わかりやすい目次

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Hiroは、ベテラン社員だが次の異動で海外赴任を命じられる。後任者のための引継ぎ資料を整理していたところ、決算システムの開発時のいきさつについて記載された議事録や、設計書が膨大にあることに気が付いた。

後任者が、使いやすい資料にするにはどうするべきか?

引き継ぎ資料について、量を減らそうとしたがどれも重要に思えて、削除するべき場所が見つからなかった。
引き継ぎ期間は、そんなに残されておらず、すべての資料について、丁寧に説明するまとまった時間を取ることはできない。
資料は何千ページにもわたり、後任者が内容について、すべてを把握することは難しい。
引き継ぎから半年後、決算システムの改修が控えており、Keiは設計書などを参照することが予測される。

そこで、どこに何が書かれているのか分かるように目次を作成した。

Hiroは資料について主な内容は説明したが、詳細についての説明を省き、資料と目次をKeiに引き継ぎ、海外へ赴任した。
半年後、法令改正に伴う決算システムのTaxクラスの数式変更が行われたが、その際、Hiroの作成した目次のおかげで、資料を探す時間が省くことができ、スムーズに回収業務を行うことができた。

このパターンを使用することで、後任者は周辺の発掘を行いやすくなります。引き継ぎ資料へのレビューを行う際も、このパターンが実施されていると、レビューがしやすくなる。またプロの作家への依頼によって、このパターンが自動的に実施されることもある。
添付ファイル