ひたちなか海浜鉄道 キハ222


キハ222(羽幌炭礦鉄道キハ22形譲渡車/国鉄キハ22形気動車同型車
) 
茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町206 ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦駅構内(MAP


写真提供 fastech360:撮影 2017/06/17
最新の情報提供 fastech360:情報更新 2017/06/17


 

現在の状況 静態保存。
ホームに留置されているが本線ホームとの間に柵があり、
ある程度の距離までしか近づけない。
管理者 ひたちなか海浜鉄道
協力募集 市民団体「三鉄ものがたり実行委員会」にて車体の清掃等の活動をおこなっており、
公式WebSiteにて三鉄ものがたりファンクラブ「三鉄組」の登録募集を行っている。
危機的状況

野外での留置の為、塗装の剥げが目立つ。
ただ2016/06/17現在、キハ222をご神体として地元商店街に祭ろうという計画があり、
整備される可能性がある。


備考:
1962年に富士重工業(現:SUBARU)にて製造。
羽幌炭礦鉄道の廃線に伴い茨城交通(現:ひたちなか海浜鉄道)に譲渡され、他2両のキハ22形と共に1970年から1971年にかけて入線。
(入線当時の茨城交通は同型車も含め日本全国からキハ20系気動車を集めていた。)
旅客営業車として旋回窓を有する最後の車両であった。
2015年2月22日営業運転終了。

キハ2005(国鉄キハ22系準同型車。留萠鉄道から移籍)と連結状態にて留置されている。