キャリアモード攻略

キャリアモードはある時、ある場所での一つの戦闘を舞台にして
敵戦力に対する局地的勝利を目指します。


モスクワの戦い

難易度:★★☆☆☆
6月22日、ドイツは突如として不可侵条約を無視しソヴィエト・ロシアへ侵攻を開始。
電撃的な速さで迫るドイツ軍に対し、ソ連は各地で敗北を重ねる。
連戦連勝を重ねるドイツ軍は、既にモスクワのすぐそこまで迫って居た。

ノルマンディー上陸作戦

難易度:★★★★★
モスクワの戦いにおいてドイツは敗北した。
これによってロシアと果てなき消耗戦を行う事になったNSドイツは、
多くの戦力を東部戦線に向けざるを得なくなった。
この状況を好機と見た連合軍はソ連を支援する形で新たに戦線を開く事に決定。
連合国の総力を結集し、パリ奪還へ向けての作戦計画を構想した。
一方NSドイツも連合国のフランス侵攻の動きを察知、
ロンメル陸軍元帥をアフリカ戦線より呼び戻し、その防衛の任に当たらせた。

そして作戦決行の日。
圧倒的な戦力でノルマンディーへ上陸する連合国に対し、
連合軍の展開した欺瞞作戦によって多くの兵を分散させたNSドイツは、
防衛戦力も殆ど無いまま、絶望的な防衛戦を開始する。

斯くして史上最大の作戦と呼ばれる上陸作戦が始まった。

殺戮の丘

難易度:★★★☆☆
圧倒的戦力差で押され続けるフィンランド軍は、既に後が無い状態までに追い込まれていた。
最終防衛ラインであるコッラ川を失えば、後は首都だけとなる。
不退転の決意を固めたフィンランド軍は決死の防衛戦を展開する。
絶望的な状況の中、彼らは伝説を生みだす。

新時代の砲火

難易度:★★☆☆☆
全ての状況がNSドイツを不利へ導いていた。
フランスの鉄血の抵抗。
アメリカの湯水の如く湧いてくる兵士達。
そして、イギリスの鋼鉄の騎兵達。
突如として現れたその鉄騎兵達は、まさに悪夢だった。
銃火を気にせず、塹壕すらも無視して、
精神の結束など無意味な様に、新時代の兵器達は前進した。
NSドイツの抵抗は熾烈を極めた。
そして、彼らの対抗する武器も、やはり新時代の兵器だった。

真珠湾攻撃

難易度:★★★★☆
大日本帝国は自らを示す為に必死だった
その為に近代化を行い、時代に則り植民地戦争にも参加した
しかし、西方は納得しなかった
幾度の交渉、幾度の懐柔を持ってしても彼らは納得しなかった
それが人種差別か、彼らが小国なのかは分からない
しかし、一つの結果として
彼ら西方の人間達は、一つの過ちを犯してしまった
そしてその過ちは、大きな代償で償う事となる
『ニイタカヤマノボレ』
その日、東方に旭日が昇った

チャナッカレの戦い

難易度:★★★★☆
思わぬ枢軸の拡大に危機を覚えた連合国は
まずは弱い所から崩して行く事に決定、その矛先をオスマン帝国へ向ける
最短で首都であるイスタンブルを攻略する為に
その入り口に当たる、ガリポリ半島に軍を集結
短期決戦を目指す連合国の、半島攻略戦が始まった
連合国は侮っていた
欧州の病人と呼ばれ、衰退していたオスマン帝国を
彼らは帝国をすぐに崩れる砂上の楼閣だと侮っていた
かつて欧州を恐怖に突き落とした、かの巨人の存在も忘れて

クルスク騎兵戦

難易度:★★★★★
赤軍の抵抗は熾烈を極め、ついにNSドイツの進軍は停止した。
平原で、街道で、雪原で、屍の城壁を築きあげ、
彼らはついにモスクワを守り切った。
後手に回ったNSドイツは、戦闘の主導権を握る為、
突出部となっていたクルクスに攻撃を仕掛ける。
しかし、彼らの無敗神話は、最早遠い過去の物となっていた。

ガルファーニャの戦い

難易度:★★★☆☆
ファシスト四天王はもういない。
かつてのイタリアも存在しない。
首都であるローマも失陥した。
4つの防衛線は3つ失い。既に最後の砦には敵が迫って居る。
最早我々は退路は無く、死ぬの待つばかりか。

否!我々は、イタリアは未だ死なず、此処より敵を撃滅し、世界に正義が灯るのだ。
イタリアよ、私が諸君らを導こう! 武器を取れ、敵対者を撃ち滅ぼせ!

我はドゥーチェ、汝らの指導者である。

ヴェルダンの戦い

難易度:★★★★☆
ドイツ軍の攻撃は苛烈であった。
誇り高き騎士は、英雄たる騎兵は、かの伝説の大陸軍は銃の嵐の前に薙ぎ払われた。
砲の嵐の前に陣地は破壊され、要塞は粉砕された。
フランスは第1、第2、第3第4と全ての陣地を失い、
彼らは遥か後方へと追いやられてしまっていた。
ああジョフル将軍、貴殿の憂慮は正しかった。
我々の浅慮は、ヴォー要塞も、ル・モルトンム丘も、
遥か後ろにあったドゥオモン要塞すらも奪われてしまった。
さて、諸君。ここまでだ。
諸君達は忘れたのか?かの伝説を、我らが大陸軍を!
そうだ!我々の反撃はここより始まる!かの伝説は、再びここから始まるのだ!
諸君、私は今一度、君達にこの言葉を贈ろう。
Elan Vital!

西部戦線異常無し

難易度:★★★☆☆
戦争は変わった。
それは、それ以前の人間が想像もしなかった形に。
航空機、砲、機関銃の進化は、華々しい戦争を地獄に変えた。
爆弾が全てを吹き飛ばし、銃弾が全てを薙ぎ払う。
数は力と言えなくなり、勝利は勝利と言えなくなった。
互いに打開策は無く、ただ徒に人的消耗を繰り返す日々。
……こんな地獄など、一体誰が望んだのでしょうか?

バトル・オブ・ブリテン

難易度:★★★★☆
NSドイツの新戦術の前にフランスは降伏。
欧州大陸にて共に戦っていたイギリス軍も壊滅した。
大陸を征服したNSドイツは、その銃口を最後の連合国。
すなわちイギリスへと狙いを定め、本土侵攻の準備を始める。
彼らはまず上陸には制空権が必要と、大規模な航空作戦を計画した。
一方のイギリスは壊滅によってあらゆる物資、人材が欠乏しながらも、
絶対に祖国を守らんと、軍民一致で防衛準備を始める。
英国の命運をかけた戦いが、今始まる。

バルジの戦い

難易度:★★★★★
NSドイツは窮地に立たされていた。
アメリカの参戦、ノルマンディー上陸作戦、パリの失陥。
スターリングラード、クルクスの敗北、バラグチオン作戦。
東で、西で、彼らは致命的な失敗を繰り返した。
既に人的にも経済的にも疲弊しきった現在では、
最早これ以上の戦争行動は不可能である事を、彼らは良く知っていた。
ドイツ軍西方総軍司令官ルーデンドルフは、
マーケットガーデン作戦の失敗と、バラグチオン作戦の息切れによって両戦線が停滞した今。
迅速な攻勢による、決定的な勝利によって、連合国に致命的な打撃を与える事を計画した。

日はまた昇る

難易度:★★★★★
大日本帝國は世界の敵となった。
最早勝利の可能性は無く、為すべき正義は潰え、掲げた大義は欺瞞となった。
かつて夢見た理想は全てが遠い過去。
世界は彼らに正義の刃を突き立て、世界が望むハッピーエンドで物語は終わる。
結末がどうであろうと、悪となった彼らは何の救いも得られる事は無いでしょう。
……しかし、それでも進む勇気があるならば。
その胸に秘めた正義が決して揺らがぬと言うのならば……

戦いなさい。
物語の最後の時まで。全ての運命の終わりまで。
例え、その結末が望まぬ物だとしても、振り返らずに未来へ歩むのです。
日はまた昇る。祖国と銃と、掲げた旭日がある限り。
大日本帝國万歳。

最終決戦

難易度:★★★★★
枢軸国が敗北し、幾数年……
世界大戦と言う未曽有の大災害が終わり、世界は平和になると思われた。
しかし、人類は何も学んでは居なかった……

これは、全ての戦争を終わらせるための戦争である。


名前:
コメント: