東武鉄道伊香保軌道線 デハ27


27 (東武伊香保軌道線電車) 
 群馬県渋川市伊香保町伊香保553-7(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2018/07/24
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2018/08/23


 

現在の状況

静態保存 車内公開は毎月第1・第3日曜日の9時30分~15時30分

管理者 渋川市
協力募集 なし


備考:1890年に馬車鉄道(上毛馬車鉄道)として開業した前橋馬車鉄道(前橋駅前~渋川新町)が1910年に前橋電気軌道として電化する際に準備された車両。1912年に利根発電に買収され高崎水力電気高崎線経由で伊香保乗り入れを開始し、1921年には高崎水力電気・利根発電共に東京電燈に買収される。その際に27に改番され、前橋線で運用。1927年東武鉄道に買収されデハ27に。前橋線廃止(1954年)後も継続使用され、1956年の廃線(伊香保線)まで在籍。廃車後車体が渋川市の平形歯科医院で保存。2013年、渋川市による伊香保温泉再生事業の一環として伊香保軌道跡に峠の公園が整備されることになり、デハ27の車体は渋川市に寄贈、下回りは同型の台車(ブリル21E)の寄贈(豊橋鉄道301号が使用していた)を受け整備。

 

 

添付ファイル