国際安全情報

イクファターナ

+...

シンガ

+...

タヴェリア

+...

ハダカンボ王国

【危険度】
  • ザルバチ海岸共和国国境地帯:レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
  • 国境地帯に「レベル4:退避勧告」を発出しています。武力衝突、誘拐等の危険性もあり極めて危険です。ザルバチ国境地帯への渡航は,どのような目的であれ止めてください。また既に滞在されている方は直ちに退避してください。
  • マッパダカ族自治区:「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」(継続)
  • フーエラ藩:「レベル1:十分注意してください。」(継続)
  • 退避地帯から10km地域:「レベル1:十分注意してください」(継続)

  • 概況
(1)ザルバチ海岸共和国とハダカンボ王国は第3次ザルバチ・ハダカンボ戦争以来対立状態にあり、現在に至るまで国交正常化に至っていません。戦争終結以後大規模な武力衝突は起こっていませんが、現在もザルバチにおける密猟者による違法な奴隷狩り等が横行しており、観光客が誤ってこの地域に迷い込みハダカンボ人と間違われ射殺されるというケースが散見されます。ザルバチ国境地帯への渡航はどのような目的であれ止めてください。また、既に滞在されている方は、直ちに安全な地域へ退避してください。
(2)マッパダカ族は建国以来スッパダカ王家に服属しておらず、同盟関係という立ち位置を貫いています。万が一当該地域でトラブルに巻き込まれても王国政府の支援は期待できませんので不要不急の渡航は控えてください。
(3)フーエラ藩は王位継承戦争で王家に敵対した経緯もあり、王家が積極的に受け入れている外国人への感情はあまり良くありません。現在に至って重大な事件は起こっていませんが、現地の慣習をよく理解し、現地人の感情を逆なでするような言動は謹んでください。
(4)国境危険地帯から10km地域は自然保護区に指定されていますが、この地域はホモ・タヴェリア・パパス等人間を捕食する野人種が生息しており大変危険です。これらの地域に立ち入る際は、現地のハンターやモフモフ族の警護を必ず同伴させて深入りしないように注意してください。



グリット

+...

グラニツァ

+...

カナロア

+...
添付ファイル