キハ33 1001


キハ33 1001(JR西日本キハ33形気動車) 
 岡山県津山市大谷 津山まなびの鉄道館(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2017/11/26
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2018/02/19


 

現在の状況

静態保存 扇形庫内への立ち入りが出来ないためほぼ正面からのみの見学となるが、イベントで

転車台に乗る時があり、その時は側面も見学できる。

管理者 JR西日本、公益社団法人津山市観光協会
協力募集 月に一度、展示車両のうちの1両を転車台に載せて展示している


備考:余剰となったオハ50形客車を有効活用するべく気動車化したキハ33形のトップナンバー。(種車を引き継ぎトイレ無しで竣工したので、キハ47形の番台区分に倣って1000番台が付与された)1988年後藤車両所で改造され竣工(種車オハ50 5)。改造コストが予想以上に高額だったため2両で増備は中止され、米子運転所でキハ40・47形に交じり使用。「ゲゲゲの鬼太郎」塗装を纏い境線などで使用されていたが、2004年鳥取鉄道部に移動し首都圏色(朱色5号)に。2010年に廃車。

 

 

添付ファイル