旧メンバーでの同窓会

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Hiroは長年決算システムの担当をしていたが、海外赴任を命じられた。引き継ぎも無事に完了した。しかし、引き継ぎに漏れがある可能性もあるため、YoshiakiとJoeは心配していた。

引き継ぎ後も、前任者に決算システムについて気軽に質問できる環境を構築するには、どうするべきか?

Hiroは海外赴任を命じられが、正月やお盆などは日本に帰ってくる予定だ。
本来であれば、KeiがしっかりとHiroの分も引き継ぐべきだが、能力的に、完璧に引き継ぐことができなかった。
どうしてもHiroだけしかわからない知識は存在する。
Hiroは、飲み会などの集まりなどには積極的だ。

第三者は適宜飲み会を開催し、前任者とのつながりを保つようにしよう

YoshiakiとJoeは、Hiroが返ってくるタイミングで飲み会を開催し、関係を続けてた。
その結果、YoshiakiとJoeは気軽にHiroに決算システムについて質問ができる関係ができた。

このパターンによって引き継ぎの延長戦を促すことも可能だ。発展途上の後任者の後見人も合わせて行われていれば、同窓会で得た情報を、後任者のフォローに役立てることができる。また、知識の目撃者も増える。
添付ファイル