊技

Ca 解説
ワンツーパンチャー(単発版) 超/超 パンチを振り下ろし→アッパーで吹き飛びやられの2段攻撃。
単発版は出が遅いものの1段目が中段判定で離れにくいため崩しに機能し1段目をキャンセル発動し下段の屈弱Kで揺さぶりに活用できる。ただし2段目ヒット時は追撃判定がなくなるためSCやキャンセル発動しても追撃ができないので注意。
2段目がやや大振りでガード時の不利硬直はややあるが離れるため反撃は受けにくい。
ver3.00から攻撃発生時間を早く、全体硬直時間を短く変更。
ワンツーパンチャー(キャンセル版) 〇/〇 モーションが変わり、ボディーブロー→フックの2段攻撃で1段目が中段判定でなく上段判定になり、2段目が吹き飛びならず地上やられに。
出が早くなりコンボパーツに機能する。
ガード時の不利硬直は少しあるが反撃は受けにくい。
ver3.00から攻撃発生時間を早く、攻撃判定を拡大、全体硬直時間を短く変更。
スライディングパンチャー 地面に体をくっつけて相手めがけて地面を滑り込む、単発版キャンセル版ともに発生が同じ下段判定のヘッドスライディングのようなパンチ攻撃。
出は遅いが弱攻撃から繋げられ、姿勢が低くなり滑ってから立ち上がりきるまでやられ判定が低いため打点の高い攻撃をかわすことが可能。
隙はかなり大きくガード時の不利硬直も大きいので注意。

+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
マシンガンパンチャー ボディーブローを連発しつつゆっくりと前進しアッパーでフィニッシュの打撃攻撃。ボタンを連打するとボディーブローの回数が増えダメージが上昇する。
攻撃判定は短いが発生が早く主にコンボ向きだが離れると当たりづらいのでコンボ時のヒットバックには気を付けよう。
ガード時の不利硬直がややあるが離れるためよほど早い攻撃でなければ反撃を受けにくい。
EX 発生が若干早くなりダメージが上昇しアッパー部分ヒット後は大きく打ち上げ追撃可能になる。ボタンを連打しなくてもダメージは同じ。
ガード時の不利硬直が若干減り反撃をさらに受けにくくなる。
ダッシュパンチャー 姿勢を低くしつつ滑り込むように前進しアッパー攻撃を行う突進技。発生はやや遅めだが弱版は比較的発生が早く、移動距離は前中ジャンプくらい。
移動中は姿勢が低くなるため上半身無敵になり、移動直後~移動終盤直前まで打点の高い攻撃をかわすことが可能でかつヒットが相手を打ち上げ追撃可能。
ガード時の不利硬直はやや大きい点に注意。
こちらは発生が遅くなるが移動距離が延びダメージが上昇する、同じくヒット時追撃可能。
上半身無敵開始がやや遅くなるが移動時間が長い分、全体的な上半身無敵時間も長くなる。
ガード時の不利硬直が減りよほど早い攻撃でなければ反撃を受けにくい。
ver3.00からやられ判定を縮小。
EX - 発生が早くなりアッパーがヒット、ガード時に2回打撃攻撃を追加しダメージが上昇、相手を大きく浮かせ追撃が容易になる。
全体的に上半身無敵時間が短くなるものの、発生直後から上半身無敵が付く。
ガード時の不利硬直がやや大きい点に注意。
パリングパンチャー 構えたあと拳を振り下ろす打撃攻撃。発生はやや遅いが攻撃が発生する前の拳とは逆の手の部分にガードポイントが出現する。
弱版は、振り下ろし攻撃でヒット時強制ダウン。打撃攻撃部分が飛び道具消し効果あり。
ガード時の不利硬直が大きいので注意。
ver3.00から打ち消すことができる弾レベルが変更されノーマル超必殺技レベルを消すことが可能に。
こちらは拳を振り上げる打撃攻撃になりダメージが若干上昇する。ヒット時相手を吹き飛ばし受身可能。
ガードポイント部分は弱版と同じだが攻撃部分に飛び道具反射効果がある。
ガード時の不利硬直が弱版よりわずかに減少するが早い攻撃で反撃される可能性には注意。
ver3.00から追撃可能時間を短く変更。
EX - 攻撃モーションは弱版と同じだが発生はわずかに遅くなるもののダメージが上昇し中段判定になりヒット時地面バウンドやられが発生する。
ガードポイント部分と飛び道具消し効果は同じ。
発動時のコンボパーツに重宝する。ガード時の不利硬直は大きい点に注意。
ver3.00から打ち消すことができる弾レベルが変更されMAX超必殺技レベルを消すことが可能に。
パンチャービジョン・前方 - 姿勢を低くしながら前方へ移動へ移動する、移動中は姿勢が低くなるため打点の高い一部の攻撃をかわすことが可能でヴァネッサの立ち回りに機能しやすいが、足元は無防備なので注意。
弱版は移動距離が短く移動終わり際を後述の技で派生可能。
こちらは移動距離が長くなる以外は弱版と同じ。移動が長い分低い姿勢時間も長くなるが派生ができるまでの間が長くなり、足元の無防備時間がやや増える点に注意。
EX - 発生が早くなり移動し始め部分が全身無敵状態になる。移動距離は弱版と同じくらいで派生攻撃がEX性能になる。
主に発動コンボのパーツに重宝するが注意点は通常版パンチャーウィービングで派生が行えなくなりパンチャーウィービングで派生する際はMAXゲージを消費してEX版のみで派生可能。
┣パンチャーアッパー 弱P パンチャービジョン・前移動後にダッシュパンチャーと同じようなアッパー攻撃を行う。
性質的にはダッシュパンチャーと同じだがこちらは2ヒット打撃になり2ヒット目のアッパーで大きく打ち上げ追撃可能になる。
ヒット、ガード時に各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
ver3.00から2ヒット目の攻撃判定を拡大、やられ判定を縮小に変更。
┣パンチャーストレート 強P パンチャービジョン・前移動後に強制ダウンになる2ヒットストレートパンチを行う。
パンチャーアッパーよりダメージは高いが吹き飛びやられなので追撃は相手画面端付近でSC超必殺技でないと拾えない。
ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
┗パンチャーウィービング - 下記のパンチャーウィービングの記述参照。ただしEXパンチャーウィービングに派生する場合はP同時押しでMAXゲージを使用しなければならない。
パンチャービジョン・後方 - こちらは姿勢を低くしながら後方へ移動する。移動方向以外はパンチャービジョン・前方と同じ性能。
こちらは後方への移動距離が長くなる。移動方向以外はパンチャービジョン・前方と同じ性能。
EX - 発生が早くなり移動し始め部分が全身無敵状態になる。移動方向以外はパンチャービジョン・前方と同じ性能だが派生EXパンチャーストレートが1ヒット+壁バウンドやられ技になる。
┣パンチャーアッパー 弱P パンチャービジョン・後移動後にスライド前進移動しダッシュパンチャーと同じようなアッパー攻撃を行う。
性質的にはダッシュパンチャーと同じだがこちらは2ヒット打撃になり2ヒット目のアッパーで大きく打ち上げ追撃可能になる。
ヒット、ガード時に各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
ver3.00から2ヒット目の攻撃判定を拡大、やられ判定を縮小に変更。
┣パンチャーストレート 強P パンチャービジョン・後移動後にスライド前進移動をし、強制ダウンになる1ヒットストレートパンチを行う。
前述のとおりパンチャーウィービング・前との違いは1ヒット攻撃になる事。
パンチャーアッパーよりダメージは高いが吹き飛びやられなので追撃は相手画面端付近でSC超必殺技でないと拾えない。
ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
┗パンチャーウィービング - 下記のパンチャーウィービングの記述参照。ただしEXパンチャーウィービングに派生する場合はP同時押しでMAXゲージを使用しなければならない。
パンチャーウィービング - 若干姿勢を低くしその場で上半身を左右に振るいわゆるデンプシーロール、途中各種派生攻撃可能。
ボタンを押しっぱなしにすると後述にある構え状態を維持し、各種派生攻撃に移行することが可能。
通常攻撃やパンチャービジョン~派生攻撃等の硬直をキャンセルし相手を揺さぶる戦法に機能する。
派生に移行しない場合終わり際のやられ判定が増加する点に注意。
EX - 発生が早くなり出始め部分が全身無敵~構え維持中のやられ判定が膝あたりまで縮小する。
┗パンチャーウィービング(構え維持) - 前述にあるデンプシーロール状態を維持する。構え中はやられ判定が見た目と同じく低くなり各種派生攻撃に移行することが可能。
なおダッシュパンチャー、パリングパンチャーの弱強を使い分ける場合使いたいボタンとは反対のボタンを押しっぱなしにすることで使用可能(例:弱パリングパンチャーに派生移行したい場合は強Pボタンを押しっぱなし)。
EX版はやられ判定が膝あたりまで縮小する。
 ┣ダッシュパンチャー 前述のダッシュパンチャーの記述を参照。ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
EX版はEXパンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
 ┣パリングパンチャー 前述のパリングパンチャーの記述を参照。ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
EX版はEXパンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
 ┣パンチャービジョン・前方 - 前述のパンチャービジョン・前方の記述を参照。ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
EX版はEXパンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
 ┗パンチャービジョン・後方 - 前述のパンチャービジョン・後方の記述を参照。ヒット、ガード時は各種パンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
EX版はEXパンチャービジョン、パンチャーウィービングに派生可能。
クレイジーパンチャー 突進乱舞技。発生はそこそこ早く連続技に繋ぎやすい。
突進直前部分のやられ判定が低くなるが突進すると頭の部分にやられ判定がつくので打点の高い攻撃をくぐることはできない。
終わり際の硬直時間がやや長い点に注意。
MAX こちらは発生が早くなりヒット数が増えダメージが上昇する。
突進中のやられ判定が低くなるので打点の高い一部の攻撃をくぐることが可能。
終わり際の硬直が通常版よりやや増える点に注意。
ver3.00からヒット中の相手には弾がヒットしないように変更。
チャンピオンパンチャー 密着間合いで発生するパンチを振り下ろす中段打撃ロック技。
密着間合いでないと暗転が発生せずかつ打撃攻撃なので立ちガードが可能という欠点を持つが、中段判定なので下段ガードを潰せて、発生はそこそこの早さで攻撃判定が発生する直前まで無敵時間が付くので割り込みや中段崩しに機能する。
ただし無敵が切れると相打ちになりやすくガード時の不利硬直が長い点に注意。
MAX 発生が早くなり攻撃判定が縦に増加しダメージが上昇する。相変わらず密着間合いでないと暗転が発生しないが割り込み使いやすくなり攻撃判定の増加のおかげで空中相手にひっかけやすくなる。
ガード時の不利硬直は比較的減るものの大きい点に注意。
CLI インフィニティーパンチャー - - パンチを放ちヒットすると大ダメージの演出へ移行する。
発生が早く攻撃判定が出現した直後まで無敵時間がある。
爆風のエフェクトがつくので一見攻撃判定が大きそうだが実際は放ったパンチ部分までしか判定が無く持続も短い。
硬直時間はかなり長いので注意。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Ch Stn G段 全F 発生 無敵 硬直差 Ca 備考
弱P 1
弱K
強P
強K
-
屈弱P
屈弱K
屈強P
屈強K
J弱P -
J弱K -
J強P -
J強K -
吹っ飛ばし
J吹っ飛ばし -
GC吹っ飛ばし -
通常投げ - 0 -
-

必殺技

Hit Dmg Ch Stn G段 全F 発生 無敵 硬直差 Ca 備考
EX
EX
EX
EX
EX
EX
MAX
MAX
CLI