設問205:織物職人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:ミミ猫
PC名:つるばみ(予定)
所属藩国:満天星国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@turubami_matuha

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 織物職人 RD:11 評価値:5
    • 部品: 概要
    • 大部品: 知識と技術 RD:5 評価値:3
      • 部品: 繊維の知識
      • 部品: 織の構造と効果の理解
      • 部品: 設計図を描く技術
      • 部品: 機織機の構造の知識
      • 部品: 機織機の操作技術
    • 大部品: デザイン能力 RD:2 評価値:1
      • 部品: 鋭い色彩感覚
      • 部品: 文様のデザイン
    • 大部品: 職人の資質 RD:3 評価値:2
      • 部品: 徒弟制度
      • 部品: 職人気質
      • 部品: 物を大切にする心



部品定義


部品: 概要

様々な繊維を使って、布を織り上げる。衣服かインテリのファブリックやテキスタイルかなど、布の用途にしたがって繊維を変えたり織り方を変えたりして、日常生活で有用に使えるものを製作する。注文を受ける場合もあるし、企画デザインから開発する場合もある。

部品: 繊維の知識

素材となる繊維の種類によって、布の耐久性やデザイン性が異なるため、繊維の特徴に知悉している必要がある。布の用途に合わせた繊維の選択には、多くの繊維を扱う経験を要する。

部品: 織の構造と効果の理解

経糸と緯糸の様々な織り方や色の組み合わせにより、布の地模様や光沢の出方に違いがある。それらの織り方の構造の知識を持ち、布の用途やデザインにふさわしい効果を使い分けることが求められる。

部品: 設計図を描く技術

経糸と緯糸による織の構造を理解したうえで、デザインに合わせて経糸と緯糸の組み合わせを設計図におこす技術が必要となる。その設計図をもとに緯糸の通し方を決めて織の作業に入ることができる

部品: 機織機の構造の知識

経糸を整経して張り、それに緯糸を通していく。そういった機織機の基本構造を理解し、簡便なものから大きなサイズの布を織れる大型のものまで、コントロールできるような知識が必要となる。

部品: 機織機の操作技術

手織りの機械は特に、操作時の力の入れ具合や細やかな作業に神経を使う。布として均一に織り上げ、ほつれや傷がないようにするには辛抱強い根気と、長い期間の修行を要する。

部品: 鋭い色彩感覚

色相、明度、彩度という色彩の基礎知識を身に着け、配色の組み合わせの研究や新しい組み合わせへのチャレンジ精神が必要とされる。色彩のセンスを磨く努力が必要となる。

部品: 文様のデザイン

デザインの一環としてどのような文様を出すか、文様の知識とセンスが問われる。文様は伝統文化で培われた意味を表していることもあり、民族によって独特の意味を持つものがあるため、そういった情報収集も欠かせない。

部品: 徒弟制度

職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。

部品: 職人気質

自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。その実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。

部品: 物を大切にする心

自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。 その経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。



提出書式


 大部品: 織物職人 RD:11 評価値:5
 -部品: 概要
 -大部品: 知識と技術 RD:5 評価値:3
 --部品: 繊維の知識
 --部品: 織の構造と効果の理解
 --部品: 設計図を描く技術
 --部品: 機織機の構造の知識
 --部品: 機織機の操作技術
 -大部品: デザイン能力 RD:2 評価値:1
 --部品: 鋭い色彩感覚
 --部品: 文様のデザイン
 -大部品: 職人の資質 RD:3 評価値:2
 --部品: 徒弟制度
 --部品: 職人気質
 --部品: 物を大切にする心
 
 
 部品: 概要
 様々な繊維を使って、布を織り上げる。衣服かインテリのファブリックやテキスタイルかなど、布の用途にしたがって繊維を変えたり織り方を変えたりして、日常生活で有用に使えるものを製作する。注文を受ける場合もあるし、企画デザインから開発する場合もある。
 
 部品: 繊維の知識
 素材となる繊維の種類によって、布の耐久性やデザイン性が異なるため、繊維の特徴に知悉している必要がある。布の用途に合わせた繊維の選択には、多くの繊維を扱う経験を要する。
 
 部品: 織の構造と効果の理解
 経糸と緯糸の様々な織り方や色の組み合わせにより、布の地模様や光沢の出方に違いがある。それらの織り方の構造の知識を持ち、布の用途やデザインにふさわしい効果を使い分けることが求められる。
 
 部品: 設計図を描く技術
 経糸と緯糸による織の構造を理解したうえで、デザインに合わせて経糸と緯糸の組み合わせを設計図におこす技術が必要となる。その設計図をもとに緯糸の通し方を決めて織の作業に入ることができる
 
 部品: 機織機の構造の知識
 経糸を整経して張り、それに緯糸を通していく。そういった機織機の基本構造を理解し、簡便なものから大きなサイズの布を織れる大型のものまで、コントロールできるような知識が必要となる。
 
 部品: 機織機の操作技術
 手織りの機械は特に、操作時の力の入れ具合や細やかな作業に神経を使う。布として均一に織り上げ、ほつれや傷がないようにするには辛抱強い根気と、長い期間の修行を要する。
 
 部品: 鋭い色彩感覚
 色相、明度、彩度という色彩の基礎知識を身に着け、配色の組み合わせの研究や新しい組み合わせへのチャレンジ精神が必要とされる。色彩のセンスを磨く努力が必要となる。
 
 部品: 文様のデザイン
 デザインの一環としてどのような文様を出すか、文様の知識とセンスが問われる。文様は伝統文化で培われた意味を表していることもあり、民族によって独特の意味を持つものがあるため、そういった情報収集も欠かせない。
 
 部品: 徒弟制度
 職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。
 
 部品: 職人気質
 自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。その実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。
 
 部品: 物を大切にする心
 自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。 その経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "織物職人",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "様々な繊維を使って、布を織り上げる。衣服かインテリのファブリックやテキスタイルかなど、布の用途にしたがって繊維を変えたり織り方を変えたりして、日常生活で有用に使えるものを製作する。注文を受ける場合もあるし、企画デザインから開発する場合もある。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "知識と技術",
         "children": [
           {
             "title": "繊維の知識",
             "description": "素材となる繊維の種類によって、布の耐久性やデザイン性が異なるため、繊維の特徴に知悉している必要がある。布の用途に合わせた繊維の選択には、多くの繊維を扱う経験を要する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "織の構造と効果の理解",
             "description": "経糸と緯糸の様々な織り方や色の組み合わせにより、布の地模様や光沢の出方に違いがある。それらの織り方の構造の知識を持ち、布の用途やデザインにふさわしい効果を使い分けることが求められる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "設計図を描く技術",
             "description": "経糸と緯糸による織の構造を理解したうえで、デザインに合わせて経糸と緯糸の組み合わせを設計図におこす技術が必要となる。その設計図をもとに緯糸の通し方を決めて織の作業に入ることができる",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "機織機の構造の知識",
             "description": "経糸を整経して張り、それに緯糸を通していく。そういった機織機の基本構造を理解し、簡便なものから大きなサイズの布を織れる大型のものまで、コントロールできるような知識が必要となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "機織機の操作技術",
             "description": "手織りの機械は特に、操作時の力の入れ具合や細やかな作業に神経を使う。布として均一に織り上げ、ほつれや傷がないようにするには辛抱強い根気と、長い期間の修行を要する。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "デザイン能力",
         "children": [
           {
             "title": "鋭い色彩感覚",
             "description": "色相、明度、彩度という色彩の基礎知識を身に着け、配色の組み合わせの研究や新しい組み合わせへのチャレンジ精神が必要とされる。色彩のセンスを磨く努力が必要となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "文様のデザイン",
             "description": "デザインの一環としてどのような文様を出すか、文様の知識とセンスが問われる。文様は伝統文化で培われた意味を表していることもあり、民族によって独特の意味を持つものがあるため、そういった情報収集も欠かせない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "職人の資質",
         "children": [
           {
             "title": "徒弟制度",
             "description": "職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職人気質",
             "description": "自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。その実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "物を大切にする心",
             "description": "自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。 その経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]