Return

概要

Callコマンドでジャンプしてきてから、このコマンドで元の位置に戻ります
使用できない状況下で使うとエラーになります
Callでラベルを呼び出す場合、開始ラベルからここまでが一区切りとなります

パラメーター

このコマンドではパラメータを使用しません



【例】
Return